Universal Internet of Things (IoT) Platform

モノのインターネットの迅速化、簡素化、接続をサポートします。

IoTソリューションでさらなる価値を提供

HPE Universal IoT Platformは、業界、業種、クライアントに依存しない、最高レベルの拡張性、モジュール化、および汎用性を備えたソリューションを提供します。これによりお客様は、IoTソリューションを管理するとともに、接続されたデバイスから生成された大量のデータを収益化し、企業独自のアプリケーションで使用できるようにすることで、さらなる価値を提供することが可能になります。また、特定業種内のユースケースだけでなく、さまざまな業種にまたがるユースケースにより、新たなビジネスモデルや収益源を創出できます。

スマートエコシステムの中立的サポート

ユビキタス接続だけでなく、HPE Universal IoT PlatformはすべてのHPE IoTソリューションに利用されており、デバイスとサービスの管理、データの取得、アプリケーションへの表示などの連携を実現しています。このプラットフォームは、スマートエコシステムの中立的なサポートを提供しており、オンプレミスだけでなく、あらゆるクラウド環境に展開して、包括的なAs-a-Serviceモデルを構築できます。

CSPおよび企業のお客様が得られるメリット

HPE Universal IoT Platformにより、通信サービスプロバイダー (CSP) および企業のお客様は、新しいIoTユースケースのオンボーディングや、優れた成果の迅速な実現が容易になります。

HPE Universal IoT Platformの主な属性

HPE Universal IoT Platformには、1つの標準アラインメント、デバイスおよびベンダー非依存性、基盤となるネットワークの抽象化などの特徴があります。プラットフォームには、最終開発者の操作性を高める主なIoTの属性が組み込まれており、インフラストラクチャコストの削減と、実績のある低いTCOおよび高い拡張性を実現できます。

プラットフォームアーキテクチャー

HPE Universal IoT Platformでは、独自のシングルベンダーと一元的な対応窓口により、異種混在のIoTデバイスを管理および接続するとともに、さまざまな国のマシンツーマシン (M2M) デバイス上で各業界のアプリケーションを運用します。

データ分析

データの収集、検証、分析による強化、他のソースとの統合、アプリケーションへの公開を重点的に行うことで、お客様がこれらのサービスからビジネス価値を創出できるようにします。

安全な収益化

HPEは、事前定義済みのoneM2Mのユースケースを使用してIoT市場におけるデータ収益化の取り組みを促進し、迅速なイテレーションと、データの収集および分析に役立つデータ中心のアプリケーションイネーブルメントプラットフォームを実現します。

同時管理

HPE Universal IoT Platformは、異種混在のIoTゲートウェイ、デバイス、およびセンサーの同時管理をサポートします。このプラットフォームは、センサーやデバイスに依存せず、数百万台ものデバイスを管理できる拡張性を備えています。

アプリケーションデザイナーおよびマーケットプレイス

組み込みのアプリケーションデザイナーにより、WebやモバイルチャネルでのIoTアプリケーションの迅速な開発が可能になり、新たなサービスソリューションを開発できます。このアプリケーションデザイナーには、APIの収益化やポリシーの適用などの機能に加えて、パートナー指向レイヤーが含まれており、パートナーと開発者を安全に管理できます。

業界横断型の運用

oneM2Mに準拠したHPE Universal IoT Platformでは、異なる業界から安全にアプリケーションを運用するとともに、特定の権限を有するお客様ごとにサーバーIoTのユースケースを展開することが可能です。

IoTで業界を変革

カスタマー・エクスペリエンスの向上

IoTが拡大する中、HPEはその成長を支えるIoTインフラストラクチャの構築に大きく貢献しています。HPE Universal IoT Platformは、数十億ものトランザクションに対応する拡張性を備えており、極めて厳格な大規模グローバル環境で試行およびテストされています。

コネクテッドカー

HPE Universal IoT Platformをコネクテッドカー市場で展開することで、従来のテレマティクスやインフォテインメントを超える付加価値サービスを提供できます。他の車両やインフラストラクチャから収集された情報を使用して、特定の車両または他の道路利用者にリアルタイムのコンテキスト情報を提供することで、インテリジェントなドライビングエクスペリエンスを強化できます。

スマートシティ

今日の都市は、労働者人口の増加に対応する一方で、交通機関の利便性、許容限度内の通勤時間、また美観も確保する必要があります。HPE Universal IoT Platformの導入により、都市の効率、アジリティ、および耐障害性が高められ、クオリティ・オブ・ライフの向上、経済成長の促進、持続可能なコミュニティの構築が可能になります。

スマート街路灯

電力コストが上昇し、環境上および法規制上の圧力が高まる中で、政府機関の多くは、街路灯の運用やインフラストラクチャの改善を検討しています。HPE Universal IoT Platformなら、こうしたアプリケーションを管理し、電力だけでなくコストも削減することが可能です。

スマートメーター

スマートメーターにより、電力や公共料金の市場が変わりつつあります。法規制要件に従って、数百万台に上る住宅用電気、ガス、水道、暖房などのメーターが「スマート」化されています。HPE Universal IoT Platformは、計測データの連絡や収集に必要な拡張性を備えています。

省電力ワイドエリアネットワーク

健康状態の監視から、公共料金のスマートメーター、物流の統合、自律飛行型ドローンに至るまで、高度自動化社会へと急速に移行しつつあります。HPE Universal IoT Platformなら、異種IoTデバイスおよびIoTアプリケーション間での接続や情報交換が可能です。

oneM2M準拠

HPE Universal IoT Platformは、oneM2M業界標準に準拠しています。HPEのキャリアグレードの通信アプリケーションポートフォリオと、通信分野における豊富な実績を活かし、非依存型の接続、プロトコル、業界、利用に基づく水平的なプラットフォームを構築することで、お客様がIoT資産から収集されたデータを収益化できるようにします。

廃棄物管理の促進

地方自治体にとって、廃棄物管理は改善が必要な分野です。廃棄物容器の状態を監視する特殊なセンサーを使用して、HPE Universal IoT Platformが情報の収集と前処理を行います。長年にわたる現場経験によって確立された高度なアルゴリズムを活用してアラートを生成し、動的かつ効率的な収集を実現します。

成功事例

ビデオを再生
7:25
HPEとTataが世界最大級のIoTネットワークを構築する方法を確認

世界最大のネットワークを計画

LoRa仕様に基づく世界最大級のIoTネットワークの構築に向けて、Tata Communications社とHPEが連携しています。このネットワークにより、インド全域で2,000を超えるコミュニティにサービスを提供できる見込みです。

Shellエコマラソン: ITの未来を目指すレース

グローバルなエネルギー企業であるRoyal Dutch Shell社は、HPE Universal IoT Platformを使用して、生成されたデータの価値を高め、グローバルな観客に向けたイベントを強化しています。

連携を通じてIoTソリューションを開発

HPE Universal IoT Platformにより、Identidad IoT社は複数の業界にわたって、異種IoTまたはM2Mのデバイスやアプリケーションを接続および管理できるようになりました。

IoTで成果向上を支援

Inmarsat Enterpriseでは、HPE Universal IoT Platformを使用して、海軍のセキュリティ強化から効率的な農業生産に至るまで、さまざまな顧客の課題を解決し、ビジネス成果の向上を支援しています。

HPEパートナープログラム

業界屈指のHPE Partner Readyプログラムに参加することで、収益性と売上の向上、変革の推進を実現できます。

関連情報

ポッドキャスト : 水平的なIoTデータとHPE Universal IoT Platform

Solutions-Service-Providers_resourceLandscape-4_2x_md
ポッドキャスト

水平的なIoTデータとHPE Universal IoT Platform

記事 : IoT業界の眠れる巨人

HPE-Cloud_DeutscheBank_9x6-2x-md
記事

IoT業界の眠れる巨人

ブログ記事 : 2017年に注目すべき7人のIoTリーダー

ManufacturingresourceLandscape-4_2x.mb
ブログ記事

2017年に注目すべき7人のIoTリーダー

ビデオ : コネクテッドカー市場に展開

ビデオを再生
ビデオ |

HPEは自動車部門で、OEMによる先進運転支援システム (ADAS) などの付加価値サービスの展開とIoTデータの迅速な収益化を支援した実績があります。

記事 : Tata Communications社、2022年までに5000万台のIoTデバイスの導入を計画

HPE-What_Is_Flexible_Consumption_9x6-2x-md
記事

Tata Communications社、2022年までに5000万台のIoTデバイスの導入を計画

記事 : HPEがIoTエコシステム全体の接続環境を簡素化

記事

HPEがIoTエコシステム全体の接続環境を簡素化

記事 : HPEが汎用プラットフォームでIoTの管理に参入

記事

HPEのUniversal Internet of Things Platformは、企業があらゆる種類のIoT機能を管理する出発点となることを目指しています。

記事 : HPEのIoT PlatformがoneM2M、LoRa、SigFoxをサポート

記事

HPEは、企業やサービスプロバイダーがモノのインターネット (IoT) デバイスを容易に接続および管理できるようにするため、IoT Platform 1.2をリリースしました。

記事 : HPEがUniversal IoT Platformでモノのインターネットを強化

記事

このプラットフォームにより、通信プロトコルが異なる多様なデバイスを簡単に統合できます。

記事 : 専門家がコネクテッドカーハードウェアの競争過熱に警告

Solutions-Service-Providers_resourceLandscape-3_2x_md
記事

専門家がコネクテッドカーハードウェアの競争過熱に警告

コミュニティ : HPE IoT on Twitter

Solutions_RefineryoftheFuture_resource_11_2x-md
コミュニティ

HPE IoT on Twitter