ハイブリッドワークソリューションで全従業員をサポート

適応性に優れた従業員エクスペリエンスを作り出し、どこで仕事をする必要があるのかに関係なく、人員とテクノロジーを連携させて生産性を高め、可能性を引き出すことができるようになります。場所を問わずに生産性を維持しつつ、不動産や設備への投資を絶えず適正規模に保ちながら見直します。そして、予測不可能な短期および長期の要因に常に適応できるようにしておきます。

エクスペリエンスの再定義

同僚たちが、場所を問わずに最も適切なプラットフォーム経由でどこからでも企業のアプリケーションやデータにセキュアにアクセスできます。

有益な情報の取得と制御の強化

タッチレスワークプレイス、発熱検知、安全なデスク/環境の機能など、物理的なワークプレイスをデジタル化します。

スムーズな環境

スマートな作業プラットフォームを活用し、プロセスを自動化して、どのようなタイプの組織にとってもスムーズな仕事環境を実現します。

最新化と最適化

クラウドプラットフォームを使用してサービスデリバリのコストを最適化しつつ、ワーカーのエクスペリエンスと事業継続性管理を強化します。

ハイブリッドワークプレイスの最新の要件とは

場所を問わない安全な働き方

全般的な知識労働から、データを多用するワークロード向けの高性能デスクトップまで、あらゆる種類のワーカーに対してHPEはシームレスかつセキュアで拡張性に優れたアクセスを提供します。

ワークプレイスにおける安全性

HPE Pointnext Servicesが提供する業務再開ソリューションは、リアルタイムデータから得た有益な情報を使用して、より迅速、確実、かつ自動的にワークプレイスを正常な状態に戻して安全を確保します。

ランサムウェアからの防御

Cybersecurity Ventures社によると、ランサムウェア攻撃が増加しており、11秒ごとに発生していて、2021年までに全世界の組織に200億ドルの損害を与えると推定されます。

HPEのパートナーエコシステムであらゆるユースケースをサポート

ハイブリッドワークプレイスのビジョンの構築に着手

HPE GreenLake for VDIでナレッジワーカー向けのデスクトップをすばやく拡張

as a serviceで提供され、VDIへの最新のアプローチでリモートワークを実現する実績のあるアプローチを取る、セキュアで拡張性に優れた仮想デスクトップインフラストラクチャで、新しい働き方を推進します。

セキュアなリモート接続とサイトサービスをAruba ESPで迅速に実現

これまで以上に多くのデータがエッジで生成されています。そのことが新たなビジネス機会をもたらす一方で、ITにとっての新たな課題を生み出しています。エッジを自動化、一元管理、保護するための業界初のAI搭載のクラウドネイティブプラットフォームである、Aruba ESP (エッジサービスプラットフォーム) の詳細をご確認ください。

HPEのエキスパートとともに次の一歩を踏み出す

HPEのワークプレイスエキスパートが、どのように人員とテクノロジーを連携させて働き方を改革し、生産性を高めて可能性を引き出せるようお客様をサポートできるのかをご覧ください。