CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
HPCストレージで新たな効率性を高め、コストを削減する方法、Cray ClusterStor E1000ストレージシステムと他のベンダーのアプローチを比較する方法を確認します。
ビジネスホワイトペーパーをダウンロード(英語)
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
HPCストレージで新たな効率性を高め、コストを削減する方法、Cray ClusterStor E1000ストレージシステムと他のベンダーのアプローチを比較する方法を確認します。
ビジネスホワイトペーパーをダウンロード(英語)
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
HPCストレージで新たな効率性を高め、コストを削減する方法、Cray ClusterStor E1000ストレージシステムと他のベンダーのアプローチを比較する方法を確認します。
ビジネスホワイトペーパーをダウンロード(英語)
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
CPU/GPU高速化コンピュートノードをI/Oボトルネックなしでパワーアップ
HPCストレージで新たな効率性を高め、コストを削減する方法、Cray ClusterStor E1000ストレージシステムと他のベンダーのアプローチを比較する方法を確認します。
ビジネスホワイトペーパーをダウンロード(英語)

AIとHPCの統合でストレージのニーズに対応

両方のワークロードの入出力パターンがまったく異なるので、この統合によりHPCストレージへの新しい要求が生まれます。今まさに、そうしたニーズが増大しつつあります。独立系分析会社のIntersect360が最近行った調査によると、現在のHPCユーザーの66%が、すでに機械学習プログラムを実行しています。Hyperion Research社の予測では、現在の傾向と速度を考えると、公共部門の組織や企業によるHPCストレージへの支出は、今後3年間でHPCコンピュートへの支出を57%上回る速さで増加します。

+ もっと見る
HPC/AIのコストを抑えてCPU/GPUコンピューティングをハイグレードに

シーモア・クレイはかつて、「誰でも高速なCPUを設計することはできる。問題はシステムを高速化することだ」と述べています。 HPC/AIストレージに関しては、誰でも高速ファイルストレージを構築できます。問題は、高速でありながら費用効果が高く、スケーラブルなファイルストレージシステムを構築することです。これをHPEは、主要な並列ファイルシステムをHPEストレージ製品に組み込むことで、高い費用対効果を実現します。

HPCストレージ: HPCとAIの統合で優れたパフォーマンスを実現

従来型のHPCクラスター

新時代のコンバージド

従来型のAIスタック (POD)

プライマリワークロード

モデリングとシミュレーション

両方

機械学習/ディープラーニング

コンピュートノードタイプ

 

CPUノード (HPE Apollo 2000など)

両方

GPUノード (HPE Apollo 6500など)

コンピュートノード数

数百から数千

数百から数千

少数

一般的なインターコネクト

InfiniBand

両方 (およびHPE Slingshot)

ギガビットEthernet

プライマリI/Oパターン

書き込みを多用

両方

読み取りを多用

ストレージ容量 (測定単位)

ペタバイト

ペタバイト

テラバイト

単一名前空間のストレージの拡張性

最大でエクサバイト

最大でエクサバイト

最大で数十ペタバイト

一般的なストレージ

ハードディスクドライブベースの並列ファイルシステムストレージ

Cray ClusterStor E1000

HPE Parallel File System Storage

オールフラッシュエンタープライズNASストレージ

ストレージの用途

大規模ファイルをシーケンシャルで最大数テラバイト/秒で処理

すべてのサイズのファイルをシーケンシャルおよびランダムで最大数テラバイト/秒で処理

すべてのサイズのファイルをシーケンシャルおよびランダムで最大数十ギガバイト/秒で処理

テラバイト当たりのコスト

$

$$$

$$$$$$$$$$

統合によるスケーラブルでコスト効率に優れたパフォーマンス

HPEのストレージシステムは、スケールアウトNASをはるかに超えるパフォーマンスとスケーラビリティを達成するように設計され、業界をリードする並列ファイルシステムを使用します。ファイルシステムの容量ベースのライセンスは必要ありません。HPE Pointnextでは、完全なストレージシステム、ハードウェア、ソフトウェアのサポートを提供します。

+ もっと見る

HPE Parallel File System Storage

Cray ClusterStor E1000 Storage System

Parallel file system

IBM Spectrum Scale Erasure Code Edition

Lustre

サーバーへのアタッチ

HPE IB HDR/Ethernet 200Gbを搭載した HPE Apollo Systemまたは HPE ProLiant DLラックサーバー

HPE Cray EX Supercomputer または HPE Apollo system / HPE ProLiant DLラックサーバー

クライアント数(コンピュートノード)

10台から数100台

数100台から1,000台

コンピュートノードの種類

GPU および/または CPU

GPU および/または CPU

インターコネクト

InfiniBand HDR または 100/200 GbE

HPE Slingshot または InfiniBand HDR または 100/200 GbE

エンタープライズグレードのストレージ機能

非常に包括的

標準的

プロトコルのサポート

POSIX, NFS, SMB, HDFS, Object

POSIX

スケールアウトする典型的なサイズ

テラバイト (27 TBからスタート)

ペタバイト (PBからスタート)

最適なHPC&AIターゲット層

製造業、自動車、ヘルスケア・ライフサイエンス、金融サービス、ハイテク、製薬、通信、小売、および右欄に記載されている組織のホームディレクトリ用

研究所・大学、防衛・情報機関、宇宙機関、気候研究、気象予測、地球科学(石油・ガスを含む)

新時代の並列ストレージソリューション

IBM Spectrum ScaleまたはLustreのどちらを好む場合でも、HPEには適切な並列ストレージシステムがあります。また、HPE Data Management Framework(DMF)V7を使用すると、データ保護または長期アーカイブ向けに、データをファイルシステム間またはファイルシステム外に移動させることができます。

+ もっと見る
Cray ClusterStor E1000ストレージシステム

このストレージシステムには、科学分野および連邦政府のユースケース向けの、業界をリードする並列ファイルシステム、Lustreが組み込まれています。これは、HPE Slingshot、InfiniBand HDRや100/200 GbEから、HPC Cray EXスーパーコンピューターおよびHPE ApolloシステムまたはHPE ProLiant DLラックサーバーのクラスターに接続し、モデリングとシミュレーション、AIや高パフォーマンスデータ分析ワークロードを実行するのに適しています。HPE Pointnext Servicesではハードウェアとソフトウェアをサポートします。

HPE Parallel File System Storage

このストレージシステムには、企業向けの主要な並列ファイルシステムであるIBM Spectrum Scaleが組み込まれています。 InfiniBand HDRおよび100/200 GbEを使用して、モデリングとシミュレーション、AI、または高性能データ分析ワークロードを実行する、HPE Apollo SystemまたはHPE ProLiant DLラックサーバーのクラスターに接続するのに最適です。 HPE Pointnext Servicesは、ハードウェアとソフトウェアの両方をサポートします。ストレージサーバーは、費用効果の高いHPE ProLiant DLラックサーバーです。

HPEデータ管理フレームワーク (DMF)

階層型のストレージ管理アーキテクチャーを実現することにより、HPCストレージリソースを最適化できます。HPEデータ管理フレームワークは、ストレージリソースの使用率を最適化してTCOを低減し、データ移行の自動化という実績ある技術により、ストレージ階層全体のデータのワークフローを効率化します。LustreおよびHPE XFSに加えてIBM Spectrum Scaleのネイティブサポートもご利用いただけます。

HPCストレージ 関連情報