HPCストレージ

 クラスターコンピューティングおよび分散並列コンピューティングをサポートする、専用ストレージ製品の包括的なポートフォリオが、HPCのパワーを最大限に引き出します。

 

HPCに求められる高性能ストレージ

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) のコンピュートとエンタープライズのコンピュートは大きく異なっています。エンタープライズでは小容量のファイルを扱い、少数のファイルを移動させますが、HPCでは、大規模なデータセットをクラスター内の複数のサーバーで並列処理するとともに、複数のストレージサーバーに分散させ、すべてのデータにすべてのサーバーからアクセスできるようにします。求められる高速同時データアクセスを提供するのに、HPCに並列分散ファイルシステムが欠かせません。このシステムがなければ、高額なCPUでもデータを取得できず、処理が遅れることになります。

HPCへの対応が困難なエンタープライズストレージ

800馬力のエンジンで自転車のタイヤを駆動させた場合、タイヤはそのパワーを処理できず、 摩耗してしまいます。HPCは、そのエンジンのようなものです。エンタープライズストレージではそのパワーに対応できません。HPCの価値を最大限に引き出すには、HPC専用のストレージが必要です。

HPEのHPCストレージの特長

HPEは、既存のリソースの最適化とお客様のニーズに応じた拡張を可能にする、導入が簡単なターンキー型HPCストレージソリューションの包括的なセットを提供します。

シンプルな導入

HPEによるインテグレーションや構築を含むターンキー方式の導入を活用すれば、迅速かつ簡単に運用開始ができます。

TCOの削減

管理者が定義したポリシーに基づいて、自動的に最も低コストのストレージにデータを移動します。迅速な対応が求められるデータにはSSDを使用し、それ以外のデータはハードドライブに保存することが可能です。

ワークフローの効率化

アプリケーションのニーズに応じて、データの自動ステージングを活用することで、時間のかかる反復作業や高速処理を削減します。

HPCストレージとエンタープライズストレージの主な相違点

エンタープライズストレージ

HPCストレージ

標準的なワークロード

トランザクション

ジョブ (データセット)

パフォーマンス要件

I/O

帯域幅

標準的なファイルサイズ

小規模

大規模

標準的なファイルアクセス

ランダム

シーケンシャル

データ移動

最小限

広範囲

ストレージを強化するサービス

ストレージコンサルティングサービス

ストレージコンサルティングサービス

HPE Pointnextと連携してデータインフラストラクチャのコスト効率を高めることで、優れたビジネス成果を実現できます。

詳細はこちら

ビッグデータコンサルティングサービス

ビッグデータコンサルティングサービス

HPE Pointnextのエキスパートが、効果的なアダプティブ分析に適したデータアーキテクチャーの運用を支援します。

詳細はこちら

HPEにお問い合わせください

HPCストレージ製品の詳細情報をお伝えします。