可用性と耐障害性

ハイブリッドIT環境に移行してインフラストラクチャの可用性やビジネスクリティカルなアプリケーションの耐障害性を確保し、リスクを削減します。

あらゆる不測の事態に備えるには

ネットワークに繋がっているのが当然の世界では、クリティカルアプリケーションの障害が将来的にビジネス上の大きな負担となります。自然災害、ネットワーク障害や停電、ヒューマンエラー、悪意のある行動など、様々な要因で不測のダウンタイムやデータ損失が発生します。データ保護や障害復旧モデルが十分でなく、高コストで柔軟性の低いレガシーインフラストラクチャを使用することで、リスクがさらに増加します。ハイブリッドITを活用することで、リスクの削減やインフラストラクチャの可用性を保障するミッションクリティカルな機能が備わり、不測の事態に対応できるようになります。

ビデオを再生
2:20

エンドツーエンドのデータ保護が重要

アプリケーションの展開先やデータの受け取り方に依存しない、インフラストラクチャの耐障害性やサービス継続性、そしてデータ保護機能を利用できます。

リスクを正しく理解するために

潜在的な脆弱性を明らかにし、セキュリティ、データ保護、柔軟性を確保したハイブリッドIT戦略を導入することで、インフラストラクチャへの投資を保護しつつダウンタイムなく最大レベルのサービスを提供できます。

『オールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略』をダウンロード

ハイブリッドクラウドにおけるセキュリティ、コンプライアンスの課題とその対策

ハイブリッドクラウドの導入はセキュリティとコンプライアンスの課題が障害となるケースがあります。その課題についての具体的対策をアナリストが解説しています。

データセンターの障害時のベストプラクティスを確認する

オールフラッシュストレージのためのデータ保護戦略

高パフォーマンスなフラッシュストレージには4つの特徴があります。スピード、経済性、エンタープライズレベルの耐障害性、そして拡張性です。しかし、注意が必要となるのがバックアップです。オールフラッシュ時代のデータを保護する4つのポイント、バックアップの注意点をご確認ください。

170万ドル

のコストがダウンタイム1時間あたり発生1

95%

のデータセンターで過去24か月以内に障害が発生2

10億ドル

のデータセンターのストレージ領域が複製データを保管3

お客様成功事例

ダイハツ工業が オールフラッシュストレージを採用し 新たな成長戦略を加速

ダイハツ工業がミッションクリティカル環境に、実機検証でトップスコアを獲得したHPE 3PAR StoreServオールフラッシュストレージを採用。HPE StoreOnceと合わせたシンプルなデータ保護により バックアップの所要時間を1/2に、関連コストを80%削減した。

ミッションクリティカルなERPシステムのモダナイズ

ミッションクリティカルなERPシステムのモダナイズ

MAGLITE®社は、ミッションクリティカルなアプリケーション環境全体をモダナイズすることで、パフォーマンスを45%向上させ、ライセンスコストを20%削減し、信頼性を20倍高めることに成功しました。

新たなIT環境で将来の成長を支えるBrokeman Logistics社

99X社がストレージを簡素化してバックアップウィンドウを短縮

ノルウェーで最大級のサービスプロバイダーである99X社は、新たなストレージおよびバックアップシステムを導入し、仮想マシン1台あたりのバックアップ時間を20分の1に短縮しました。

Vancityがコアバンキングに求められる安定したパフォーマンスを確保

Vancityがコアバンキングに求められる安定したパフォーマンスを確保

Vancityはコアバンキングのモダナイゼーションにより、会員のニーズに柔軟に対応できるようになったうえ、ミッションクリティカルなバンキングサービスに求められる信頼性の高いパフォーマンスと安定性を確保しました。

HPE製品およびサービス

HPEのミッションクリティカルなソリューションを活用して、データセンターからクラウドまでに至る耐障害性とデータ保護を獲得できます。

HPE 3PAR StoreServストレージ

HPE 3PAR StoreServストレージ

拡張性に優れたTier 1オールフラッシュアレイ型データストレージを用いて、コストを最小限に抑制しつつ、アプリケーションの迅速なプロビジョニングと高水準のサービスを提供できます。

詳細はこちら

HPE Integrity Superdome X

HPE Integrity Superdome X

特定用途のために効率、可用性、拡張性が最適化された、Linux®、Windows®、およびVMware®公認のミッションクリティカルなx86サーバー。

詳細はこちら

HPE Recovery Manager Central

HPE Recovery Manager Central

HPE 3PAR StoreServとHPE StoreOnceシステムを統合して、集中化による可用性、レプリケーションおよびバックアップサービスをオールフラッシュの速さで提供するソフトウェア。

詳細はこちら

HPE Serviceguard for Linux

HPE Serviceguard for Linux

クリティカルアプリケーションに事業継続性をもたらし、x86やLinux環境のダウンタイム処理を可能にする高可用性および障害復旧ソリューション。

詳細はこちら

HPE Integrity NonStop

HPE Integrity NonStop

完全統合型のフォールトトレラントシステムにより高可用性、優れた拡張性、および運用効率が得られます。インテル® Xeon® x86プロセッサーを搭載しています。

詳細はこちら

HPEフレキシブルキャパシティ

HPEフレキシブルキャパシティ

パブリッククラウドのアジリティと経済性、オンプレミスITのセキュリティとパフォーマンスを融合した従量課金サービスです。

詳細はこちら

プラットフォーム移行サービス

プラットフォーム移行サービス

ミッションクリティカルなレガシーワークロードを変革して業界標準の環境に移行する手助けとなるプラットフォーム移行コンサルティングサービス。

詳細はこちら

注目のサービス

HPEフレキシブルキャパシティ

HPEフレキシブルキャパシティ

パブリッククラウドのアジリティと経済性、オンプレミスITのセキュリティとパフォーマンスを融合した、オンデマンドのキャパシティを提供するインフラストラクチャサービスです。

詳細はこちら

プラットフォーム移行サービス

プラットフォーム移行サービス

ミッションクリティカルなレガシーワークロードを変革して業界標準の環境に移行する手助けとなるプラットフォーム移行コンサルティングサービス。

詳細はこちら

重要なビジネス課題を解決

IT as a Serviceの実現

最適な組み合わせのハイブリッドITを使用してIT as a Serviceを実現することで、スピードとアジリティが最大限に高まります。

クラウドアプリケーションのデリバリを迅速化

クラウドアプリケーションの開発と配備を迅速化し、ハイブリッドIT環境全体にわたってIT部門が迅速にサービスを提供および管理できるようにします。

関連情報

アナリストレポート : Frost & Sullivan社: フラッシュストレージによるビジネス価値向上に関する調査

HPE-Business_Value_Flash_Storage_1x1-2x-md
アナリストレポート

レポートを表示

ベストプラクティスガイド : オールフラッシュストレージ製品比較の要点

HPE-Changing_Mission_CriticaL_IT_9x6-2x-md
ベストプラクティスガイド

基幹系システムをオールフラッシュストレージで稼働させる企業が製品比較で重視するポイントについて事例をもとに解説します。IOPS性能や省電力性や省スペース性などのスペック以外に製品選定において重視すべき項目を紹介します。

ベストプラクティスガイド : ランサムウェア対策のための正しいバックアップ方法

HPE-Unified-Transformation-Framework_1x1-2x-md
ベストプラクティスガイド

ランサムウェアは、企業や公共団体をターゲットにしています。対策には定期的なデータバックアップが重要ですが、巧妙なランサムウェアには通用しないケースもあります。対策に効果的なバックアップ方法について解説します。

お客様事例 : ライオンが、基幹システムにオールフラッシュストレージを採用し、バッチ処理時間を1/2以下に削減

CST13690-01
お客様事例

ライオンが、基幹業務システムにオールフラッシュストレージを採用し、バッチ処理時間を1/2以下に削減

お客様事例 : アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

cst13706-02
お客様事例

アサヒグループの共通基盤にオールフラッシュストレージを採用、5年間のTCOを63%削減

インテル® Xeon®プロセッサー搭載HPEハイブリッドITソリューション
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。