IceWall ソフトウェア サポート

数億行のログの多角的分析を実行、大量データの管理コストも軽減

アクセスログをビジネスに活用したい
分析時間を短縮したい
管理負担・コストを軽減したい

+ もっと見る

本ソリューションの特長

従来のWebアクセスログにおける課題を解決

企業の競争力を保ち、新たなビジネス機会をつかむため、ビッグデータ活用への取り組みを強化する企業が増加しています。
企業のITシステムが保有するWebアクセスログは身近かつ貴重な資産のひとつでありながら、膨大な運用管理工数などを背景に、多くの企業ではシステムの障害検知やアクセス分析など限られた用途で利用されているのが現状です。
本ソリューションは従来のWebアクセスログにおける課題を以下のように解決します。

 

・アクセスログを活用したい

アクセスログをユーザープロファイルと結合することにより、またサイト全体・Webアプリ間の比較分析の実現により、ユーザー動向の多角的で詳細な分析を実現。
 

・アクセスログ分析に割く時間を短縮したい

高速分析可能なデータウェアハウス構築により、膨大なデータに対する分析が可能。
 

・アクセスログ管理の負担・コストを軽減したい

データの高圧縮技術により、従来システム部門の課題であった膨大なアクセスログの管理負担を大幅に軽減。


IceWall SSOの特長

特徴的なIceWallアクセスログ

IceWall SSOは一度の認証で複数のWebアプリケーションへのログインを実現するシングルサインオンソフトウェア。
Apache など従来のWeb アクセスログには含まれない、解析や原因特定のための情報属性(各Webアプリに対するレスポンスタイムやコンテンツサイズ等)をIceWallアクセスログ内に出力。
さらに認証により、ID(ユーザーID)をIceWallアクセスログ内に出力。

認証によりアクセスログ内にユーザーIDを出力
 

  • ユーザーの特定が可能。(ドリルダウン可能)
  • ユーザープロファイルや購入履歴など他のデータと 結合することで多角的な分析を実現。
  • Webアプリ間のユーザーの行動分析が可能。

コンテンツ・Profileデータを利用した可視化イメージ

全Webアプリのアクセスログを一括取得
 

  • サイト全体での分析が容易。
  • 全Webアプリのアクセスログを統一フォーマットで取得できるため比較分析が容易。

IceWallアクセスログの特長イメージ


Web利用分析ソリューション

数百万から最大で数百億行にもおよぶ大量アクセスログの集中管理、分析の即時性が、オンライン上のユーザー動向のビジネス反映を支援。
またユーザープロファイルなどの企業内データをIceWallアクセスログと結合することで、より多角的・詳細な分析が可能。ユーザーの利用動向、将来予測、商品関連性などビジネス活用の可能性を拡大。

①IceWall SSOでユーザーを認証。ユーザーIDを含むIceWallアクセスログを出力。

②ETLツールがIceWallアクセスログを取り込み、データ整形。IceWallアクセスログのユーザーIDをキーに、人事プロファイルや販売データなどを統合。

③整形済データをアップロード。

④各種BIツールを導入することで分析結果を可視化、詳細レポーティング。
 分析、可視化が可能。

⑤分析結果から得た課題・洞察を元に、キャンペーン、販促、営業活動へ反映。

BIツールによる可視化・分析


本ソリューションによる分析結果は各種BIツールを導入することで柔軟な可視化、詳細レポーティングが可能。

BIツールによる可視化・分析例