適切なサポートエクスペリエンスでITを簡素化

多くのお客様は、複雑性を増大させるうえに24時間365日のサポートが必要とされる、仮想化されたモバイルテクノロジーやクラウドテクノロジーを利用しています。このような状況の中、ITスタッフは非常に多くの領域でスペシャリストとしての役割を果たさなければならず、戦略的なイニシアチブに注力できずにいます。HPEファウンデーションケアサービスを活用すれば、将来に向けたイノベーションを進めながら、問題のトラブルシューティング、監視、および修正に必要な時間を最小限に抑えることが可能です。

+ 表示件数を増やす

サポートエクスペリエンスを簡素化

HPEファウンデーションケアなら、1つの場所からハードウェア、ファームウェア、ソフトウェアの問題を解決したり、交換パーツや資料を入手したり、最新情報にアクセスしたり、独立系ソフトウェアベンダー向けの共同サポートを利用したりして常時稼働を実現できます。

複雑性を低減

24時間365日のシステム監視、迅速な診断、自動ケース作成、および自動部品発送により、サポートが簡素化されます1

ダウンタイムの短縮

6時間以内にハードウェアをリストアする最高レベルの電話修理受付サービスを選択できます。

制御と管理の強化

HPEサポートセンターのWebサイトから、オンラインで資産とサポートのステータスを確認できます。

成長への備え

ITリソース、予算、および人材を最大限に活用してビジネスを大きく成長させることができます。

成長への備え

ITリソース、予算、および人材を最大限に活用してビジネスを大きく成長させることができます。

ファウンデーションケアサービス

お客様に適したサポートをお選びいただけます。お客様のサービスレベル契約と予算の要件に合ったカバレッジレベルのITインフラストラクチャサポートを選択できます。HPEファウンデーションケアでは、あらゆるニーズに対応できるよう設計された5つのレベルのプロアクティブサポートサービスを用意しています。

成功事例

病院が患者のケア (とエクスペリエンス) を向上

Wirral University Teaching Hospital (WUTH) は、新しいコアツーエッジソリューションを使用して患者が求めている (そして将来のニーズにも対応する) レベルのサービスを提供できるようになりました。

課題

WUTHの老朽化した障害が起きやすい有線ネットワークは、メンテナンスにコストがかかっていたうえ、病室で使用するモバイルデバイスや患者のエクスペリエンスを向上させるためのその他の新しいテクノロジーに対応していませんでした。 

解決方法

WUTHは、HPEの専門知識を活用することにより、ダウンタイムを生じさせることなくHPEとArubaの統合型のコアツーエッジネットワークソリューションを導入し、患者に最大限の成果をもたらしました。

「HPE Pointnextチームは、院内のチームがソリューションを管理して最大限に活用する方法を習得できるよう、積極的に知識移転に取り組んでくれました」

Wirral University Teaching Hospitalインフォマティクス担当デリバリ管理責任者、Phil Scott氏

結果

新しいコアツーエッジネットワークソリューションによって電子医療記録を最大限に活用できるようになり、シームレスなエクスペリエンスと知識移転が実現したことで、ダウンタイムと中断が最小限に抑えられ、将来の成長に対応することが可能になりました。

1. このようなメリットを得るには、デバイスをHPEに接続する必要があります。