従来型データセンターからの脱却

従来型データセンターでは、現在のデジタル環境に対応できません。モジュール式のデータセンターファシリティへと移行することで、コアデータセンターからだけでなく、エッジでのサービスデリバリ、および分散型IT環境へのサービスデリバリが改善されます。オンプレミスのサービスデリバリモデルでは、より高いレベルの柔軟性、コスト削減、およびアジャイルなデータセンター運用を実現できます。詳細については、パンフレットをご覧ください(英語)

+ もっと見る

6,500万平方フィートを超えてまだまだ増加

HPE Pointnextはこれまでに、6,500万平方フィートを超えるデータセンターを世界中で設計しています。どのデータセンタープロジェクトもまずはIT環境の評価から始まります。それにより、イノベーションや変革プロセスを重視したデータセンター戦略を考案できるようになります。

データセンター戦略の策定

戦略的データセンタープランニングがビジネスの成長と変化を促進。

データセンターファシリティ戦略を含めたIT戦略の策定。どのようなタイプ、サイズのデータセンターがどこに何棟必要なのかを決定できるようお客様をサポートします。HPEがデータセンターを建設・所有するか、アウトソーシングするか、コロケーションサービスを利用するかという戦略的オプションを検討します。戦略に基づいて、設計、成長モデル、ソーシングオプション、コストモデルのテクノロジー面での概念的基礎を構築します。HPEは信頼できるアドバイザーとして、データセンターファシリティのトランスフォーメーション全体を支援します。

IT運用、ファシリティインフラストラクチャ、および管理フレームワークの性能を評価し、現在そして将来のIT要件とファシリティ要件を完全に理解して、データセンター戦略に活かします。

理想的なデータセンターを実現

データセンターコンサルティングプロジェクトはどれも、人々のコラボレーション、強力なテクノロジー、革新的なアイデアが変化を加速させる真のパートナーシップです。HPE Pointnextはエネルギー効率の高い設計からファシリティのコミッショニングやアップデートまで、全体のプロセスを管理します。

データセンターファシリティの設計と実装

理想のデータセンターを実現します。HPEのターンキーサービスをプライムインテグレーターとしてソリューション全体を管理することも、HPEがお客様の請負業者とパートナーシップを組んで共同作業することも可能です。

ファシリティの設計

信頼できる専門家が、お客様固有のニーズに応じてデータセンターのブループリントを作成します。テクノロジーとデータセンターに関するお客様独自の目標を達成できるようカスタマイズされた詳細な設計を提供するとともに、エネルギー効率に優れたソリューションを設計します。HPEがこれまでに設計したデータセンターの総床面積は、6,500万平方フィート以上にのぼります。また、その半数がLEEDゴールドまたはプラチナ認定を受けています。データセンターの物理的な概念設計から概略設計、詳細な実施設計まで、さまざまなツールが提供されます。最終的にはこれらを通じて、可用性、信頼性、トポロジのニーズの決定や、データセンターの総コストの決定をサポートします。

ファシリティの実装

HPEは、これまで全世界で床面積5,000万平方フィート以上のデータセンターをコミッショニングしており、お客様の設計から構築、新規ファシリティのコミッショニングにいたるまでのプロセス全体を管理することができます。構築プロセスは、高いスキルを備えたプロジェクトマネージャー (プライムインテグレター) によって管理されます。プライムインテグレターの担当業務には、建設管理や外部委託などが含まれます。

データセンターファシリティの保証

メンテナンスと運用プログラムのコンサルティングを介して、高い信頼性とパフォーマンスレベルで卓越した運用サービスを提供します。

高い信頼性とパフォーマンスレベルで卓越した運用サービスを提供します。新しいデータセンターのメンテナンスおよび運用の設定や改善についてコンサルティングを提供します。HPEのアセスメントによって、データセンターファシリティのインフラストラクチャや運用上の問題が特定され、その結果、電力・冷却容量、運用上の信頼性、またはエネルギー使用量に関する有効なソリューションが明確になります。アセスメントでは、データセンターごとに基本的な容量調査、インフラストラクチャの状態と容量の分析、ITSMベースの容量アセスメントなども実施されます。

データセンターファシリティ エネルギーコンサルティングサービス

エネルギー、容量、コストの有効活用と管理の効率化が実現します。

コストとエネルギー消費量、水の使用量、および温室効果ガスの排出量を削減するためのデータセンターのエネルギー政策について政府機関にアドバイスを提供するHPEのコンサルタントと連携できます。このコンサルタントが、お客様とともに組織のIT環境全体におけるエネルギーと天然資源の使用方法、それらの管理プロセス、および日常業務でのリソースの使用方法を変革するための戦略、ロードマップ、実装計画を策定します。HPEでは、一般に認められた会計報告の原則に従い、組織が正確なエネルギー使用量と温室効果ガス排出量を提示していることを確認します。

成功事例
Texmark社のロゴ

Texmark社が最先端の精製所を構築

Texmark Chemicals社は、高度なIIoT機能を備えた最先端の精製所を構築したことにより、計画的なメンテナンスのコストを50%削減するとともにプロセス分析を強化し、アップタイムと従業員の安全性を向上させることに成功しました。

課題

業界全体で安全性の向上を求める声が高まる中、Texmark Chemicals社は新たな規制と安全基準に対応するためにITシステムを全面的に見直す必要に迫られていました。

解決方法

Texmark Chemicals社は、HPEとArubaとの間で契約を締結し、高度なIIoT機能を備えた最先端の精製所を構築しました。

「私たちは、データをくまなく精査し、プラント全体の相互接続の状況を明らかにする最先端の精製所を構築しています」

Texmark Chemicals社

結果

このプロジェクトにより、プロセス分析の強化、無停止の生産、アップタイム、顧客満足度、および従業員の安全性の向上という成果がもたらされました。

関連するお客様事例