エンドツーエンドのITコンサルティング

今日の組織には、売上高を増やしてコストを削減し、継続的にコンプライアンスに対応できる、シンプルでシームレスな統合型の有線/無線プラットフォームが必要です。マルチベンダーネットワーキングで40年以上の実績があり、ネットワークと音声に関する認定を取得した7,600人のプロフェッショナルを擁するHPEが、複雑かつビジネスクリティカルなソリューションのプランニングと導入をサポートし、コストのかかるインストールや構成エラーが起きないようにします。  HPEのオンサイトサービスは、プロジェクトの管理、実装、およびマルチベンダー統合を含む、エンドツーエンドのプログラムです。

+ もっと見る

実践的なステップ

ネットワークの変革に向けたエンドツーエンドのアプローチにより、移行計画の策定と実施をサポートします。これにより、お客様はデータセンター内とエッジの既存のマルチベンダー環境を最適化してリスクを軽減し、確実にネットワークの相互運用性を確保できます。

ネットワークの簡素化と強化

HPEのネットワーク仮想化サービスでは、ネットワークインフラストラクチャのオーバーレイテクノロジーとアンダーレイテクノロジーへの投資に関してお客様にアドバイスとサポートを提供します。HPEの包括的なライフサイクルアプローチには、プランニング、アセスメント、設計、統合、およびドキュメントの作成が含まれています。

ネットワークの保護

ネットワークを保護するためのエンドツーエンドのライフサイクルアプローチにより、クラウド、データセンター、キャンパス、およびIoT環境のデータだけでなく、送信中のデータも保護できるネットワークセキュリティテクノロジーの特定、設計、実装をサポートします。

成功事例
Wirral University Teaching Hospitalロゴ

病院が患者のケア (とエクスペリエンス) を向上

Wirral University Teaching Hospital (WUTH) は、新しいコアツーエッジソリューションを使用して患者が求めている (そして将来のニーズにも対応する) レベルのサービスを提供できるようになりました。

課題

WUTHの老朽化した障害が起きやすい有線ネットワークは、メンテナンスにコストがかかっていたうえ、病室で使用するモバイルデバイスや患者のエクスペリエンスを向上させるためのその他の新しいテクノロジーに対応していませんでした。

解決方法

WUTHは、HPEの専門知識を活用することにより、ダウンタイムを生じさせることなくHPEとArubaの統合型のコアツーエッジネットワークソリューションを導入し、患者に最大限の成果をもたらしました。

「HPE Pointnextチームは、院内のチームがソリューションを管理して最大限に活用する方法を習得できるよう、積極的に知識移転に取り組んでくれました」

Wirral University Teaching Hospitalインフォマティクス担当デリバリ管理責任者、Phil Scott氏

結果

新しいコアツーエッジネットワークソリューションによって電子医療記録を最大限に活用できるようになり、シームレスなエクスペリエンスと知識移転が実現したことで、ダウンタイムと中断が最小限に抑えられ、将来の成長に対応することが可能になりました。