お客様にお勧め
適切なサーバー基盤が今日のハイブリッドインフラストラクチャを実現する方法
適切なサーバー基盤が今日のハイブリッドインフラストラクチャを実現する方法
このAberdeenナレッジブリーフで、自社のハイブリッドインフラストラクチャ向けに適切なサーバー基盤を選択することの重要性とメリットをご確認ください。
Aberdeenレポートをお読みください

ハイブリッドクラウドの可能性を迅速に実現

ハイブリッド環境では、サーバーを起点とするインテリジェンス基盤を活用した、柔軟なソフトウェア デファインドのアプローチが求められています。HPE ProLiantには比類のないワークロード最適化、セキュリティと自動化、すべてAs a Serviceとして利用可能にする新しいアプローチが用意されています。

+ もっと見る

イノベーション
インテリジェントハイブリッドクラウドの将来

比類のないサーバー自動化、サーバーセキュリティ、サーバー最適化、HPE ProLiantサーバーに組み込まれたインテリジェンスを使用したコンポーザビリティによって実現されるオープンなハイブリッドクラウドプラットフォームの強固な基盤となり、管理タスクを簡素化および自動化します。

インテリジェントハイブリッドクラウドの将来

比類のないサーバー自動化、サーバーセキュリティ、サーバー最適化、HPE ProLiantサーバーに組み込まれたインテリジェンスを使用したコンポーザビリティによって実現されるオープンなハイブリッドクラウドプラットフォームの強固な基盤となり、管理タスクを簡素化および自動化します。

最適化されたワークロード
包括的なセキュリティ対策
インテリジェントな自動化機能
サービスとしてのITでビジネスの成長を促進
ラック最適化型
リモートオフィスと拡大するビジネス
最適化されたワークロード
最適化されたワークロード

HPE ProLiantの基盤となるインテリジェンスが、ワークロードのパフォーマンス、配置、および効率を最適化する有益な情報によってIT環境を変革し、優れた成果を迅速にもたらします。

iLO5 Advancedの詳細
包括的なセキュリティ対策
5:00
包括的なセキュリティ対策

世界標準の安心サーバーであるHPE ProLiantでは、製造のサプライチェーンからサポート終了時の安全な撤去に至るまで、包括的かつ高度なセキュリティ管理を実施できます。

セキュリティの詳細情報 (英語)
インテリジェントな自動化機能
インテリジェントな自動化機能

HPE ProLiantに組み込まれたインテリジェンスとコンポーザビリティによって実現されるオープンなハイブリッドクラウドプラットフォームの強固な基盤となり、管理タスクを簡素化および自動化します。

サービスとしてのITでビジネスの成長を促進
サービスとしてのITでビジネスの成長を促進

IT-as-a-ServiceソリューションであるHPE GreenLakeは、オンプレミス インフラストラクチャでクラウドのエクスペリエンスを利用できるようにすることで、エッジ、クラウド、データセンターを一元的に管理します。お客様はサービスを迅速に展開してコストやコンプライアンスに関する有益な情報を取得するとともに、管理を簡素化することができます。

HPE GreenLakeの詳細を見る
ラック最適化型
1:21
ラック最適化型

多様なワークロードに対応し、単一インフラストラクチャ管理ソリューションによる管理が可能な、高い汎用性と耐障害性を備えたソフトウェア デファインド ラックサーバー ファミリを活用できます。

ProLiantファミリガイドのダウンロード
リモートオフィスと拡大するビジネス
リモートオフィスと拡大するビジネス

シンプルで効率的なビジネス価値の実現 ユーザーの視点から着想したHPEのイノベーションでは、リモートアクセスを容易にし、エネルギーの効率性を高めてTCOを低減できます。

サーバーガイドを読む
Pensando分散サービス プラットフォームを活用したHPEサーバーでハードウェアアクセラレーションによるソフトウェア デファインドネットワークおよびセキュリティサービスを提供

Pensando分散サービス プラットフォームを活用したHPEサーバーはハードウェアアクセラレーションにより、一連のソフトウェア デファインドサービス (データセンター保護、テレメトリ、簡素化された詳細な観測) をサーバーエッジへ拡張します。

 

HPE Gen10サーバーファミリー

    

お客様導入事例
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 様のロゴ

インテル® Optane™ パーシステント・メモリーを1.5TB搭載HPE ProLiant DL360 Gen10により解析の高速化・高精度化を実現

電磁界解析など、大容量メモリが必須となるCAEアプリケーション向けのシステム環境を、コストを抑えながら構築する。

 

課題

高度化する技術開発・製品開発の要求に応えるための解析・シミュレーション技術の活用推進と、これを可能にする高性能CAEシステムの実現。

解決方法

オートマチックトランスミッション(AT)で世界トップシェアを誇るアイシン・エィ・ダブリュが技術開発力の強化を推進している。100年に一度の変革期といわれるCASE時代を見据え、2019年にCAEシスムの大幅な増強を実施。高度なシミュレーション技術で一部の試験をCAEに置き換え、試作コストの低減および開発効率化を図ろうとしている。

"大規模な解析処理を、想定した時間内に完了させることができました。インテル® Optane™ パーシステント・メモリーの検証結果には十分満足しています。"

アイシン・エィ・ダブリュ株式会社 解析技術部 CAE開発グループ 東田 憲太郎 氏

結果

  •  従来の環境では不可能だった大規模モデルを使った電磁界解析が可能に
  •  従来の限界を超えた大容量メモリ搭載CAEシステムを、コストを抑制しながら導入可能なことを確認
  •  「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」分野における技術開発力の強化に貢献
関連するお客様事例

HPE ProLiant向けに最適化されたソリューション

HPE ProLiantソリューションは、インテリジェントなコンピューティング基盤であり、仮想化、AIを含む広範なアプリケーションや運用モデルに対応できます。

+ もっと見る
HPE vSAN Ready Node

HPE vSAN Ready Nodesでは、従来の手動プロセスとテクノロジーを排除し、各種ワークロードにとどまらず、物理管理と仮想管理を組み合わせた密接統合に至るまでの最適化を実現する、安全な自動アプローチへと移行できます。

 

デスクトップ仮想化

デスクトップ仮想化は、多くのIT組織にとって重要なイニシアチブであり、エンド ユーザー向けの柔軟なモバイル コンピューティング エクスペリエンスとIT向けの統合管理の実現がその一因です。デスクトップ仮想化によってIT組織は、一元化されたインフラストラクチャリソースを効率的に管理し、必要なすべてのソフトウェアアップデートを共有の場所で実行できます。

AIの高速化

AIを高速化することで、社内外の運用を最適化し、組織がより良い意志決定を行えるよう支援し、従業員が他のさまざまなメリットの中でより創造的で価値の高い仕事を生み出せるようにします。

日経BPガバメントテクノロジー 2020年秋号
自治体ITシステム満足度調査 2020-2021
PCサーバー部門1位

[調査概要]

「日経BPガバメントテクノロジー自治体ITシステム満足度調査」は、日経コンピュータ誌が企画・実施した「顧客満足度調査」(対象は民間企業を含む1万2356社・団体の情報システム部門)のうち、官公庁・自治体の計202団体からの回答を集計したもの(調査票発送数は1630団体)。

日経コンピュータ 2020年9月3日号
顧客満足度調査 2020-2021
PCサーバー部門1位

[調査概要]

顧客満足度調査 2020-2021は、企業向けIT関連製品やサービス 全24部門における ITベンダーに関する満足度を、CIO(最高情報責任者)や情報システム部長といった製品・サービス導入の責任者が評価するものです(日経 BP「日経コンピュータ」が企画・実施)。