おすすめ
サーバー市場を大きく変えつつあるシングルソケットサーバー
サーバー市場を大きく変えつつあるシングルソケットサーバー
シングルサーバーソケットを搭載したラック最適化サーバーは、2ソケットサーバーと同等のパフォーマンスを発揮し、マザーボードのコンポーネントを無駄にしません。中規模のIT組織やサービスプロバイダーに最適なラックマウント型サーバーの詳細をご覧ください。
詳細はこちら

ラック最適化サーバーの標準

多様なワークロードに対応し、単一インフラストラクチャ管理ソリューションによる管理が可能な、高い汎用性と耐障害性を備えたソフトウェア デファインド サーバーファミリから選択していただけます。すべてのProLiantラックマウント型およびタワー型サーバーの詳細については、ファミリガイドをご覧ください。

+ もっと見る

イノベーション
ラックマウント型サーバーの新機能
ラックマウント型サーバーの新機能
1Pのコストで2Pのパフォーマンスを実現
ソフトウェア デファインドDLソリューション
AI主導の運用
EPYCの高速化
2Pの価値あるラックマウント型製品
コンポーザビリティでラック環境を最新化
1Pのコストで2Pのパフォーマンスを実現
1Pのコストで2Pのパフォーマンスを実現

このほどProLiantポートフォリオに、新製品のHPE ProLiant DL325 Gen10が追加されました。このシングルソケットのAMD EPYCベースサーバー(英語)は、プロセッサー、メモリ、およびI/Oの卓越したバランスを実現し、仮想化ワークロードやデータ量の多いワークロードをサポートします。

詳細はこちら
ソフトウェア デファインドDLソリューション
ソフトウェア デファインドDLソリューション

HPE OneViewでは、プログラム的なアプローチでインフラストラクチャを管理することが可能です。サーバー、ストレージ、およびネットワーキングをソフトウェア デファインド インフラストラクチャに移行すれば、複雑な手動のプロセスを排除してITコラボレーションを促進し、ITサービスデリバリを拡大することができます。

HPE OneViewとは
AI主導の運用
AI主導の運用

HPE ProLiant、Apollo、およびSynergyサーバーでHPE InfoSightを使用すれば、シンプルなAI主導型のハイブリッドクラウド運用を実現できます。システム、パフォーマンス、容量使用率に関する詳細情報をグローバルに可視化する機能に加え、データの予測分析機能を活用することができます。

HPE InfoSightに関するプレスリリースを読む
EPYCの高速化
EPYCの高速化

コア数が多くメモリ容量の大きいAMD EPYC™プロセッサーを活用して、サーバー仮想化の新たな公式を生み出します。HPEはAMD EPYCプロセッサーベースのHPE ProLiant DL385 Gen10サーバーの提供を開始します。サインアップして最新情報の詳細をご覧ください。

詳細はこちら
2Pの価値あるラックマウント型製品
2Pの価値あるラックマウント型製品

運用コストを抑えつつ、オンプレミスとハイブリッドクラウドのワークロードをサポートできる高い信頼性を備えた、迅速でセキュアな基盤を構築する必要に迫られていませんか。HPE ProLiant DL160およびDL180 Gen10は、ProLiantが持つ高いパフォーマンスを積極的な価格で実現したサーバーです。

ラックマウント型サーバーのツアーを見る
コンポーザビリティでラック環境を最新化
コンポーザビリティでラック環境を最新化

仮想化、コンテナー化、ベアメタルなど、あらゆるワークロードの展開、拡張、および管理が自動化されます。

HPEコンポーザブルラックはこちら

HPE ProLiant DL製品

さまざまなニーズに対応するDLサーバーの詳細については、ファミリガイドをダウンロードしてご覧ください。

お客様導入事例
株式会社 日本イトミック 様のロゴ

業務用電気給湯機器大手の日本イトミックが、設計開発から生産、保守に至る全社プロセスの変革を推進

株式会社 日本イトミック 様

課題

新製品の設計開発、2,320品目を超える既存製品の改良やカスタマイズにかかる業務の改善。

解決方法

最新の3D CAD/CAE/PDM(製品データ管理)ソリューション、HPE ProLiant DL380 Gen10サーバーを採用し、設計開発部門の業務改善から、製品データの共有とシステム連携、全社プロセスの変革を実現しました。

"技術継承の仕組みを再構築できるのは、今しかないと言う判断をし、このプロジェクトを進めてきました。生産管理部門にはリードタイム短縮、開発部門には正確な情報共有と開発スピードの向上などが期待できるでしょう"

株式会社 日本イトミック 技術本部 開発部 兼 生産管理部 部長
結城 孝典 氏

結果

・最新の製品データや製品リリース時点の構成を正しく管理・共有することで、手戻りのない設計開発が可能に

・多品種の製品群に対応するための設計開発プロセスの高効率化・スピード化を推進

・生産管理、購買、保守部門との部品データの共有を進め全社のプロセスの変革に着手

・HPE ProLiant DL380 Gen10サーバーのハードウェア主導のセキュリティがインフラの安全性を強化

関連するお客様事例