設置面積が少ない高密度サーバー

高密度スケールアウトサーバーシリーズは、電力、冷却、スペースなどのOPEXを節減すると同時に、システムパフォーマンスを向上させるよう進化しました。向上した処理性能をご活用ください。高速プロビジョニングでスケールアップもスケールアウトも、より簡単に実行することができます。設置面積、TCO、サーバーの無秩序な増加を最小限に抑えます。

+ もっと見る

要求の厳しいコンピューティング向けに設計された高密度サーバー

ビジネスのニーズが膨大なデータでも特定のアプリケーションでも、HPEの高密度サーバーは対応できます。

イノベーション
ワークロードに最適化されたインフラストラクチャの統合

HPEのサーバー管理サービス、トランスフォーメーションサービス、ファイナンシャルサービスを利用してプロセスを合理化します。

ワークロードに最適化されたインフラストラクチャの統合

HPEのサーバー管理サービス、トランスフォーメーションサービス、ファイナンシャルサービスを利用してプロセスを合理化します。

サーバー管理
トランスフォーメーションサービス
ファイナンシャルサービス
サーバー管理
サーバー管理

ソフトウェアを活用して、サービス提供までの時間を短縮し、サービスの価値と品質を向上できます。

詳細はこちら
トランスフォーメーションサービス
トランスフォーメーションサービス

HPEのサービスで、クラウド、セキュリティ、モビリティ、ビッグデータ分析に対応できるよう社内の環境を最適化できます。

詳細はこちら
ファイナンシャルサービス
ファイナンシャルサービス

財政的な計画と柔軟な所有オプションですぐに拡張可能です。

詳細はこちら

高密度サーバーのポートフォリオ

ワークロードに最適化されたサーバーシステムです。

お客様導入事例
大同特殊鋼株式会社 様

大同特殊鋼 技術開発研究所が、機械学習を活用したマテリアルズインフォマティクスを推進

大同特殊鋼株式会社 様

課題

特殊鋼や磁性材料などを対象にしたマテリアルズインフォマティクスの推進。高機能化するマテリアル開発プロセスのスピード化、検査精度の均質化による歩留まりの向上を目指す。

解決方法

統合的なディープラーニングモデル開発環境を構築。コンテナ技術によりセットアップやGPUリソース割り当てを容易にし、研究員の負荷を低減して自身の開発テーマへ注力可能にする。

"組織評価は、製品化されたときの強度や性能を決める極めて重要な工程です。人手に頼った組織評価は、高性能化が進む新素材開発のボトルネックになりかねません。だからこそ、ディープラーニングを適用することに大きな意義があるわけです"

―大同特殊鋼株式会社 技術開発研究所 副所長(プロセス研究担当) 鈴木 寿穂 氏

結果

  • 試作・検証プロセスを高効率化し、高機能マテリアル開発のスピード化・短期間化に寄与
  • 研究者の経験と知見に頼っていた検査をディープラーニングモデルにより均質化
  • 技術開発研究所の中からデータサイエンティストを育成
  • 生産現場でのデータ収集(IoT)、ディープラーニングモデルの開発、エッジでの推論処理、データレイクの活用までを含む最適化構想をHPE Pointnextとともに検討開始