Intelligent Management Software

HP Intelligent Management Center (IMC) Basic WLAN Manager Software Platformは、統合されたリソースとデバイスを管理するためのネットワーク管理ソフトウェアツールです。1つの画面でネットワークインフラストラクチャを表示可能で、小規模ネットワーク環境の中小規模のビジネス向けに設計されています。 無線ネットワーク管理機能を既存の有線ネットワーク管理システムに追加することで、有線/無線ネットワークの一元管理を実現します。HP製のデバイスとサードパーティ製のデバイスのどちらも管理でき、固定デバイスの制限は50ノードとなっています。

最新情報

  • HP製およびサードパーティ製のワイヤレスデバイスの両方を包括したワイヤード/ワイヤレスデバイスのサポート。
  • カスタマイズ可能、定期的で柔軟なレポート作成。
  • VXLANのサポート。
  • 新しいデスクトップUIを使用する、新しくなったインターフェイス。APIの拡張機能。

機能

ネットワークをシンプルかつコスト効率よく一元管理

HP Intelligent Management Center (IMC) Basic WLAN Software Platformは、無線LANの障害管理、設定、および中央からのネットワーク監視を統合します。また、サードパーティ製のデバイスもサポートしています。

Intelligent Management Center Basic WLAN Softwareにより、有線と無線の異機種の小規模ネットワークで簡素で容易な管理が実現します。

メンテナンス頻度が低くなるため、総所有コスト (TCO) が削減できます。

このソフトウェアプラットフォームでは、固定デバイスが50ノードに制限されています。また、IMC Wireless Services Managerの50ノードライセンスが付属しています。

ネットワーク管理向上のためのレポート活用

HP Intelligent Management Center Basic WLAN Software Platformには、無線ネットワークのトレンド分析とキャパシティプランニングに必要な情報を提供できる、柔軟で集約的なレポート機能があります。オプションのカスタマイズ機能により、パラメーターを定義できます。

ネットワーク、デバイス、およびIMCソフトウェアのオプションにより、情報の収集、生成、およびアーカイブが可能です。適切なHPネットワークサポートまたは販売担当者に送信する機能を備えているので、簡単な手順でサポートを受けることが可能。

統合されたsFlowトラフィック分析は、対応デバイスからのフロー情報を収集して、ボトルネックの特定、変則的なトラフィックの削減、および異なるサービスとアプリケーションに関するさまざまなレベルの帯域幅トラフィックの測定を実現します。

無線デバイスの状態、アラームの統計、およびAccess Point (AP) トラフィックの監視のために、TopN、トレンド分析、サマリーデータ、およびグラフの表示によってパフォーマンスを監視します。

アクセスポイントを簡単に管理および制御

HP Intelligent Management Center Basic WLAN Software Platformでは、接続の問題をトラブルシューティングするために、無線クライアントの接続履歴を追跡し、APからクライアント、およびクライアントからAPの接続状況を表示できます。

HP MSMシリーズのWLANデバイスをサポートしています。これには、コントローラー、快適なAP、遅鈍なAP、および関連する詳細な情報が含まれます。また、サービスとその使用状況について、高レベル、深い内容の状態を隅々まで詳細に把握できます。

APでのWLANのlogical viewとphysical viewをリアルタイムで表示します。これにより、デバイスの位置を迅速に特定できます。

接続の問題をトラブルシューティングするためにクライアントの接続履歴を追跡します。また、ネットワーク最適化のために、トラフィック、無線、およびAPの統計情報に関するWLANのレポートを表示します。