HPE Intelligent Management Center (IMC) Basic Software Platformは、統合されたリソースとデバイスを管理するためのネットワーク管理ソフトウェアツールです。これにより、総所有コストが削減できます。 このプラットフォームは、1つの画面でネットワークインフラストラクチャを表示でき、小規模ネットワーク環境の中小規模のビジネス向けに設計されています。 また、トレンド分析とキャパシティプランニングに必要な情報が提供されます。 HPE製のデバイスとサードパーティ製のデバイスのどちらも管理でき、固定デバイスの制限は50ノードとなっています。

最新情報

  • HPE製品およびサードパーティ製デバイスを包括してサポート。
  • 最大50 ノードの固定デバイスライセンスをサポート。
  • VXLANのサポート。
  • 詳細なパフォーマンス監視と、柔軟なレポート作成。
  • 詳細かつ要約されたパフォーマンス監視データ。

機能

小規模ネットワークの包括的管理

HPE Intelligent Management Center Basic Software Platformは、小規模なネットワーク環境の小規模ビジネスのお客様を対象としており、障害の管理、設定、および中央からのネットワーク監視を統合します。また、サードパーティ製のデバイスもサポートしています。

ライセンスサポートの対象は、最大50の管理対象デバイスとなっております。

簡素かつ容易に、中央から小規模なネットワークを管理できます。

メンテナンス頻度が低くなるため、総所有コスト (TCO) が削減できます。

ネットワーク管理向上のためのデータ活用

HPE IMC (Intelligent Management Center) Basic Software Platformには、ネットワークのトレンド分析とキャパシティプランニングに必要な情報を提供するための柔軟で集約的なレポート機能があります。 オプションのカスタマイズ機能により、パラメーターを定義できます。

統合されたsFlowトラフィック分析は、対応デバイスからのフロー情報を収集して、ボトルネックの特定、変則的なトラフィックの認識、および異なるサービスとアプリケーションに関するさまざまなレベルのトラフィック帯域幅の測定を実現します。

アラームの統計、およびAPトラフィックの監視のために、TopN、トレンド分析、サマリーデータ、およびグラフの表示によってパフォーマンスを監視します。