IceWall Federation基本情報

ソリューション概要

IceWall Federation/ IceWall Federation Agentは、パブリッククラウドやプライベートクラウド環境との認証連携(フェデレーション)により、シングルサインオンを実現します。
IceWall Federationについては、IceWall SSO 10.0のご購入により、無料でご使用いただけます。
IceWall Federation Agentについては、別途ご購入が必要です。

IceWall Federationとは

IceWall Federationとは認証連携(フェデレーション)テクノロジーにおける「IdP機能」を提供するソリューションです。
接続実績については以下ページをご覧ください。

安心・迅速な環境構築を支援する「接続保証」

認証連携(フェデレーション)機能を提供する製品の多くは、SAML等の「標準仕様に対応」していますが、各サービスとの連携確認/検証はユーザー任せという製品も 少なくありません。IceWall Federationは各仕様ではなく、実際の各サービスとの接続検証を行っているため、安心・迅速な環境構築が可能です。

一般的な認証連携(フェデレーション)
機能提供製品
IceWall Federation
導入時 特定の対象サービス(SP)のインタフェースに合わせ、SAML等、適用する標準仕様の詳細を理解し、自身で設定・接続検証をする必要があります。 日本ヒューレット・パッカードにて適切な標準仕様を用い、各サービス(SP) 単位での接続検証をしているため、安心かつ 迅速に環境構築を行うことができます。
運用時 万が一、本番運用において障害が発生した場合、個々の標準仕様におけるエラーは、自身で解析してから各社製品窓口に問い合わせる必要があります。 接続検証された対象サービス(SP)との連携において障害が発生した場合、日本ヒューレット・パッカードから問題解決のためのサポートを受けることができます。

IceWall Federation 基本構成

IceWall Federationを利用してIdPサイトを構築する際の基本的な構成です。
※IceWall FederationをIceWall SSOと同一サーバー上で稼働させることも可能です。

IceWall Federation Agentとは

IceWall Federation Agentとは認証連携(フェデレーション)テクノロジーにおける「SP機能」を提供するソリューションです。
Webサーバーを容易にSP化させるためのエージェント機能を提供します。
※ 本モジュールをインストールしたアプリケーションはSAML SP(Service Provider)になります。
※ 連携可能なIdPで認証したユーザーに対してセッションを発行し、IceWall Federation Agentを導入したアプリケーションへのアクセスを許可します。

IceWall Federation Agent 基本構成例

SPでユーザー情報は保持せず、IdPから送られる認証結果やユーザー情報をもとにアプリケーションを利用する場合の基本構成例です。

IceWall Federation Agent 応用構成例

SPでもユーザー情報を保持し、IdPから受け取る認証結果とは別に、SP側で管理されたユーザー情報を使用してアプリケーションを利用する場合の応用構成例です。
※ この応用構成例のケースでは、SP側に「IceWall Federation Agent」以外に 別途「IceWall MCRP」及び「IceWall SSOユーザーライセンス」が必要です。