おすすめ
次世代のブレードとは
次世代のブレードとは
HPE BladeSystemからHPE Synergyに移行することで得られる多くのメリットについて、この「誰でもわかる」ガイドで詳細をご確認ください。
「誰でもわかる」Synergy への移行ガイドを読む
おすすめ
次世代のブレードとは
次世代のブレードとは
HPE BladeSystemからHPE Synergyに移行することで得られる多くのメリットについて、この「誰でもわかる」ガイドで詳細をご確認ください。
「誰でもわかる」Synergy への移行ガイドを読む
おすすめ
次世代のブレードとは
次世代のブレードとは
HPE BladeSystemからHPE Synergyに移行することで得られる多くのメリットについて、この「誰でもわかる」ガイドで詳細をご確認ください。
「誰でもわかる」Synergy への移行ガイドを読む

仮想化環境に最適化

デジタルトランスフォーメーションには、新たなビジネス課題やアプリケーションに対応する迅速なデータ処理が不可欠です。このため、従来型のワークロードやハイブリッドITのワークロードに合わせてインフラストラクチャを最適化しつつ、コスト、柔軟性、シンプルな運用を維持することが必要となります。HPE BladeSystemでは、レガシーインフラストラクチャを変革し、ビジネスパフォーマンスを拡大しながら、同時にコストを最適化することが可能です。HPE OneViewを搭載したBladeSystemが、コンポーザブル環境への移行を後押しします。 

+ 表示件数を増やす

HPE OneView

HPE OneViewでは、効率的なワークフロー自動化機能、先進的なダッシュボード、および包括的なパートナーエコシステムを活用して、ソフトウェア デファインドのプログラム的なアプローチでインフラストラクチャを管理することが可能です。

イノベーション
オンプレミスインフラストラクチャの変革

最新のイノベーションでパフォーマンスを向上させてITの経済性に変革をもたらすHPE BladeSystemポートフォリオの仕組みをご確認ください。

オンプレミスインフラストラクチャの変革

最新のイノベーションでパフォーマンスを向上させてITの経済性に変革をもたらすHPE BladeSystemポートフォリオの仕組みをご確認ください。

VDIの卓越したユーザーエクスペリエンスを提供
ライセンスコストを削減
コンポーザブルへの移行を後押し
VDIの卓越したユーザーエクスペリエンスを提供
VDIの卓越したユーザーエクスペリエンスを提供

仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) のユーザー数が増加する中、ブレードベースのインフラストラクチャを構築することで企業にどのようなメリットがもたらされ、TCOの低減や生産性の向上を実現できるのかをご確認ください。

Forrester社のレポートを読む(英語)
ライセンスコストを削減
ライセンスコストを削減

Principled Technologies社のレポートで、ソフトウェアライセンスのサポートコストを削減する方法をご確認ください。

Principled Technologies社のレポートを読む(英語)
コンポーザブルへの移行を後押し
コンポーザブルへの移行を後押し

HPE BladeSystemとHPE OneViewは、新しいアプリケーションの展開を迅速化すると同時に管理を簡素化しやすくすることでコンポーザブルな環境への移行を後押しします。

インフォグラフィックを読む(英語)

HPE BladeSystemのポートフォリオ

最新の製品を導入すれば、1つのインフラストラクチャと管理プラットフォームでパフォーマンスを向上させてサービスのデリバリに必要な時間を短縮し、ITの経済性に変革をもたらすことができます。

成功事例

EspriaがHPE BladeSystemからHPE Synergyに移行したことにより大幅な削減に成功

将来を見据えたインフラストラクチャを構築する必要に迫られていたEspriaは、HPE Synergyを活用することにより、infrastructure as codeとして管理し、あらゆるワークロードに合わせてITリソースを迅速に展開できるようになりました。

課題

急を要しないやり取りを医療環境から排除し、ユーザーに密接した医療サービスを地域に届ける。

解決方法

Espriaのデータセンターのセキュリティを確保しながら従来型のアプリケーションとクラウドアプリケーションを連携させ、infrastructure as codeとして管理できるコンポーザブルインフラストラクチャ。

「HPE Synergyを導入したことでライセンスコストが50%削減されました。また、必要なプロセッサーの数が半分になっただけでなく、パフォーマンスが2倍に向上しました」

Esperia ITアーキテクチャー責任者、Jeroen Ensink氏

結果

Espriaは、ライセンスコストと必要なプロセッサーの数をそれぞれ50%削減し、パフォーマンスを200%向上させることに成功しました。また、インフラストラクチャの管理に必要な時間が減ったことにより、付加価値の高いサービスに注力できるようになりました。

ソリューションの詳細
関連するお客様事例

1. 『統合と仮想化のコストの削減』、HPE、a0000529ENW.pdf
2. 『HPE BladeSystemのビジネス価値』、Document #28762 © November 2015 IDC
3.  IDCホワイトペーパー (HPE後援)、『SDDC向けのHPEコンバージドインフラストラクチャソリューションによる組織の変革』、2014年1月、IDC #246385