統合システム

コンピュート、ストレージ、ネットワーク、およびソフトウェアを完全に統合した、ワークロード最適化システム。

多数のデータセンターを1つに

クラウドの同時運用、ビッグデータイニシアチブ、クライアント仮想化、およびITaaSにより、従来のデータセンターの動作が大幅に低下する可能性があります。多くのデータセンターでは、システムの統合に予算の40%が投入されており、 パッチ適用、サポート、およびメンテナンスコストが、ROIの向上を困難にしています。

しかし、こうした問題は、 今日の非常に重要なワークロードに最適化され、 コンピューティング、ストレージ、ネットワーク機器、およびソフトウェアが1つになった、 すべてが事前にテスト/検証済みの、 Hewlett Packard Enterpriseのみが提供する、完全統合型のコンバージドシステムで解決できます。

高速

開発期間がゼロになり、数ヶ月ではなく数週間でインフラ配備が完了します。さらに、数分でプロビジョニングし、シームレスに拡大します。

96%

構成に必要な時間の短縮¹

シンプルかつ効率的

お客様のデータセンターとワークロードに合わせてセットアップされ、ライフサイクル管理およびIT自動化機能が組み込まれたシステムが提供されます。HPE ConvergedSystem 700は次のメリットを提供します。

315%

ROIの向上²

ワークロード最適化

すべてのワークロードをスムーズかつ効率的に実行する、1つの管理プラットフォームを持つ1つのインフラストラクチャ。HPE OneViewは、ワークロード全体にわたる非常に優れた構造と運用効率性を実現します。

40%

ITスタッフの作業時間の短縮³

市場の注目を集める革新的ソリューション

ビジネスに大きな変化をもたらすSimpliVity社の買収により、HPEは業界唯一となるエンタープライズ専用ハイパーコンバージドソリューションの提供を開始します。

コンバージドからコンポーザブルへ

コンバージドからコンポーザブルへ

コンバージドおよびハイパーコンバージドインフラストラクチャとコンポーザブル・インフラストラクチャの違いは何でしょうか。 

データセンターには、さらなる管理の簡素化、効率性の向上、およびアプリケーションと運用の両方の最適化が必要です。これには、配備を迅速化し、全体がビジネスニーズに合わせて設計されたインフラストラクチャを実装し、ソフトウェアベースの導入を進める必要があります。適切なインフラストラクチャの選択は最重要事項であり、さまざまなアプローチが存在します。

コンバージドシステムは、管理が容易で、統合されており、拡張性に優れ、通常、特定のワークロード専用に設計されています。ハイパーコンバージドシステムも管理が容易で、拡張性に優れていますが、仮想化ワークロード向けに設計されています。ただし、コンバージドとハイパーコンバージドは、どちらも固定されたシステムです。コンポーザブルシステムも管理が容易ですが、動的であり、インフラストラクチャリソースの流動的なプールを柔軟に運用して、あらゆるワークロードSLAに対応することができます。

HPEがGartner社マジッククアドラント統合システム部門でリーダーの評価を獲得

2016年のマジッククアドラント統合システム部門では、Gartner社の市場観として、エンドユーザーの将来のニーズに対応する革新的なテクノロジーまたはアプローチが重視されています。

動的なITインフラストラクチャに関するESGレポートのビデオ

お問い合わせ

HPEの統合システムに関して疑問点があるお客様、または支援を必要とするお客様にサポートを提供いたします。

各種資料

カタログ : サーバーカタログ:サーバー製品の日本語版カタログをPDFファイルでご提供しています。

HPE-resource-proliant-2x-md.jpg
カタログ

サーバーカタログ:サーバー製品の日本語版カタログをPDFファイルでご提供しています。

記事 : HPE Server Now:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

HPE-resource-servers-2x-md.jpg
記事

HPE Server Now:新製品発表、キャンペーン、お客様事例等の最新情報をいち早くご紹介しています。

記事 : ProLiant BL660c、DL560、DL120、Synergyおよびオプション新製品を発表

HPE-Resource2-2x-md
記事

ProLiant BL660c、DL560、DL120、Synergyおよびオプション新製品を発表

記事 : ハイパーコンバージド最前線: 《仮想マシンの自動販売機》HC380いよいよ登場

HPE-Resource3-2x-md
記事

ハイパーコンバージド最前線: 《仮想マシンの自動販売機》HC380いよいよ登場

お客様事例 : 日揮が、CAD環境をVDIに移行し次世代ビジネス基盤の構築を推進

HPE-resource5-2x-md
お客様事例

日揮が、CAD環境をVDIに移行し次世代ビジネス基盤の構築を推進

お客様事例 : パナソニックIS、セットアップ迅速化、運用負荷低減、サービス停止のない仕組みを構築

HPE-Resource5-2x-md
お客様事例

パナソニックIS、セットアップ迅速化、運用負荷低減、サービス停止のない仕組みを構築

記事 : 仮想化環境構築に最適化されたHPE ハイパーコンバージドシステム

HPE-Resource8-2x-md
記事

仮想化環境構築に最適化されたHPE ハイパーコンバージドシステム

記事 : ハイパーコンバージド製品の新モデル、HPE Hyper Converged 380を発表

HPE-Resource9-2x-md
記事

ハイパーコンバージド製品の新モデル、HPE Hyper Converged 380を発表

お客様事例 : IIJがSAP HANAに最適化されたConvergedSystem for SAP HANAを採用

HPE-resource9-2x-md.jpg
お客様事例

IIJがSAP HANAに最適化されたConvergedSystem for SAP HANAを採用

  • 1.
    Third-party analysis by ESG comparing the HPE ConvergedSystem 700 to do-it-yourself approach and composite alternative integrated system, conducted in October 2014.
  • 2.
    ESG White Paper: “Analyzing the Economic Value of HPE ConvergedSystem 700 for Virtualization in an Enterprise Environment,” December 2014.
  • 3.

    IDC White Paper: “The Business Value of HPE BladeSystem,” Novermber 2015.

  • 4

    Gartner does not endorse any vendor, product or service depicted in its research publications, and does not advise technology users to select only those vendors with the highest ratings or other designation. Gartner research publications consist of the opinions of Gartner's research organization and should not be construed as statements of fact. Gartner disclaims all warranties, expressed or implied, with respect to this research, including any warranties of merchantability or fitness for a particular purpose. GARTNER is a registered trademark and service mark of Gartner, Inc. and/or its affiliates in the U.S. and internationally, and is used herein with permission. All rights reserved.