HPE GreenLake for Networking

ネットワークを新しい方法で利用、展開、管理することで、革新的なビジネス成果を実現します。

HPE GreenLakeクラウドサービスを体験

HPE GreenLake無償試用版では、ガイドに従って、本番環境でのクラウドサービスを体験していただけます。

優先業務の最適な調整

すべてのハードウェア、ソフトウェア、サービスを単一の月単位のサブスクリプションにまとめることで、取得モデルをCAPEXからOPEXに変換できます。有線、無線、SD-WANのネットワークを迅速に展開し、重要なユースケースに対応できます。

as a serviceのアジリティを獲得

リースとは異なり、市場やビジネスの変化に対応してサブスクリプションを容易に調整できます。簡単な変更指示で新しいデバイスや場所を追加できます。

リスクを低減し、ROIを加速

デジタルインサイトとソリューションの専門知識を組み合わせることで、ネットワークセキュリティとユーザーエクスペリエンスを最適化します。自己管理またはサードパーティへのアウトソーシングにより、負担の大きいネットワーク管理タスクを軽減します。

お客様事例

Network as a Service (NaaS) 市場の動向

新しいテクノロジー、財務上の柔軟性、IT効率の向上に対するニーズの高まりによって、Network as a Service (NaaS) の導入が加速しています。世界のIT意思決定者が、従来の調達モデルではなくNaaSを選択した主な理由や、彼らが組織内でNaaSの予算を組み込み、支払いを行う方法などに関して、IDC社が実施した最近の調査結果をご覧ください。

NaaSは万能なソリューションではない

NaaSには多くの場合、月単位のサブスクリプション料金とサードパーティのマネージドサービスが付属していますが、選択肢が限定されて妥協を強いられるNaaSサービスを展開しないようにしてください。

適切なNaaSアプローチの選択

NaaSの調達モデルを決めることだけでなく、誰がネットワークを管理するか、ネットワーク管理ソフトウェアをどこに導入するかなど、他にも考慮すべき要因があり、最も重要なのは基盤となるネットワークインフラストラクチャが堅牢であることです。

ネットワークはビジネスクリティカルなリソースである

シニアエグゼクティブやビジネスオーナーにとって、ネットワークはイノベーションを促進し、新たな収益機会をもたらし、顧客を魅了し、生産性の高いハイブリッドワーク環境を提供するために不可欠です。NaaS戦略に関してITチームと密接に連携することで、ネットワークによって業務が阻害されるのではなく推進されるようにできます。

当社のお客様

次のステップ

さあ、始めましょう 購入オプションを検討したり、HPEのエキスパートを交えてビジネスニーズに最適なソリューションを特定したりすることもできます。

主な製品

エッジの連携

アプリケーション、ユーザー、デバイス、場所を問わず、あらゆる場所にあるデータに安全に接続して分析、活用できます。

HPE Aruba Networking Central

統合インフラストラクチャ、Edge-to-Cloudのセキュリティ、AIOpsをカバーする一元的な制御ネットワークの可視化と制御により、ネットワーク全体をセキュアに制御します。

Aruba EdgeConnect

クリティカルアプリケーションとプロセスに、適切なレベルの帯域幅とパフォーマンスを、エッジからクラウドまでの内蔵型セキュリティを含めて確保できます。

HPE GreenLake - セキュアなオープン型Edge-to-Cloudプラットフォーム

ハイブリッドクラウド運用モデルによって、あらゆるワークロードとデータにわたってソリューションを強化します。HPE GreenLakeは、お客様が求めるセキュリティ、可視性、管理の容易さを備えた、柔軟性と拡張性に優れたクラウド運用エクスペリエンスを提供します。