HPE Edge-to-Cloudトランスフォーメーションプログラム

ビジネス成果を最新の運用モデルで改善します。このモデルで、データが作成された場所に留まり、デジタル目標の達成につながるインテリジェンスに変換できます。

理想的なクラウド運用モデルへの変革

クラウド対応運用モデルを採用するため、組織としての能力と準備状況を評価する方法をご確認ください。識別されたトランスフォーメーション目標を満たす能力を短期で強化するために、HPEは成熟度ギャップを特定し、障害を見つけ、人材、プロセス、テクノロジーを準備する実行可能なロードマップを作成することを支援します。

クラウドの成熟度を評価する

HPE Edge-to-Cloud導入フレームワークの8つのドメインに照らし合わせて、組織の能力の成熟度を評価できます。ビジネス成果をサポートするために、望ましい成熟度レベルを達成するための実行可能なロードマップと実行可能なバックログを作成できます。

チームの調整

トランスフォーメーションビジネスオフィスは、部門横断型のガバナンスと意思決定の機関を設立し、トランスフォーメーションの取り組みを推進、維持し、目標の達成を加速させます。

トランスフォーメーションの実現

トランスフォーメーションロードマップを達成するうえで必要な機能とテクノロジーを有効にするパートナーシップには、エッジからクラウドへの戦略の定義、目標とする運用モデルの実行、ソリューションアーキテクチャーとテクノロジーソリューションの開発と実装、クリティカルアプリケーションやプラットフォームのモダナイゼーション、新しい現状運用パラダイムへのワークロードの移行などが含まれます。

お客様事例

ハイブリッドクラウド成功への確実な道

適切なガイダンス、詳細な計画、ベンチマークが手元にあり、エッジからクラウドまでをカバーするエキスパートが側にいれば、トランスフォーメーションジャーニーは成功にさらに近づきます。


企業にはそれぞれ独自のニーズがありますが、HPEではお客様に最適な形にモデルを構築しています。

アセスメント段階から運用段階への移行を成功させる3つの鍵

アセスメント段階から運用段階への移行は、変革の実現にあたって組織が直面する最大の課題の1つです。積極的に関与するスポンサーを見出し、強固な基盤を構築することで、組織は障害を取り除き、ハイブリッドクラウドビジネスオフィス運用の機運を高めることができます。

HPEが選ばれる理由

最新のクラウド運用モデルの採用を加速する、業界で認識された確立フレームワークを通じて、エンタープライズトランスフォーメーションの複雑さをガイドする、トップ5の理由をご確認ください。

次のステップ

エッジからクラウドまでをカバーするトランスフォーメーションジャーニーをHPEエキスパートと始めましょう。

サービスの関連情報はこちら

エッジの連携

エッジからクラウドに至るまで、データを制御して有効活用。

HPE Ezmeral Data Fabric

データ管理、ガバナンス、セキュリティを自動化する一元化されたプラットフォームで、分散型企業を可視化できます。エッジからクラウドまでのデータへのアクセス

HPE Edge-to-Cloud Adoption Framework

データファーストのトランスフォーメーションをシンプルなステップに分解し、データ駆動型組織への移行を加速させます。

HPE GreenLake - セキュアなオープン型Edge-to-Cloudプラットフォーム

ハイブリッドクラウド運用モデルによって、あらゆるワークロードとデータにわたってソリューションを強化します。HPE GreenLakeは、お客様が求めるセキュリティ、可視性、管理の容易さを備えた、柔軟性と拡張性に優れたクラウド運用エクスペリエンスを提供します。