HPE Transformation Services

Edge-to-Cloud Adoption Framework

HPE Transformation Services – Edge-to-Cloud導入フレームワークにより、運用モデルを進化させて、統一されたハイブリッドクラウドエクスペリエンスをお客様のすべてのワークロードにもたらし、デジタルトランスフォーメーションプログラムを加速するためのインサイトおよびコンテキストを提供します。

ハイブリッドクラウド導入フレームワークを利用して適切に実施する

実行可能なクラウドの導入、トランスフォーメーション戦略、およびロードマップを策定するための基盤としてハイブリッドクラウド導入フレームワークを利用することにより、トランスフォーメーションの成功で優位に立つことができます。

トランスフォーメーションに関する明確な目標の定義

ビジネス目標がデジタル化を導く要因だとすれば、運用モデルはそれを可能にするものである必要があります。お客様が優先事項に集中できるよう、クラウド導入フレームワークがお手伝いします。

行動計画の策定

トランスフォーメーション目標に向かう効果的な計画で、人員、プロセス、テクノロジーに必要となる成熟度の段階的レベルを特定します。

ガバナンスへの新しいアプローチの実施

健全なガバナンスとプロセスはすべてのクラウド運用の基礎です。クラウド導入フレームワークは、お客様のIT全体にクラウドエクスペリエンスを導入するために改善が必要な部分を特定します。

お客様事例

IDC MarketScapeの「ハイブリッドITコンサルティング/インテグレーションサービス」分野で、HPEがリーダーの評価を獲得

IDC MarketScapeは、HPEの「実績のある手法やIP、人材を活用しながら、顧客の要望に合わせてエンドツーエンドのハイブリッドおよびマルチクラウドソリューションを提供」する能力を評価しました。

サステナビリティトランスフォーメーションのための総合的なモデル

HPEのツール、ベストプラクティス、専門知識でITサステナビリティ戦略を加速し、HPE Servicesによって明確なビジョン、サステナビリティ指標のベースライン、コミュニケーション戦略、部門横断型のサステナビリティ監視チームを確立することができます。

複雑なトランスフォーメーションを細分化

HPE Edge-to-Cloud導入フレームワークを活用することで、お客様はトランスフォーメーションを確実に進めることができます。この導入フレームワークによって、最新のクラウド運用モデルの導入が加速され、ITとビジネスの現状を包括的に把握しながら計画を立てることができます。

IT部門がデジタル目標に応えるために

IT部門は、デジタルビジネス目標に後れを取らないようにする重圧を感じています。価値実現時間を短縮するには、運用モデル全体にわたる優先順位付けが必要になります。適切なアプローチと変化を推進するリーダーシップがあれば、想像以上の成果を得ることができます。

次のステップ

さあ、始めましょう 購入オプションを検討したり、HPEのエキスパートを交えてビジネスニーズに最適なソリューションを特定したりすることもできます。

導入フレームワークドメインを確認する

8つの機能ドメインで構成され、クラウド運用モデルを構成する人員、プロセス、テクノロジーをつなぐEdge-to-Cloud導入フレームワークは、お客様の現状の評価と、機能を向上させるための測定可能な次のステップの決定に役立ちます。

  • ストラテジ | 人員
  • オペレーション | セキュリティ
  • DevOps | イノベーション
  • データ | アプリケーション

その他の関連情報

データをインテリジェンスに変える

エッジからクラウドまで、データ管理を簡素化し、データの価値を引き出すとともに、データに隠されたインサイトを見つけ出すことができます。

HPE Services

計画から運用、またその後においても、HPEエキスパートはエッジからクラウドに至るまで変革を加速し、運用を最適化するとともに、IT投資を最大限活用できるようお手伝いします。

HPE Transformation Services

より効率的なハイブリッドクラウド運用モデルを構築。 

Edge-to-Cloudモダナイゼーションプログラム

正しい方法でデジタルトランスフォーメーションジャーニーを開始、完了し、クラウドプログラムを促進し、継続的な成功を実現します。