仮想マシンでIT運用を効率化

仮想インフラストラクチャでは、並外れたアジリティと柔軟性がDevOpsおよびデータサイエンティストに提供されます。このアプローチをオンプレミスのデータセンターに導入することによって、パブリッククラウドの請求書に驚くことがなくなり、非クラウドネイティブのワークロードにも仮想マシンのパワーがもたらされます。しかし、真のクラウドのような柔軟性とスピードを実現するために必要となるインフラストラクチャを手動でプロビジョニングするのは複雑になることがあり、通常は多額の資本投資が必要になります。

+ もっと見る
HPE GreenLakeのエクスペリエンス

データセンターの仮想容量を拡大することを検討しているお客様でも、仮想マシンへの初期移行を行うお客様でも、HPE GreenLakeは、仮想化された柔軟性、アジリティ、スピードをビジネスニーズ全体にサービスとして提供します。総所有コストが従来のハードウェア購入より30%削減されます。さらに、リソースの使用状況に対する極めて優れた可視化と制御がもたらされ、ニーズが進化したときに構成を拡張するためにお客様がHPEの担当者と協調して作業します。

大幅なコスト削減

総所有コストが削減され、コストがかかるオーバープロビジョニングが回避され、オンプレミスのハードウェアを管理するためのリソースのコストが削減されます。お客様のオンプレミスまたはコロケーションのデータセンター、リモートオフィス/ブランチオフィス (ROBO)、エッジロケーションにあるVMインフラストラクチャをHPEが所有および設置するため、先行資本投資は不要です。

支払いは利用分のみ

HPE GreenLakeは、オンプレミスの仮想化向けの従量制課金ソリューションを提供します。予約容量を超過した実際の使用量に応じた変動月額制であり、お客様に代わってHPEが使用状況を管理および測定します。そして、組み込みバッファー容量は、成長や想定外で需要の急増が発生した場合にいつでも利用できます。

構成が簡単で、消費も簡単

お客様独自の特注仮想化ソリューションをアセンブルすると、コストがかさみ、複雑になることがあります。お客様が必要とするインフラストラクチャを配備し、お客様のビジネス、VM、予算に合わせてカスタマイズします。標準化された仮想マシンパッケージにより、お客様に適正な構成を選ぶことが簡単になり、数日中にお客様の場所で立ち上げて稼働させることができます。

お客様のビジネスとワークロードに適した構成

仮想マシンは、さまざまなワークロードで、さまざまな方法で使用されます。ハイパーコンバージドではない汎用のソリューションで提供するのがお客様のニーズに最適であるか、ハイパーコンバージド環境を運用するか、仮想マシン環境でミッションクリティカルな冗長性が必要であるかにかかわらず、お客様のニーズに適合する事前構成済みオプションがあります。そして、ソリューションごとの複数階層により、お客様のビジネスおよび予算に適正な規模を簡単に選択できます。

提供内容

HPE GreenLakeは、モジュール方式のビルディングブロックをベースとする、仮想マシンインフラストラクチャ向けの複数の構成を提供しており、コスト重視型、バランス型、またはパフォーマンス重視型のオプションの中から最適なものをお選びいただけます。お客様は現場でリソースの注文、受け取り、実装を迅速に行い、需要に先立って容量を拡張できます。予約容量を超過した使用量の測定値に応じた変動月額制であり、HPE GreenLake Central管理コンソールを使用して、コストと使用量をほぼリアルタイムで透過的に可視化できます。

+ もっと見る
汎用VM

HPE GreenLakeの汎用VMでは、VMの規模に合わせてコスト最適化またはパフォーマンス最適化を提供できるように、VMwareまたはRed Hatのハイパーバイザーのいずれか、およびHPEのコンバージドシステムまたは業界標準システムのいずれかが使用されます。市場をリードするHPEの業界標準サーバーであるHPE ProLiantを選ぶこともできます。

ハイパーコンバージドVM

ハイパーコンバージドシステムの、かつてない効率、パフォーマンス、耐障害性、インテリジェンスによって、IT環境は劇的に簡素化されます。HPE GreenLakeには、管理が容易なソフトウェア デファインド プラットフォームを使用して、IT運用を効率化でき、データセンターを簡素化できる、HPE SimpliVityとNutanixのオプションがあります。

エンタープライズ対応VM

HPE Synergyコンポーザブルシステムと、HPE PrimeraまたはNimble storageのいずれかを使用して、規模に合わせて専用設計されている選択肢により、パフォーマンスを注意深く管理し、ワークロードのニーズに応じてリソースを再構成し、お客様のニーズに合わせてスケーリングができます。

高容量で極めて複雑なニーズがあるエンタープライズユーザーには、ポイントアンドクリックのシンプルなさで並外れたDevOpsパフォーマンスを提供できる、HPEマネージドのオンプレミスのプライベートクラウドエクスペリエンスであるHPE GreenLake for Private Cloudが適しています。

「当社では10,000を超える仮想マシンのサービスをデリバリしています。このようなマルチテナント環境の稼働にはSynergyが適しています。管理するインフラストラクチャは共通でありながら、顧客ごとに分離した仮想マシンを簡単に構成できるからです」

 

Sopra Steria社のエンタープライズアーキテクト、Madjid Saeedi氏

アンドラプラデシュ州政府がHPEのコンポーザブルシステムで住民サービスを向上させることに成功

  

注目のリソース

ご興味をお持ちいただけましたら、以下の関連情報もぜひご覧ください。

+ もっと見る
HPE GreenLake for HPE SimpliVity

IT環境が劇的に簡素化されます。HPE SimpliVityハイパーコンバージド インフラストラクチャでは、AI主導型の運用とVM主導型管理、そしてそれらをシームレスにするためのモビリティ、データ保護、データ効率の保証が組み合わされています。

HPE GreenLake with Nutanix for Private Cloud

最新データセンターを強化するために専用設計されたインフラストラクチャを使用して、拡張性、可用性、および効率性に優れたクラウドサービスを提供します。ROBO環境、データベース管理、開発/テスト、ビッグデータ分析などを使用して、ビジネスクリティカルなワークロードをサポートします。

HPE GreenLake for HPE Nimble dHCI

HPE Nimble Storage dHCIを使用すると、仮想環境の管理が容易になり、高速なアプリケーションパフォーマンスを実現でき、アプリケーションの常時稼働およびリソース効率の最大化が可能になります。

動画を見る(英語)
HPEとNutanixのパートナーシップのバリュープロポジション

このHPE GreenLakeとNutanixの共同ソリューションでは、ワークロードをどこででも手頃な価格で実行できる柔軟性が提供されます。