公共部門における新しい現実への適応

公共部門の機関は、デジタルサービスを提供するうえで独特の課題に直面しています。資金面のプレッシャー、政治的な複雑さ、規制上の制約、人口規模と多様性がデジタルトランスフォーメーションの取り組みにおける課題となっています。重要なサービスを提供するためのスピードと耐障害性への要求は高まるばかりで、コロナ禍はそれを多少後押ししただけです。多くの場合、これには迅速な適応が必要となります。

HPE GreenLake Edge-to-Cloudプラットフォーム: 政府機関ITのデジタルトランスフォーメーションを実現

公共部門の組織は、今日そして不確実性に満ちた将来に必要とされる柔軟性、管理性、妥協のないデータセキュリティを維持しながら、需要に応じて拡張できるITを必要としています。HPE GreenLakeプラットフォームは、先行資本支出を不要にする従量制課金モデルにより、オンプレミスで実行する必要のあるアプリケーションやワークロードの制御を維持しながら、クラウドのアジリティとイノベーションをもたらします。ITの最新化を加速させ、コストを削減し、データの力を活用して運用し、市民にサービスを提供することができます。

オンプレミスのクラウドサービスでデータとワークロードを保護

HPE GreenLakeプラットフォームは、データ主権とセキュリティの要件に対応するのに役立つオンプレミスソリューションを提供します。また、オプションの包括的なコンプライアンス機能を利用して、リアルタイムのモニタリングと修正に関する推奨事項を提供することで、ガバナンス、管理、可視性を強化できます。

IT調達プロセスの合理化と簡素化

従量課金モデルの持つ資金面の柔軟性により、デジタルトランスフォーメーションの目標を達成しながらも、資本を有効活用することができます。事前に構成されたソリューションと自由に行えるスケールアップ/ダウンにより、すぐに必要な容量を素早く確保し、簡単な変更指示で後から追加することができます。

透明性の高い測定と請求でコストを予測

透明性が高く測定された使用量に基づく前払い価格と月額料金により、IT部門は運用と支出に対して可視性と予測可能性を確保し、集中管理を行うことができます。サービスの種類や場所などの指標に応じて設定されたコストが、直感的に使用可能な単一のセルフサービスプラットフォームから利用できます。

定型業務からITスタッフを解放

オンプレミスとパブリッククラウドの監視と管理の負担を減らすことで、チームをより生産性の高い作業に集中させることができます。ソリューションに組み込まれたサービスにより、お客様に代わってHPE GreenLake環境を管理します。また、サービスを追加して、IT資産を他の側面から管理することもできます。

使用事例
政府機関IT部門の効率性と耐障害性の向上を支援

国民の期待が進化する中、政府機関のIT部門はデジタル市民のニーズをサポートするための新しい方法を見つけなければなりません。業務は複雑であり、IT部門は限られたリソースで迅速に動く必要があります。成功を収めるためには、デジタルトランスフォーメーションが不可欠です。

政府機関IT部門の効率性と耐障害性の向上を支援

国民の期待が進化する中、政府機関のIT部門はデジタル市民のニーズをサポートするための新しい方法を見つけなければなりません。業務は複雑であり、IT部門は限られたリソースで迅速に動く必要があります。成功を収めるためには、デジタルトランスフォーメーションが不可欠です。

仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
AIとデータ管理
集中型IT運用モデル
仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)

現在、公共部門の職員の多くがリモートで仕事をしており、場所を問わず生産性を高めるためには、ITリソースへの安全なアクセスが必要となっています。HPE GreenLake for VDIは、さまざまなユーザーのニーズに合わせてカスタマイズされた、本質的にセキュアなオンプレミスオプションを提供します。

AIとデータ管理
AIとデータ管理

政府機関は膨大な量のデータを収集していますが、その保管、アクセス、処理、保護には課題があります。HPE GreenLakeクラウドサービスは、データを有益な情報に変換するのに必要なアジリティ、拡張性、セキュリティ、効率を備えたソリューションを提供します。

集中型IT運用モデル
集中型IT運用モデル

各部門に個別にITを管理させると、管理が複雑でコストのかかるシステムが出来上がります。HPE GreenLakeプラットフォームにより、政府機関は、スケールメリットを活かしつつパフォーマンスを向上させる集中型IT運用モデルを確立できます。

RMIT大学は学生サービスデリバリを変革して、95,000人の学生を教室学習からオンライン学習に移行しています。