ローレンス・リバモア国立研究所

HPE、米国エネルギー省、国家核安全保障局 (NNSA)、ローレンス・リバモア国立研究所 (LLNL) で初となるエクサスケール スーパーコンピューターの構築に着手。

El Capitan

米国エネルギー省、国家核安全保障局 (NNSA)、ローレンス・リバモア国立研究所は、NNSA初のエクサスケール スーパーコンピューターの開発に向けてCray社との提携を発表しました。

+ もっと見る

最新情報

Cray社は、NNSAとLLNLの初のエクサスケール スーパーコンピューター「El Capitan」構築の契約を受注

Cray社は、国家核安全保障局 (NNSA) とローレンス・リバモア国立研究所 (LLNL) で初となるエクサスケール スーパーコンピューター構築の契約を受注しました。

最新情報

Cray社は、NNSAとLLNLの初のエクサスケール スーパーコンピューター「El Capitan」構築の契約を受注

Cray社は、国家核安全保障局 (NNSA) とローレンス・リバモア国立研究所 (LLNL) で初となるエクサスケール スーパーコンピューター構築の契約を受注しました。

El Capitan

世界最速のスーパーコンピューター

  • 2
    1秒間に200京回の演算が可能

    200京の速度とは? 2の後にゼロが18個続く速度です! 2,000,000,000,000,000,000

  • 2
    200京 =

    2エクサFLOPS = 2,000ペタFLOPS
    (2,000,000,000,000,000,000)

  • 7.7

    地球上の77億人全員が毎秒1回の計算を完了したとすると、El Capitanが1秒間でできることを実現するには8年以上の年月がかかります。

動画を見る(英語)
エクサスケールトランスフォーメーションをあらゆる規模の企業に展開

ハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) およびミッションクリティカルソリューション (MCS) 担当のHPEゼネラルマネージャであるPete Ungaroが、米国エネルギー省のスーパーコンピューター「El Capitan」を紹介し、このEl Capitanを世界最速レベルのものとするテクノロジーが、あらゆる規模やタイプの組織にとって、いかに重要であるかを説明しています。

数字で見るエクサスケールコンピューティング

エクサスケールコンピューティングにより、私たちの生活や働き方を大きく変える発見やイノベーションが可能になります。興味深い関連情報と統計データをご覧ください。