サーバーセキュリティ

おすすめ
「誰でもわかる®」ハイパーコンバージド インフラストラクチャ
「誰でもわかる®」ハイパーコンバージド インフラストラクチャ
強力なITは複雑なものであってはなりません。ハイパーコンバージェンスは、仮想化インフラストラクチャ全体とデータサービスを統合して強力なソリューションを生み出します。その詳細をご確認ください。
「誰でもわかる®」HCIガイドを入手

安心のセキュリティ・バイ・デザイン-サーバーセキュリティ

高度かつ包括的なセキュリティ管理でビジネスを保護します。

サーバーセキュリティとは

サーバーセキュリティとは、コンピュートサーバーを未許可アクセスやデータ漏洩などのセキュリティ問題に対して安全に保つために使用する、各種プロセスおよびツールを指します。サーバーは企業および個人にとって重要な情報を格納し、管理する、強力なコンピューターのようなものです。サーバーを保護することは、格納したデータのプライバシー、正確性、可用性を確保し、破損や不正使用を避けるために不可欠です。 

サーバーセキュリティの重要な要素を次に示します。 

• サーバーセキュリティとは、未許可アクセスやデータ漏洩からサーバーを保護し、安全に維持することです。 

• サーバーには、企業および個人にとって重要な情報が格納されます。 

• サーバーの保護とは、データプライバシー、正確性、可用性を確保することです。 

• サーバーセキュリティの重要な要素には、物理的セキュリティ、ネットワークセキュリティ、OSセキュリティも含まれます。 

• 暗号化により、機密データのセキュリティが確保されます。 

• 定期的な更新により、脆弱性対応パッチを適用できます。 

• 侵入検知と防止により、脅威となる事象を監視し、抑止できます。 

• ログモニタリングでは、異常なアクティビティを特定し修正につなげます。 

• バックアップ/リカバリにより、データロスを回避します。

 • 従業員のトレーニングにより、セキュリティのベストプラクティスを共有します。

サーバーセキュリティの重要性とは

サーバーセキュリティは最も重要な対策であり、その理由は以下のとおりです。

• データの保護: 機密性、完全性、可用性を確保し、未許可アクセスとデータ侵害を防止します。

• 事業継続性の維持: 障害、ダウンタイム、財務上の損失を回避します。

• 評価と信頼の維持: 顧客情報の保護を確約し、信頼を醸成します。

• 法規制の遵守: 個別の規制に適合し、罰則や法的効果を回避します。

• 未許可アクセスの防止: データの窃取、マルウェア、サービス停止攻撃などから防御します。

• 財務損失の軽減: 法的問題、補償、評判やビジネスへの影響によるコストを削減します。

• 知的財産の保護: 貴重な資産、企業秘密、イノベーションを保護します。

• 信頼性のある取引の支援: 機密性が必要なトランザクションとインタラクション向けのセキュアな環境を構築します。

サーバーセキュリティへの投資は、組織が、アセット、顧客、運用をセキュリティ脅威から保護するために不可欠です。

サーバー侵害の影響とは

サーバー侵害の影響を次に示します。

• データロスと機密情報の漏洩。

• 法的問題、補償、回復に対する支出による財務損失。

• 評判の低下と顧客と信頼の喪失。

• サービスの停止と運用のダウンタイム。

• 知的財産権の窃取と競争力の大幅な低下。

• 将来のサイバー攻撃に対する脆弱性の拡大。

• 株価と投資家の信頼感への影響の可能性。

• セキュリティ機能の修復と防止措置に対する費用の増加。

サーバー強化とは

サーバー強化とは、脆弱性を取り除き、潜在的な攻撃対象領域を最小化するために多様な措置を実装することで、サーバーのセキュリティとレジリエンスを高めるプロセスを指します。これには、潜在的な脅威に対する防御措置を強化するため、サーバーの設定、オペレーティングシステム、インストールされたソフトウェアを構成し最適化することが含まれます。

• サーバー強化には、脆弱性と脅威の最小化を目的としたサーバーの構成も含まれます。

• 各ステップに含まれる作業には、不要なサービスの無効化、セキュリティパッチの適用、強力な認証の使用があります。

• サーバー強化は、未許可アクセスとセキュリティ侵害に対する保護に役立ちます。

• サーバー強化の目標は、サーバー防御の強化と攻撃対象領域の削減です。

• これには、セキュリティベストプラクティスと業界標準の実践が含まれます。

• サーバー強化では、サーバー全体のレジリエンスを高め、リスクを軽減します。

• サーバー強化は、サーバーのリソースの機密性、完全性、可用性の確保に役立ちます。

• 定期的な更新とモニタリングは、継続的なサーバー強化に不可欠です。

• サーバー強化は、サーバーのセキュリティポスチャを強化するためのプロアクティブな措置です。

ネットワークセキュリティとは

ネットワークセキュリティとは、コンピューターネットワークを未許可アクセスや不正使用などのセキュリティ脅威から保護するために実装されたプラクティスおよび措置を指します。ここでは、ネットワークリソース、データ、通信サービスの完全性、機密性、可用性を保護するために、さまざまなテクノロジーやポリシー、手順が使用されます。

ネットワークセキュリティの重要な要素について次に示します。

• 侵入検知システムとネットワークセグメンテーションが含まれます。

• ネットワークセキュリティの目標は、未許可アクセス、データ侵害、障害の防止です。

• ネットワークの機密性、完全性、可用性を保護します。

• 暗号化とセキュア通信プロトコルにより、ネットワークセキュリティを強化します。

• 定期的なモニタリングと分析は、ネットワークの脅威を検出し、対応することに役に立ちます。

• ネットワークセキュリティは、機密情報を保護し、信頼を維持するために不可欠です。

• これには、セキュリティポリシー、アクセス制御、ユーザー認証の実装が含まれます。

• 継続的な更新と脆弱性評価は、効果的なネットワークセキュリティに不可欠です。

パッチ管理とは

パッチ管理とは、コンピューターシステムとアプリケーションに対する更新、修正、パッチを入手し、テストして、展開するプロセスを指し、セキュアで安定したIT環境を維持するために不可欠な要素です。パッチ管理は、ソフトウェアベンダーやデベロッパーがリリースするパッチを適用することにより、ソフトウェアにおける脆弱性、バグ、セキュリティ上の欠陥に対応することを目指します。

パッチ管理の重要なポイントについて次に示します。

• パッチ管理は、セキュリティ脆弱性、ソフトウェアバグ、パフォーマンス問題への対応に役立ちます。

• 既知の脆弱性をターゲットにした攻撃者による、悪用のリスクを軽減します。

• 最新のセキュリティパッチにより、システムとソフトウェアが最新の状態であることを保証します。

• パッチ管理は、ITインフラストラクチャの完全性、安定性、セキュリティの維持に役立ちます。

• セキュリティ侵害とデータロスの可能性を最小限に抑えます。

• 適切なパッチ管理には、展開前に、コントロールされた環境でのパッチテストが含まれます。

• ソフトウェアとシステムのセキュリティを確保するために体系的でプロアクティブなアプローチが必要です。

• 定期的なパッチ管理は、強力なサイバーセキュリティポスチャの維持に不可欠です。

認証と認可とは

• 認証とは、ユーザー、デバイス、システムのアイデンティティ (ID) を検証するプロセスです。

• 主要な目的は、認可された個人だけに特定のリソースやアクションへのアクセスを許可することです。

• 認証には、パスワード、生体認証、多要素認証 (MFA) などのさまざまな方式があります。

• 一方、認可には、特定リソースまたは機能へのアクセスの許可/拒否が含まれます。

• このプロセスは、認証された個人のIDと割り当て済み許可に基づいています。

• 認可は、システム内でのユーザーアクションとアクセスを基本的にコントロールします。

• 認可の共通メカニズムには、アクセス制御リスト (ACL) とロールベースのアクセス制御 (RBAC) があります。

• 認証と認可の両方が連動して、データおよびシステムへのセキュアで制御されたアクセスを保証します。

• 認証と認可は、セキュリティの基本コンポーネントとして、未許可アクセスやデータ侵害に対する保護を行います。

• 認証と認可の適切な実装は、機密情報の保護と許可のないアクションを防ぐために不可欠です。

暗号化とデータ保護とは

暗号化とデータ保護:

• 許可のないアクセスを防ぐため、コード (暗号化テキスト) に変換することでデータを暗号化します。

• これを実行することにより、データが奪われた場合でも、解読できないようになっています。

• データ保護とは、不正なアクセス、漏洩、変更に対してデータを保護することを指します。

• データ保護は、データ侵害の防止を目的とした、暗号化、アクセス制限、セキュリティ措置で構成されます。

• データ機密性と完全性は常に維持することが必須とされ、これには暗号化とデータ保護が必要です。これらは機密データをオンラインの危険から保護するために不可欠です。

• 暗号化を適切に実装することにより、保存状態においても転送中でも、データが保護されます。

• 機密データやプライベートデータでは、暗号化により、セキュリティのレベルが上がります。

• 効果的なデータ保護措置により、データ漏洩を防止しながら、データ侵害のリスクを低下させます。

侵入の検知と防止とは

侵入の検知と防止 (IDP) とは、ネットワークでの未許可アクセスや悪意のあるアクティビティを監視して、それらを防ぐ、セキュリティシステムです。

• これには、セキュリティ侵害の可能性を検出するため、ログとネットワークトラフィックを分析することが含まれます。

• 侵入防止 (IP): 検出された脅威の活動を阻止、軽減するために自動化されたアクションを実行します。

• IPは、検出後のダメージを防ぐため、悪意のあるアクティビティのトラフィックをブロックし、影響のある領域を切り離すことができます。

• IDシステムとIPシステムは、ともにサイバー攻撃や未許可アクセスからの保護に役に立ちます。

• 可能性がある脅威にすみやかに対応することで、ネットワークセキュリティ全体を強化します。

• これらのシステムは、セキュリティインシデントの早期検出とタイムリーな軽減策の実行に役に立ちます。

• IDとIPは総合的なサイバーセキュリティ ストラテジの重要なコンポーネントです。

• これらはファイアウォールやアクセス制御など他のセキュリティ措置を補います。

• 継続的なモニタリングと更新は、IDとIPが効果を発揮するために不可欠です。

セキュリティの監査とコンプライアンスとは

• セキュリティ監査では、セキュリティ制御とプラクティスの効果が評価、測定されます。

• セキュリティ監査により、組織のセキュリティポスチャで脆弱性、弱点、改善が必要な領域が特定されます。

• コンプライアンスとは、規制上の要件、業界標準、ベストプラクティスに適合していることを指します。

• セキュリティ監査により、該当する法令、規制および内部ポリシーに対するコンプライアンスが確実になります。

• これには、セキュリティポリシーのレビュー、リスク評価の実行、監査の実行が含まれます。

• コンプライアンスにより、セキュリティ措置を業界固有の要件に確実に適合させることができます。

• セキュリティ監査とコンプライアンスにより、強力なセキュリティポスチャを維持し、リスクを軽減することができます。

• 両者は機密データの保護をサポートし、セキュリティ侵害を防ぎます。

• 定期的な監査とコンプライアンス評価は、継続的なセキュリティの改善に不可欠です。

• 両者はともに、総合的なセキュリティ・リスクマネジメント ストラテジの重要なコンポーネントです。

物理的セキュリティとは

物理的セキュリティとは、物理アセットや設備、リソースを未許可アクセス、盗難、損壊などの物理的脅威から保護するために実装された措置とプラクティスを指します。これには、建物、設備、機密情報管理領域を保護するため、多様なセキュリティメカニズムを使用することが含まれます。物理的セキュリティの目的は、管理領域への許可のない入場を防ぎ、個人の安全を維持して、ビジネスオペレーションの継続性を確保することです。物理アセットのセキュリティを確保することにより、物理的被害のリスク、資産へのダメージを抑えます。これにより、全体の安全性を高め、貴重なリソースを保護します。

サーバーセキュリティのベストプラクティスとは

サーバーセキュリティのベストプラクティス:

• 最新のセキュリティパッチにより、ソフトウェアとオペレーティングシステムを最新の状態に保ちます。

• 強力な認証メカニズムを実装します。

• ユーザーのアクセス制御と許可を定期的にレビューして更新します。

• ネットワークへの攻撃から守るため、ファイアウォールと侵入検知/防止システムを活用します。

• 保存状態および転送中に機密データを暗号化します。

• 事業継続性を保証するために、バックアップおよびディザスタリカバリ計画を実行します。

• 定期的なセキュリティ監査と脆弱性評価を実施します。

• 従業員に対して、セキュリティ意識の向上とベストプラクティスに関するトレーニングを行います。

• 進化する脅威に対応するため、セキュリティポリシーと手順を定期的にレビューして更新します。

HPEとサーバーセキュリティ

HPEは、サーバーセキュリティを強化し、ビジネスに利益をもたらす、多様なソリューションと製品を提供します。

• HPEは、データを実行可能なインテリジェンスに変換する、企業を支援する製品とソリューションを提供します。

• HPE GreenLakeでは、ビジネスニーズに対応する、柔軟で、スケーラブルで、セキュアなITインフラストラクチャサービスを提供します。

• HPE ProLiantサーバーでは、サーバーインフラストラクチャ向けに信頼性のあるパフォーマンスとセキュリティを提供します。

• HPE Integrated Lights Out (iLO) では、リモートサーバー管理を実現し、セキュリティ措置を強化します。

 

HPEのソリューションと製品を活用することで、企業は、自社のサーバーセキュリティの強化、データの保護、サーバーインフラストラクチャの効果的な管理、セキュリティリスクの軽減、事業継続性の確保を実現できます。

次のサービスも提供しています。

• HPEのコンピュートセキュリティでは、コンピュートインフラストラクチャのセキュリティを保証することで、ビジネスの保護を支援できます。

• HPE ITセキュリティでは、多様なITセキュリティ脅威に対してビジネスを保護するためのソリューションを提供します。

• HPEデータセキュリティは、ビジネスデータのセキュリティ確保を支援し、機密性、完全性、可用性を保証します。