おすすめ
IDCレポート: 新しい分散型HCIアーキテクチャー
IDCレポート: 新しい分散型HCIアーキテクチャー
新しいサービスでは、HCIのシンプルな管理やNimble Storageテクノロジーのエンタープライズクラスの耐障害性とは完全に独立して、コンピューティングとストレージのリソースを顧客が柔軟にスケールできます。
IDCホワイトペーパーを読む
おすすめ
IDCレポート: 新しい分散型HCIアーキテクチャー
IDCレポート: 新しい分散型HCIアーキテクチャー
新しいサービスでは、HCIのシンプルな管理やNimble Storageテクノロジーのエンタープライズクラスの耐障害性とは完全に独立して、コンピューティングとストレージのリソースを顧客が柔軟にスケールできます。
IDCホワイトペーパーを読む

dHCIはハイパーコンバージドを次のレベルへ

HCIのシンプルさと優れた操作性すべてを、あらゆるアプリケーションで利用できます。HPE Nimble Storage dHCI (分散型HCI) は、コンピュートとストレージの独立したアーキテクチャで、ビジネスクリティカルなワークロードにより優れたハイパーコンバージドのエクスペリエンスを提供します。

+ もっと見る
as-a-Serviceとして利用できる、手間いらずのハイパーコンバージドの俊敏性。

HPE Nimble Storage dHCIは、アプリケーションの耐障害性の向上、卓越したパフォーマンス、投資に対する効率の向上を推進します。また、ビジネスクリティカルなアプリケーションや混合ワークロード向けにも利用でき、運用管理者がアジリティを向上させて市場投入までの時間を短縮することができます。

HPE GreenLakeでHPE Nimble Storage dHCIを利用できるようになり、as a serviceとして利用できる仮想マシンが提供されるようになったため、価値実現時間が短縮され、ITの管理が簡素化されます。

 

  • 10
    低レイテンシ

    あらゆるアプリケーションを高速化%3Ca%20href%3D%22%2Fcontent%2Fhpe%2Fcountry%2Fjp%2Fja%2Fcollaterals%2Fcollateral.a00058506.HPE-storage-substantiation-claim-substantiation.html%3Frpv%3Dcpf%26amp%3BparentPage%3D%2Fjp%2Fja%2Fproducts%2Fstorage%2Fnimble-storage-dhci%22%20data-analytics-uaid%3D%2242cd7238-88ba-4909-bf1b-db123e9dab1f%22%20data-analytics-assetgated%3D%22false%22%20data-analytics-action%3D%22resource-click%22%20data-analytics-pub-id%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-assetname%3D%22HPE%20storage%20substantiation%20claim%20substantiation%22%20data-analytics-assettype%3D%22claim%20substantiation%22%20data-analytics-assetid%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EHPE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%3C%2Fa%3E

  • 4
    耐障害性の向上

    チューニング不要で最高レベルの耐障害性%3Ca%20href%3D%22%2Fcontent%2Fhpe%2Fcountry%2Fjp%2Fja%2Fcollaterals%2Fcollateral.a00058506.HPE-storage-substantiation-claim-substantiation.html%3Frpv%3Dcpf%26amp%3BparentPage%3D%2Fjp%2Fja%2Fproducts%2Fstorage%2Fnimble-storage-dhci%22%20data-analytics-uaid%3D%2242cd7238-88ba-4909-bf1b-db123e9dab1f%22%20data-analytics-assetgated%3D%22false%22%20data-analytics-action%3D%22resource-click%22%20data-analytics-pub-id%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-assetname%3D%22HPE%20storage%20substantiation%20claim%20substantiation%22%20data-analytics-assettype%3D%22claim%20substantiation%22%20data-analytics-assetid%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EHPE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%3C%2Fa%3E

  • 5
    効率の向上

    必要なものだけを拡張し最適化%3Ca%20href%3D%22%2Fcontent%2Fhpe%2Fcountry%2Fjp%2Fja%2Fcollaterals%2Fcollateral.a00058506.HPE-storage-substantiation-claim-substantiation.html%3Frpv%3Dcpf%26amp%3BparentPage%3D%2Fjp%2Fja%2Fproducts%2Fstorage%2Fnimble-storage-dhci%22%20data-analytics-uaid%3D%2242cd7238-88ba-4909-bf1b-db123e9dab1f%22%20data-analytics-assetgated%3D%22false%22%20data-analytics-action%3D%22resource-click%22%20data-analytics-pub-id%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-assetname%3D%22HPE%20storage%20substantiation%20claim%20substantiation%22%20data-analytics-assettype%3D%22claim%20substantiation%22%20data-analytics-assetid%3D%22a00058506jpn%22%20data-analytics-region-id%3D%22footnote_tip%7Clink_click%22%3EHPE%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%81%AE%E5%AE%9F%E8%A8%BC%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%3C%2Fa%3E


ハイパーコンバージド インフラストラクチャ(HCI)関連 セミナー情報

【オンラインセミナー】HPE ハイパーコンバージド(HCI) はじめてセミナー

本セミナーは HPE のハイパーコンバージド製品のご紹介を行います。HPE SimpliVity は国内導入事例の紹介を通じた製品説明と、デモンストレーションを実施いたします。特に数TBのディスクを秒速でバックアップするデモは圧巻です。また、後半は、最近注目を集めている、新しいタイプのHCI、HPE Nimble Storage dHCIをご紹介をいたします。

開催日時:2022年8月31日(水)、9月28日(金)、10月26日(水)
スケジュール:【セミナー】14:00~15:45 【個別相談会】15:45~16:30

HCI 2.0を活用しているお客様のご紹介

HPE Nimble Storage dHCIは、インテリジェントかつシンプルで操作、最も要求の厳しいアプリケーションに対する耐障害性と柔軟な拡張性を備えています。この分散型アーキテクチャーをお客様がどのように活用しているかをご確認ください。

限界を打ち破る新たなアーキテクチャーを活用

インテリジェントでシンプル、要求の厳しいアプリケーションに対す耐障害性、柔軟な拡張性を備えた、新しいタイプのHCI、分散型HCIアーキテクチャーを活用できます。

+ もっと見る

極めてシンプルなエクスペリエンス

15分以内にセットアップが完了し、障害なく動作し続け、常時稼動のデータサービス、ストレージからVMまでの継続的な稼働状況モニタリングが提供されます。VMware vCenterでのVM中心の運用によってすべてが管理され、ワンクリックアップグレードで最新の状態が維持されます。HPE GreenLakeにより、このas a serviceのすべてのを活用できます。

卓越したパフォーマンスと耐障害性

HCIは俊敏性があり、操作性に優れていますが、アーキテクチャーに制限があるため、ビジネスクリティカルなアプリケーションに使用する場合はリスクを伴います。HPE Nimble Storage dHCIでは、レイテンシ1ミリ秒未満で、99.9999%の可用性を保証、組み込みのデータ保護が利用でき、パフォーマンスの低下なしで3台同時のドライブ障害に対応できます。これに匹敵するHCIは他にありません。

柔軟なスケーリングと無駄のなさ

コンピュートとストレージを独立してスケーリングできるアーキテクチャーにより比類のない優れた経済性というメリットが得られると同時に、最高レベルのデータ効率が保証されます。オーバープロビジョニングを解消し、ストレージコストを33~50%削減でき、双方向のデータモビリティとイーグレス料金不要により、パブリッククラウド間でアプリケーションとデータを拡張可能です。

HPE Nimble Storage dHCIの紹介動画を見る
クラウドエクスペリエンスのさらにその先へ

セルフサービスIT、自動化、シンプルさ、柔軟性というクラウドのすべての利点を活用しながら、耐障害性、パフォーマンス、効率を向上させることができます。柔軟で独立した拡張性を活用でき、HPE InfoSightの業界をリードするインテリジェンスに基づいて、自己管理型で自己最適化の運用を実現できます。HPE GreenLakeを通じてas-a-Serviceで提供されるHPE Nimble Storage dHCIにより、そのすべてを行うことができます。

ハイブリッドクラウドの可能性を引き出す

お客様の環境で真のハイブリッドエクスペリエンスをシームレスに可能にする企業向けクラウドデータサービスであるHPE Cloud Volumesを利用すると、オンプレミスとクラウドの両方の俊敏性とITリソースを最大限に向上できます。HPE Cloud Volumesでクラウド内のデータを即時に保護し、任意のクラウドのコンピュートにアクセスすることによって、データの価値を最大限に活用できます。

業界最先端のAIを活用

従来型HCIは、導入前と導入初日での導入とアプリケーションのセットアップは迅速ですが、導入2日目以降は、問題対応に追われないようにAI主導のインテリジェンスが必要になります。HPE Nimble Storage dHCIには、インフラストラクチャ向けおよび問題を診断して解決する予測分析向けの業界最先端のAIであるHPE InfoSightが組み込まれているため、問題対応に追わることはありません。

HPE Nimble Storage dHCIの基盤となるソリューションの詳細

IT部門は、HCIのエクスペリエンスをあらゆるアプリケーションに拡張したがるものです。dHCIはそれを可能にします。柔軟なスケーリングと比類のない効率だけでなく、一貫性のあるパフォーマンスとエンタープライズグレードの耐障害性 (どちらも維持するためのチューニングは不要) も備えた、HPE Nimble Storage dHCIはあらゆるアプリケーションに対応しています。

+ もっと見る
パフォーマンスの低下なし

HCIでのノード間の一貫性がない増大するレイテンシに対処するのではなく、dHCIでは大規模環境で1ミリ秒未満のレイテンシを実現しています。

圧倒的な耐障害性

HCIでは、1つのノードが失われると、データとアプリケーションの両方のへのアクセスが失われるリスクがあります。dHCIでは、そのようなことはありません。99.9999%のデータ可用性の保証により、従来型HCIでは匹敵できないような信頼性が実現されています。

柔軟性と無駄のなさ

HCIでは、リソースを常にアイドル状態にしておくという、柔軟さに欠けるスケーリングを余儀なくされるか、あるいはパフォーマンスまたは容量の専用ノードを購入してドライブを手動で割り当てることになります。これでは、何のためのHCIかわかりません。dHCIを使用すれば、リソースを無駄にすることはなく、お客様が望む方法でスケーリングできます。

ずっとチューニング不要

HCIでデータストレージを最適化するには、VMごとに有効容量とパフォーマンスのバランスを絶えずチューニングすることになります。それは、終わりのない、多くの時間を要する妥協の連続です。dHCIでは、データサービスは常時稼動であり、常時最適化されています。

最高レベルのデータ効率を保証

HPE Nimble Storage dHCIでは、競合する他のサービスと同じ (または少ない) 容量でより多くのデータを保存できることが保証されています。

迅速な立ち上げと最新状態の維持が容易に

自動検出とポリシー主導の自動化により、大規模なフルスタックのインフラストラクチャを15分未満で立ち上げることができます。その後は、ワンクリックアップグレードでシームレスにインフラストラクチャを最新の状態に保つことができます。

HPE Nimble Storage dHCIの基盤となるソリューション

業界唯一の仮想マシン向けのインテリジェントクラウドであるHPE Nimble Storage dHCIは、AI主導のインテリジェンスを搭載しており、業界をリードするサーバー、ストレージ、およびネットワーキングソリューションをベースとしています。

お客様導入事例
PetSure社のロゴ

アプリケーションをクラウドからオンプレミスに移行することにより、優れた経済性を達成

ペット保険市場の急速な増大に応じて、オーストラリアのPetSure社はHPE Nimble Storage dHCIを選定し、リモートワークへの迅速な移行を可能にしながら、将来を見据えた企業ITインフラストラクチャを構築しました。

課題

コロナ禍でのペット保有と里親希望の急増により、PetSure社はサービスデリバリを拡大しながら、従業員を仮想オフィス環境に移行する必要に迫られていました。

解決方法

PetSure社は、AWSからHPE Nimble Storage dHCIに切り替えて、予測不可能なワークロードボリュームをサポートし、コストを管理しながら、高速かつ信頼性に優れたリモートアクセスを提供しています。

「HPE Nimble Storage dHCIを使用することで、ビジネスモデルの変化、およびCOVID-19によりリモートで作業している400名を超える従業員を支援するために、優れたVDIソリューションを提供できるようになりました」

PetSure社、インフラストラクチャおよびサービス管理の責任者、Rob Collins氏

結果

HPE Nimble Storage dHCIを使用して、PetSure社はアプリケーションのプロビジョニングの50%高速化を達成し、VDIパフォーマンスを2倍に強化し、効率を70%向上させ、運用コストを50%削減しています。

HPE Nimble Storage dHCI 関連情報

HPE Nimble Storage dHCI テストドライブ

HPE Nimble Storage dHCIについてご自身の目で確かめてください。HCIのシンプルさと敏捷性に加えて、ビジネスクリティカルなアプリや混合ワークロードを強化するために必要な復元力、パフォーマンス、柔軟なスケールを体験してください。

HPE dHCIのよくあるご質問

HPE dHCIについて教えてください。
分散型ハイパーコンバージド インフラストラクチャ (dHCI) は、サーバーとストレージが分離されたタイプの新しいHCIです。コンピュートリソースとストレージリソースの割合を柔軟に制御し、プロビジョニングすることで、従来のHCIの枠を超え幅広いワークロードを稼働させることが可能です。これはHPE ProLiantサーバーとHPE Nimble Storageアレイを組み合わせたテクノロジーによって実現されます。
HPEのdHCIが選ばれる理由を教えてください。
HPEは、常識にとらわれずHCIを刷新しました。dHCIはあらゆるアプリケーションに対応するシンプルなHCIプラットフォームです。大規模な混合ワークロード向けに構築されたHPE Nimble Storage dHCIは、コンピュートとストレージを柔軟かつ個別に拡張できる機能と業界をリードするデータ効率でコストを削減します。アプリケーションの常時稼働とベストパフォーマンスを実現し、ITのアジリティを向上させます。管理は、VMを中心とした管理、AI主導の運用を容易に実現し、99.9999%のデータ可用性の保証と安定したレイテンシ(1ミリ秒未満)を特長としています。非常に要求の厳しいアプリケーションやワークロードに最適です。さらに、HPE Nimble Storage dHCIは、ハイブリッドクラウド全体のクラウドエクスペリエンスを高めることで、アジリティを最大化します。
HPEのdHCIを試用する方法を教えてください。
HPEのdHCIはこちらで試用できます。