場所を問わず、あらゆるワークロードを実行可能なマルチクラウドストレージ

本番環境のデータベースから仮想マシン、バックアップに至るまで、あらゆるワークロードをクラウドで実行し、データセンターと任意のクラウドプロバイダーとの間でシームレスにデータを移動する必要性が高まっています。クラウド向けに設計されたインテリジェントストレージでは、クラウドネイティブ用に再設計することなく、従来型のエンタープライズアプリケーションやビジネスアプリケーションを実行できます。

+ 表示件数を増やす

クラウド対応のデータセンタークラウドストレージ、マルチクラウドストレージ

HPEのクラウド対応のストレージソリューションには、AWS、AzureなどのクラウドネイティブAPIとのネイティブ統合が可能なストレージAPIを使用して構築された、オールフラッシュ、ハイブリッド、セカンダリ、およびバックアップアプライアンスが含まれており、ハイブリッドクラウドに関する課題を解決できます。

イノベーション
シンプルなマルチクラウドストレージを構成する要素
シンプルなマルチクラウドストレージを構成する要素
ネイティブクラウド統合
ハードウェアやソフトウェアの追加購入不要
効率的かつセキュアなデータモビリティ
データ全体に対する可視性
クラウドストレージ管理
自動化
ネイティブクラウド統合
ネイティブクラウド統合

AWS、AzureなどのクラウドネイティブAPIとの統合が可能なクラウドストレージAPIを使用して、ハイブリッドクラウド環境を簡素化できます。

ソリューション概要を読む(英語)
ハードウェアやソフトウェアの追加購入不要
ハードウェアやソフトウェアの追加購入不要

ストレージデバイスのインターフェイスから直接クラウドにデータを移動できるため、ハードウェアのゲートウェイやソフトウェアのツールが不要になり、コスト削減が可能です。

効率的かつセキュアなデータモビリティ
効率的かつセキュアなデータモビリティ

暗号化によってデータを保護し、変更ブロックのトラッキング、重複排除、および圧縮によって帯域幅とストレージコストを削減することができます。

ソリューション概要を読む(英語)
データ全体に対する可視性
データ全体に対する可視性

クラウドとデータセンターのデータを確認および管理することで、クラウドのコストを追跡しつつ、問題を予測して未然に防ぐことができます。

クラウドストレージ管理
クラウドストレージ管理

すべてのクラウドまたはインフラストラクチャ上で、アプリケーションを一元的に構築、展開、管理することが可能です。

自動化
自動化

Kubernetes、Ansible、Chef、Puppetなどのコンテナーおよび構成管理ツールとの統合により、DevOpsやCloudOpsの自動化が可能になります。

HPEクラウドストレージポートフォリオ

AI主導、クラウド対応、そしてas a Serviceで提供される、ハイブリッドクラウド環境で世界最高レベルのHPEのインテリジェントストレージの詳細をご確認ください。

注目のお客様導入事例
カータレット郡ロゴ

優れたパフォーマンスとデータ保護機能をカータレット郡の学校に提供するHPE Nimble Storage

HPE Cloud Volumesがハリケーンに見舞われやすい沿岸部の学校の確実なリカバリを実現。

課題

仮想インフラストラクチャのストレージを簡素化し、クラウドを活用したオフサイトデータ保護を実現する。

解決方法

HPE Cloud Volumesにシームレスな複製を可能にして、仮想教育とビジネスアプリケーションに対応するHPE Nimble Storage Adaptive フラッシュアレイを展開する。

「私たちは、将来インフラストラクチャに変更を加える際に選択肢に制限のないオープンアーキテクチャーベースのストレージソリューションを探していました。単純に既存インフラストラクチャで機能するシンプ ルで堅牢なストレージを必要としていたのです。HPE Nimble Storageがそれを叶えてくれました」

カータレット郡の公立学校 ワイドエリアネットワーク エンジニア担当
Wes Rinehart (ウェス・ラインハート) 氏

結果

  • 20校にビジネス継続性を提供
  • 重要な運用データを自然災害から保護
  • システム管理の簡素化でイノベーションの時間を拡大