クラウド対応ストレージ

パブリッククラウドやデータセンターとシームレスに連携するマルチクラウドストレージソリューションなら、場所やワークロードの制約を受けることなく、自由にデータを移動できます。

詳細はこちら(英語)

場所を問わず、あらゆるワークロードを実行

本番環境のデータベースから仮想マシン、バックアップに至るまで、あらゆるワークロードをクラウドで実行し、データセンターと任意のクラウドプロバイダーとの間でシームレスにデータを移動する必要性が高まっています。クラウド対応ストレージでは、クラウドネイティブ用に再設計することなく、従来型のエンタープライズアプリケーションやビジネスアプリケーションを実行できます。

クラウドとデータセンターの両方に対応するマルチクラウドストレージ

ハイブリッドITの課題を克服し、データを安全かつ効率的に移動する必要があるお客様には、オールフラッシュ、ハイブリッド、セカンダリ、およびバックアップアレイを取り揃えたHPEのクラウド対応ストレージソリューションが最適です。ストレージAPIを使用して構築されているため、AWS、AzureなどのクラウドネイティブAPIとのネイティブ統合が可能です。暗号化によってデータを保護するほか、変更ブロックのトラッキング、重複排除、およびデータ圧縮によってネットワークトラフィックとクラウドストレージコストを低減します。

場所を問わずに利用できるストレージ

クラウドか、オンプレミスか - HPEのクラウド対応ストレージソリューションなら、どちらも同じように利用できます。ワークロードやエンタープライズに最も適した、ストレージアレイまたはクラウドのいずれかの環境で、同じ本番環境のワークロードを実行できます。また、必要に応じて、プライマリフラッシュやセカンダリストレージをクラウドに直接バックアップしたり、ディザスタリカバリ目標に応じて、データをオンプレミスまたはクラウドにリストアしたりすることも可能です。

ストレージの管理を簡素化し、さらなるイノベーションを実現

管理負荷を低減しつつ、より多くの成果を上げ、イノベーションに取り組む時間を確保することが求められています。実績のあるマルチクラウドストレージ管理と自動化により、管理が簡素化されてエラーが減ることで、シャドークラウドのコストなどの問題を追跡する時間を削減できます。クラウドとデータセンターのデータを確認および管理することで、インフラストラクチャに関する問題を予測し、未然に防ぐことができます。また、コンテナー、Kubernetes、および構成管理サポートにより、DevOpsやCloudOpsの生産性が向上します。

クラウド対応ストレージを有効活用する方法

本番環境に対応

HPE Cloud Volumesのエンタープライズグレードのマルチクラウドストレージサービスを利用すれば、ストレージアレイまたはクラウド上で、同じ本番環境のワークロードを実行できます。

セカンダリストレージ

効率的なデータ転送とインスタントシンクローンにより、テスト/開発、分析、クラウドバースティングなど、セカンダリとしての運用を迅速に開始できます。 

クラウドバックアップとディザスタリカバリ

プライマリストレージやフラッシュストレージをクラウドに直接バックアップすることが可能です。オンプレミスまたはクラウドにリストアすることで、ディザスタリカバリ目標を達成できます。

シンプルなマルチクラウドを構成する要素

ネイティブクラウド統合

AWS、AzureなどのクラウドネイティブAPIとの統合が可能なストレージAPIを使用して、ハイブリッドIT環境を簡素化します。

ハードウェアやソフトウェアの追加購入不要

ストレージデバイスのインターフェイスから直接クラウドにデータを移動できるため、ハードウェアのゲートウェイやソフトウェアのツールが不要になり、コスト削減が可能です。

効率的かつセキュアなデータモビリティ

暗号化によってデータを安全に移動できるほか、変更ブロックのトラッキング、重複排除、および圧縮によって帯域幅とストレージコストを削減できます。

データ全体に対する可視性

クラウドとデータセンターのデータを確認および管理することで、クラウドのコストを追跡しつつ、問題を予測して未然に防ぐことができます。

マルチクラウドストレージ管理

すべてのクラウドまたはインフラストラクチャ上で、アプリケーションを一元的に構築、展開、管理することが可能です。

自動化

Kubernetes、Ansible、Chef、Puppetなどのコンテナーおよび構成管理ツールとの統合により、DevOpsやCloudOpsの自動化が可能になります。

クラウド対応ストレージの成功事例

HPEにご相談ください

現在のお客様の状況にかかわらず、クラウド対応ストレージのエクスペリエンスを強化する方法について、HPEのエキスパートにお問い合わせください。