おすすめ
デジタル時代がオールフラッシュオブジェクトストレージの導入を加速
デジタル時代がオールフラッシュオブジェクトストレージの導入を加速
ESG社のレポートでは、「オールフラッシュオブジェクトストレージが、ITのリソース稼働率を改善し、管理を簡素化することもでき、結果として運用コストとTCOを削減できる」ことが示されています。
ESG社のレポートを読む

コアからクラウド、エッジまでのオブジェクトストレージ

Scality向けストレージソリューションでは、ITインフラストラクチャ、アプリケーションおよびDevOpsチームを強化して、コアデータセンターからエッジまで、複数のクラウドにまたがる場合でも同様に、現状および新規のワークロードに対応します。

+ もっと見る

Scality向けストレージソリューション

現在のアーカイブ、コンテンツレポジトリ、データレイク、さらに将来のクラウドネイティブ、AI/MLおよび分析、インメモリアプリケーションにも最適です。Scality向けHPEオブジェクトベースストレージソリューションのアダプティブ・エンタープライズデータ管理に、ハイブリッドクラウド対応S3 API互換オブジェクトストアとネイティブファイルサービスの柔軟性が加わりました。さらにHPE GreenLake for Storageは、アプリケーションとデータがどこにあっても、クラウドサービスの利便性をもたらします。

Scality ARTESCAについての動画を見る(英語)
イノベーション
最新のアプリケーションの要求に応えるオブジェクトストレージ

HPEとScalityは、全世界に影響する最大級のデータの課題を解決するためにピンポイントで注力します。両社は連携して、ビジネスの成功をもたらす結果を多くのお客様が達成できるようなイノベーションを起こしています。

最新のアプリケーションの要求に応えるオブジェクトストレージ

HPEとScalityは、全世界に影響する最大級のデータの課題を解決するためにピンポイントで注力します。両社は連携して、ビジネスの成功をもたらす結果を多くのお客様が達成できるようなイノベーションを起こしています。

フェデレーテッド データ管理
Kubernetesによるオーケストレーション
デュアルレイヤーイレージャーコーディング
地理的分散トポロジ
オブジェクト上のネイティブファイル
密度とワークロードに最適化
フェデレーテッド データ管理
フェデレーテッド データ管理

Scality ARTESCAの特徴はフェデレーテッド データ管理にあります。これにより、データの存在場所に関係なく、パブリックおよびプライベートクラウドにまたがってデータを管理し、ワークフローをオーケストレーションし、メタデータを検索できます。これによりアプリケーションとユーザーは、データを見つけて、エッジからコア、コアからエッジ、オンプレミスからパブリッククラウドに簡単に移動する機能を利用できます。

お客様導入事例はこちら(英語)
Kubernetesによるオーケストレーション
Kubernetesによるオーケストレーション

Scality ARTESCAは、複数のKubernetesディストリビューションとベアメタルサーバーをコアからエッジやクラウドまでサポートすることによって、アプリケーション指向でクラウドネイティブな最新の環境を強化します。

ソリューション概要はこちら(英語)
デュアルレイヤーイレージャーコーディング
デュアルレイヤーイレージャーコーディング

Scality ARTESCAは、最高レベルのデータ耐久性を備えたデュアルレイヤーイレージャーコーディングを実装します。単一サーバーからペタバイト規模まで実装サイズは関係ありません。これにより、従来のスキームより10倍以上のデータ保護性能をアプリケーションで実現します。オーバーヘッドは増えません。

ソリューション概要はこちら(英語)
地理的分散トポロジ
地理的分散トポロジ

Scality RINGにより、データが確実に保護されているという安心感が得られます。サイト全体がオフラインである場合でも、シンプルなサイトのレプリケーションがある製品より低コストになります。RINGでは複数のデータセンターにまたがって、データを地理的に分散させることが簡単になります。

ソリューション概要はこちら(英語)
オブジェクト上のネイティブファイル
オブジェクト上のネイティブファイル

Scality RINGでは、ネイティブのNFS/SMB/POSIXファイルアクセスが可能です。また、基盤となるオブジェクトストアの上で動作するため、Scalityの特徴であるパフォーマンス、スケーラビリティ、柔軟性が継承されます。

密度とワークロードに最適化
密度とワークロードに最適化

Scality向けストレージソリューションは、HPEポートフォリオのインテリジェントデータストレージサーバー群から構築されています。これに含まれるのは、高パフォーマンスのオールNVMe ProLiant DL325 Gen10 Plusサーバー、大容量オールフラッシュおよびパフォーマンスハイブリッドフラッシュを搭載したApollo 4200 Gen10サーバー、大容量ハイブリッドフラッシュを搭載したApollo 4510 Gen10システムです。

Scality向けストレージソリューションでは、あらゆるタイプのオブジェクトストレージワークロードに対して密度とワークロードが最適化され、単一ノードだけで開始する構成もあるため、最新のアプリケーションに最適な容量、パフォーマンス、セキュリティの組み合わせを利用できます。

HPE Greenlake for Storageでビジネスの価値を向上

HPE GreenLakeは、Scality向けストレージソリューションをas a serviceのクラウドの経済性とオンプレミスのマネージドサービスエクスペリエンスにより強化します。HPE GreenLakeは、クラウドサービスのように利用可能で、オンプレミスとパブリッククラウドの管理をオフロードし、貴重なリソースを解放できます。

Scality向けストレージソリューション ポートフォリオ

存在する場所と規模に関わらず、データを容易に管理できます。アダプティブ・エンタープライズデータ管理機能を備え、インテリジェントデータストレージサーバーで、持続可能性を念頭に設計されたオブジェクトストレージを実現します。

お客様導入事例
バーゼル大学病院のロゴ

がんとの戦い - 個別医療を目指して

バーゼル大学病院は、国際的に認知された高度な標準を備えた、スイスの先進メディカルセンターの1つです。所属医師や看護師は、最新の科学的発見や最先端の医療機器に基づいて、患者の確実な健康、安全と回復に24時間取り組んでいます。この大学病院では、医師や研究者が最新および履歴データに即時アクセスすることにより、診断と新規治療法の開発を促進することを期待しています。

課題

コンピューター断層撮影 (CT) や磁気共鳴画像法 (MRI) など、各種データタイプと生成するアプリケーションに基づいた、多様なストレージおよびアーカイブシステムを管理する方法について説明します。必要な情報を検出し、個別システムから取り出すことは、簡単ではなく、時間がかかります。これは研究者の足枷であり、医師が複雑な症例を診断する際の妨げとなります。

解決方法

世界的な医療アーカイブを構築します。Scality RINGおよびHPE Apollo 4000システムを活用し、すべてのタイプのデータを際限なく維持しセキュリティを確保します。

「大学病院内の利用者から新たな要求がもたらされたとき、それに適応できる柔軟性があり、各種問題を解決するテクノロジーを探していました。HPEとScalityによりデータアーカイブの問題が解消され、その心配がなくなりました。心配する必要がないことは、何であれ良いことです。」

バーゼル大学病院、データセンター管理責任者、Markus Müller氏

結果

  • 研究に不可欠な臨床および患者データへのアクセスを簡素化
  • 組織間で大規模な医療上の連携を実現
  • 増大するビッグデータを簡単にスケーリングしてサポート