大量データを一箇所に集約するファイルサーバー/オブジェクトストレージ

全世界に住む同僚とデータを共有してプロジェクトを進めたり、様々な国のクリエーターが一つの作品を共同で創作を行う場面で必要とされるのが、どこからでも安全、高速にアクセスが可能な「データ置き場」です。
また、工場の生産ラインで撮影した大量の画像データや、様々な実験で得られたセンサーデータを1か所に集めて機械学習を行い、品質の向上を図ったり、新製品の開発を行う動きが活発化しています。
HPEは、規模や用途に合わせて選択が可能な様々なソリューションを提供しています。

+ もっと見る

ファイルサーバーとは

文章ファイルや、表計算のファイル、写真・動画ファイル等を保存し、複数人で閲覧・編集を行うことができる「共有フォルダ」機能を提供する事がファイルサーバーの役割です。
チームやグループの複数のパソコンとファイルサーバーをネットワークで接続することにより、いつでもだれでもアクセスが可能な「共有フォルダ」が利用可能になります。ユーザー毎にアクセスできるフォルダを分けることも可能です。
また、パソコン単体で保存できる容量をはるかに超える大容量データの保存も可能となっており、大量の実験データやログデータ、過去の書類やビデオデータ等のアーカイビング用途としても利用されはじめています。

オブジェクトストレージとは

オブジェクトストレージは、ファイルサーバーと同様にデータを保存する器の一種ですが、データを保存する方法が大きく異なります。オブジェクトとはデータの「塊」を表しており、データの保存や読み出しは「塊」単位で実施します。そのため、ファイルサーバー上のデータは直接編集を行うことができますが、オブジェクトストレージ上のデータは直接編集が不可能です。データの一部を変更したい場合は、「塊」を作り直して保存する必要があります。
しかし、「塊」単位でデータを取り扱うことにより、より多くのデータを貯めることや、目的のデータを高速に検索することが可能となります。
また、データを保存するのが人間ではなく、カメラやIoT機器などの機械の場合は、ファイルサーバーと比較して少ない処理能力で保存することが可能です。

HPE ファイルサーバー/オブジェクトストレージ 最新情報

【製品カタログのご紹介】
HPE StoreEasyストレージ - ファイルサーバーに最適な5つの理由

HPE StoreEasyストレージは、HPE ProLiantサーバーのプラットフォームをベースに、NAS専用OSであるWindows Server IoT 2019 for Storageを採用したファイルサーバー製品です。他の製品と異なるHPEならではのメリットも加わり「かゆいところに手が届く」製品になっています。初めてのファイルサーバー導入で不安をお感じの方も、現在お使いのファイルサーバーでお悩みの方も、HPE StoreEasyストレージが、そのような課題にお応えします。HPE StoreEasyストレージがファイルサーバーに最適な5つの理由をご説明します。

HPE ファイルサーバー/オブジェクトストレージ 製品ラインナップ

Windows/Linuxを利用した
ファイルサーバー

NAS 
(ファイルサーバー専用機)

ソフトウェア    

HPE ProLiant/HPE Apollo

ハードウェア

HPE ProLiant/HPE Apollo

製品特長

一般的なOSのファイル共有機能を利用。汎用OSなのでファイルサーバー以外 のサービスも併用提供可能。Windows   Serverを利用の場合はCAL(クライアントアクセスライセンス)が必要。

ファイルサーバー専用Windows Server OSを利用。CAL不要で、ユーザーが増えてもコストはそのまま。Windowsベースなので専門知識不要で管理可能。

スケールアウト型超高速ファイルサーバー。複数サーバーをソフトウェアで統合することで大容量、超高速なファイルサーバーの構築が可能。

ファイルサーバーだけでなく、バックアップ、リモートコピー、アーカイブ、クラウド連携など企業の様々なデータを一元管理。ランサムウェア対策機能が充実。

オブジェクトストレージ。オンプレミスでAWS S3互換ストレージを提供。低コストで大容量データの保存が可能。

OS

Windows/Linux

Windows Server IoT 2019
for Storage Standard Edition

不要

Linux

おすすめ容量

数TB-数十TB

数TB-数百TB

80TB-数十PB

20TB-数PB

RING 500TB-
ARTESCA 50TB-

関連ブログ

ソフトウェア    

ハードウェア

製品特長

OS

おすすめ容量

関連ブログ


SDS (Software Defined Storage) 製品 ブログ記事のご紹介

SDS (Software Defined Storage) とは何か?専門家がブログで分かりやすく解説いたします!

+ もっと見る

SDS (Software Defined Storage) 製品 オンラインセミナー情報

HPEが取り扱うSDS (Software Defined Storage) 製品をご紹介するオンラインセミナーや、過去に開催したいつでもどなたでもご覧いただけるオンデマンドセミナーをご紹介しています。

+ もっと見る

HPE ファイルサーバー/オブジェクトストレージ お客様導入事例のご紹介

お客様導入事例
合同会社DMM.com 様のロゴ

先進デジタルサービスを加速する大容量ファイルストレージ基盤を実現

エンターテインメントから金融、教育、地方創生に至るまで、幅広い領域でビジネスを展開するDMM.com。最先端のデジタルサービスを追求する同社では、大量の大容量コンテンツを効率的に利活用できる環境が欠かせない。そこで今回、新たに構築されたのが、クラス最高水準の性能と拡張性を持つインテル®Xeon®スケーラブル・プロセッサーを搭載する大容量ストレージサーバー「HPE Apollo 4200」と、膨大なファイルをサポートする高度なファイルシステム「Qumulo」による大容量ファイルストレージ基盤である。これにより、日々刻々と増え続けるデータやコンテンツを余裕で格納することが可能に。また、社内向けファイルストレージサービスの基盤としても活用していく考えだ。

課題

大量の大容量コンテンツを有効に活用できるストレージ基盤の確立。

解決方法

高性能サーバー+Software Defined Storage製品を用いて先進的なスケールアウトNAS環境を実現。

”HPE Apollo + Qumuloを導入したことで、「ペタバイト級」「ファイルストレージ」「スケールアウト」の3要件を満たすストレージ基盤を実現できました。今後は社内向けファイルストレージサービスも展開し、新たなビジネス/サービスの創出に貢献していきたいと思います。”

合同会社DMM.com ITインフラ本部 インフラ部 IaaS開発グループ Team Leader 高橋 尚史 氏

結果

  • 増え続ける大容量データを確実に収容できる環境を実現
  • 高い性能・信頼性を活かしユーザーの業務生産性を向上
  • 現場部門の多様なストレージニーズにも柔軟な対応が可能に