あらゆるサイズの構造化されていないファイルストレージを活用

構造化されていないデータに適したインフラストラクチャを導入すれば、組織の価値を高めることができます。HPEのファイルストレージ/オブジェクトストレージソリューションは、ファイル共有に対応する低コストのNASから、ビッグデータおよびソフトウェア デファインドに対応する耐久性に優れたペタバイト規模のストレージまで、お客様のニーズに幅広く対応します。

+ もっと見る

イノベーション
ファイルストレージ/オブジェクトストレージのイノベーション

HPEのファイルストレージ/オブジェクトストレージソリューションは、構造化されていないデータの変化や増大に対応できる設計となっており、データ保護、クラウドの拡張、将来にわたる柔軟性、およびソフトウェア デファインド アーキテクチャーに関するさまざまな要件に対応します。

ファイルストレージ/オブジェクトストレージのイノベーション

HPEのファイルストレージ/オブジェクトストレージソリューションは、構造化されていないデータの変化や増大に対応できる設計となっており、データ保護、クラウドの拡張、将来にわたる柔軟性、およびソフトウェア デファインド アーキテクチャーに関するさまざまな要件に対応します。

保護
クラウド対応
ソフトウェア デファインド
永続的
保護
保護

耐障害性に優れた自己防御型のプラットフォームで構造化されていないデータを保護できます。データ暗号化、高度なアクセス制御、ファイルアクセス監査、ファイル不変性、削除防止などのネイティブの機能により、セキュリティのリスクを軽減することが可能です。

クラウド対応
クラウド対応

システム、サイト、およびパブリッククラウド間でデータを移行できるスケーラブルなインフラストラクチャのメリットを得られます。中小企業や大企業のオンサイト環境でMicrosoft AzureやAWSへの接続を確立し、オフサイトで階層化、アーカイブ、およびバックアップを行うことが可能です。

詳細はこちら
ソフトウェア デファインド
ソフトウェア デファインド

専用設計のハードウェアプラットフォーム、定期的なソフトウェアアップデート、およびシームレスな拡張を特長とするソフトウェア デファインド ストレージアーキテクチャーを導入すれば、組織においてコストと複雑性を低減しつつ、最先端のサーバーテクノロジーを活用し、最新のストレージの動向に対応できます。

永続的
永続的

さまざまなストレージアーキテクチャーと柔軟な支払いモデルにより、今日の構造化されていないデータの要件に対応できます。組織のワークロードの変化にスムーズに適応し、将来を見据えた設計の新たなテクノロジーとソリューションを活用することが可能です。

構造化されていないデータのワークロードに対応

お客様に固有のデータストレージの課題を解決し、人やセンサー、企業が生成する構造化されていないデータの増大にも低コストで対応できます。

HPE Apollo4000 お客様導入事例
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 様のロゴ

日本のAI活用を加速する「AI橋渡しクラウド」向けクラウドストレージサービスをScality RING+HPE Apolloで構築

国立研究開発法人 産業技術総合研究所は、世界最大級のオープンAIインフラストラクチャ「AI橋渡しクラウド」向けの新サービス「ABCIクラウドストレージ」の提供を開始した。深層学習用データなどの大容量データを容易に取り扱える環境を提供することで、日本のAI研究開発をさらに加速させていくのが狙いだ。システムの中核には、Scality社のオブジェクトストレージ「Scality RING」と日本ヒューレット・パッカードの「HPE Apollo」を利用し、高い性能・信頼性と拡張性を備えたセキュアなクラウドストレージ基盤を実現。

チャレンジ

世界最大級の処理能力を誇るAI処理向け計算インフラストラクチャ「AI橋渡しクラウド」の効率的な利活用を下支えするクラウドストレージサービスを提供すること。

ソリューション

Amazon S3互換インターフェースを備えたセキュアかつ高性能・大容量オブジェクトストレージ基盤を構築するという要件に対し、「Scality RING」+「HPE Apollo」を提案。

Scality RINGとHPE Apolloは、ABCIクラウドストレージの実現に求められる機能要件を十分にクリアしていました。今後は「AI橋渡しクラウド」を用いたAI研究に広くご活用頂くと同時に、これまでに培われたデータや学習モデルを社会に還元するための基盤としても利用していきたいと思います。

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 人工知能研究センター(AIRC) 人工知能クラウド研究チーム 研究チーム長 小川 宏高 氏

結果

  • Scality RING+HPE Apolloによるオブジェクトストレージ基盤を構築
  • Amazon S3互換インターフェースによるサービス提供を実現
  • 1台のサーバーに60本のHDDを搭載し集約度の高いインフラを実現
  • ファームウェアの改ざん検知や自動修復で高いセキュリティを確保