おすすめ
コンテナ向けインテリジェントデータ管理
コンテナ向けインテリジェントデータ管理
あらゆるデジタルエンタープライズの中核となるのは、変革をもたらすカスタマー・エクスペリエンスと競争力の強化を実現するアプリケーションです。組織はコンテナを迅速に導入し、分散型で本質的に耐障害性に優れた最新のアプリケーションを構築しています。
技術概要を読む

永続ストレージでデータポータビリティを確保

コンテナを使用すれば、場所を問わないアプリケーションの構築、配信、実行が可能になりますが、データはどうでしょうか。環境全体のアプリケーションを移動するときにはデータも移動する必要がありますが、そこで役に立つのがHPEのコンテナ向け永続ストレージです。

+ もっと見る
ESG社のレポートはこちら(英語)

業界をリードする永続ストレージテクノロジーを展開

HPEのIntelligent Data Platformなら、コンテナのメリットを活かすことができます。エッジからクラウドまでのデータインフラストラクチャでクラウドオペレーションのアジリティを実現するとともに、充実したパートナーエコシステムを活用することが可能です。

コンテナをサービスとして実行

オンプレミスまたはコロケーション型のデータセンターに直接、マルチクラスターのマルチテナントKubernetes環境向けに設計された事前構成済みのプラットフォームを展開できます。

アプリケーションの価値実現時間を短縮

ステートフルワークロード向けのData Management as a Serviceを提供する機能豊富な永続ストレージにより、開発者の生産性を向上させてIT運用を強化できます。

サービスレベル目標を維持

サービスレベル目標 (SLO) を維持してアプリケーションを中断なく稼働させ続けることにより、運用を効率化できます。

アプリケーションを柔軟にコンテナ化

広範なパートナーエコシステムの複数のKubernetesディストリビューションとデータ管理ソリューションを活用できます。

アプリケーションを柔軟にコンテナ化

広範なパートナーエコシステムの複数のKubernetesディストリビューションとデータ管理ソリューションを活用できます。

イノベーション
ストレージに関する専門知識は必要ありません。

コンテナ向け永続ストレージは、Docker、Kubernetes、Mesosphereからクラウド対応のフラッシュアレイを管理できます。アプリケーションにおけるデータのリフトアンドシフト、セルフサービス型自動化によるアプリケーション開発およびITのDevOpsの迅速化、コンテナ環境への予測可能なフラッシュの導入によるコンテナ運用の簡素化が可能になります。

ストレージに関する専門知識は必要ありません。

コンテナ向け永続ストレージは、Docker、Kubernetes、Mesosphereからクラウド対応のフラッシュアレイを管理できます。アプリケーションにおけるデータのリフトアンドシフト、セルフサービス型自動化によるアプリケーション開発およびITのDevOpsの迅速化、コンテナ環境への予測可能なフラッシュの導入によるコンテナ運用の簡素化が可能になります。

複数のコンテナプラットフォームを使用
データの簡単なオンボーディング
待ち時間なし
マルチクラウドへの入口
コンテナの運用を簡素化
CaaS向けの強力なストレージ
複数のコンテナプラットフォームを使用
複数のコンテナプラットフォームを使用

HPEは、Docker、Mesosphere、Kubernetesのコマンドライン、ツール、APIに対する業界最先端の統合機能を提供しています。

データの簡単なオンボーディング
データの簡単なオンボーディング

 アプリケーション をコンテナ化する際に、レガシーボリュームを永続的なボリュームに瞬時に変換することができます。

待ち時間なし
待ち時間なし

分単位で何百もの本番データのコピーを作成し、開発、QA、継続的インテグレーション/継続的配備 (CI/CD) のステージングを迅速化します。

マルチクラウドへの入口
マルチクラウドへの入口

HPE Cloud Volumesを使用して、オンプレミスのHPEアレイとAWSまたはAzure間でデータを移動します。

HPE Cloud Volumes の詳細はこちら
コンテナの運用を簡素化
コンテナの運用を簡素化

HPEストレージアレイのHPE InfoSightにより、99.9999%の可用性が保証された、安定したフラッシュパフォーマンスが得られます。 

HPE InfoSight の詳細はこちら
CaaS向けの強力なストレージ
CaaS向けの強力なストレージ

運用チームがテナントに対してサービス品質 (QoS) IOPSや容量の上限を設定することができるのは、HPEのソリューションだけです。また、開発チームはコンテナタイプとしてLinuxとWindowsのいずれかを選択できます。 

コンテナ環境向けのインテリジェントストレージ

HPE Alletra、HPE Primera、およびHPE Nimble Storageなら、コンテナ環境のパフォーマンスと規模のメリットを容易に得ることができます。