HPE Cloud Volumes

Amazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure向けのエンタープライズグレードのマルチクラウドストレージサービスです。

※HPE Cloud Volumesは、現在米国のみでの提供です。

eBookを読む(英語)

お客様にお勧め
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
エンタープライズグレードの機能により、ネイティブのエラスティッククラウドストレージのシンプルさがもたらされます。HPE Cloud Volumesでは、Amazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure向けのマルチクラウドエラスティックブロックストレージサービスに合ったプランを選択できます。
今すぐ申し込む
お客様にお勧め
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
エンタープライズグレードの機能により、ネイティブのエラスティッククラウドストレージのシンプルさがもたらされます。HPE Cloud Volumesでは、Amazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure向けのマルチクラウドエラスティックブロックストレージサービスに合ったプランを選択できます。
今すぐ申し込む
お客様にお勧め
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
スケーラブルでシンプルな従量制課金のクラウド
エンタープライズグレードの機能により、ネイティブのエラスティッククラウドストレージのシンプルさがもたらされます。HPE Cloud Volumesでは、Amazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure向けのマルチクラウドエラスティックブロックストレージサービスに合ったプランを選択できます。
今すぐ申し込む

クラウドのシンプルさ。エンタープライズグレードの信頼性。

企業の信頼性を向上させ、ネイティブのElastic Cloud Storageのシンプルさをもたらします。

信頼性を保証

優れた信頼性

ストレージの可用性を確実に向上させ、ネイティブクラウドのElastic Block Storageの数百万倍の耐久性を実現します。

高速コピーによるバックアップの高速化

インスタントスナップショットバックアップおよびクローンにより、短時間でコピーを作成し、データ保護の実行回数を増やすことができます。

セキュリティとコンンプライアンスに対応

256ビット暗号化とセキュリティ制御により、SoC 2 Type 1認証とHIPAAコンプライアンスが達成できます。

動画を見る

データを必要な場所に保存可能

データモビリティを実現してクラウドのロックインを排除することが可能です。マルチクラウドストレージを活用すれば、パブリッククラウドとデータセンター間でデータを簡単に移行できます。

クラウドのレプリケーションとフェイルオーバー

フェイルオーバーとフェイルバックの機能を使用すれば、手動によらずにクラウドに/クラウドからデータを簡単に移行できます。

ベンダーロックインを排除

データを移行することなく複数のパブリッククラウドを使用できるため、ロックインや大規模データの移行に伴うコストを回避することが可能です。

コンテナーによるアプリケーションの移行

永続コンテナーストレージを介して、DockerやKubernetesを使用したハイブリッドクラウドアプリケーションの移行と有効化が簡単に行えます。

想定外のコストを生じさせることなく、クラウド内の状況を把握することが可能

クラウドとデータセンターのデータをグローバルに把握できます。HPE InfoSight予測分析がスタック全体の問題を予測して回避するため、お客様は想定外のコストを回避するとともに、どのような削減が可能なのかを明らかにしてデータの配置とリソースの使用量を最適化することが可能です。

企業向けクラウドストレージサービスをグローバルに展開

HPE Cloud Volumesの展開で、ハイブリッドクラウド環境間のデータ移行が容易になりました。弊社のクラウド対応ストレージは、イギリス、アイルランドへとグローバルに展開しつつあり、SoC 2認証、HIPAAコンプライアンス、DockerとKubernetesのサポートといった新機能を取り込んでいます。

  • Amazon Web Servicesのサポート
  • Microsoft Azureのサポート
  • マルチクラウドのサポート
  • インスタントスナップショット
  • インスタントクローン
  • 256ビットボリューム暗号化
  • クラウドの可視化とレポート作成
  • データセンターとクラウド間のレプリケーション
  • REST API
  • コマンドラインインターフェイス
  • マルチホストアクセスおよびクラスタリング
  • リアルタイムの予測可能なコストの見積もり
  • コンテナーのサポート (Docker、Kubernetes、Mesosphere)
  • SoC 2 Type 1認証を取得
  • HIPAAに準拠

関連情報

:

インフォグラフィック | application/pdf | 172 KB

このクラウド対応ストレージのインフォグラフィックおよび対応状況チェックガイドを使用すれば、中止または推進すべき項目のチェックリストを通じてクラウド戦略を評価できます。

:

成功事例 | application/pdf | 2454 KB

このお客様事例では、カータレット郡の公立学校が、HPE Nimble StorageアダプティブフラッシュアレイとHPE Cloud Volumesを組み合わせた、簡単に管理できるソリューションの導入により、オフサイトのデータ保護およびリカバリスナップショット機能を備えた高性能なストレージを構築した方法を説明します。

:

ソリューション概要 | application/pdf | 214 KB

企業のビジネス・アジリティを向上させて強力なセキュリティと柔軟なインフラストラクチャを実現し、情報管理を簡素化するクラウドソリューションの仕組みをご確認ください。

ビデオ : HPE Cloud Volumes: コンテナーに対応するエンタープライズグレードのクラウドストレージ

ビデオ | 8:38

コンテナー対応のHPE Cloud Volumesにより、ハイブリッドITの運用が可能になります。Kubernetes、Mesos、Swarmを含む、あらゆる最新のコンテナーオーケストレーターを統合すると同時に、ステートフルコンテナーの先進的なユースケースを実現することができます。

バイヤーズガイド : エラスティッククラウドストレージ比較ガイド

バイヤーズガイド

HPE Cloud Volumesデータシート

ファミリガイド : クラウドストレージについて最も多く寄せられる5つの質問

ファミリガイド

このクラウドストレージに関するインタラクティブなQ&Aで、エンタープライズグレードの信頼性とセキュリティを犠牲にすることなく、エンタープライズアプリケーションをマルチクラウドモデルに移行する方法をご確認ください。

ビデオ : クラウドの隠れたバックアップ、ディザスタリカバリ、およびストレージコスト

ビデオ | 1:50

このビデオでは、クラウドの隠れたバックアップ、ディザスタリカバリ、およびストレージコストを明らかにするとともに、HPE StoreOnceをはじめとするHPEストレージ製品がきわめて効率的なソリューションである理由について説明します。

ビデオ : クラウドボリュームを作成してAWSやAzureに接続 - チュートリアル

ビデオ | 5:32

新しいHPE Cloud VolumesのブロックストレージをプロビジョニングしてAWS EC2やAzure VMに接続し、HPE Cloud Volumesでパブリッククラウドのインスタンスのためのエンタープライズグレードのマルチクラウドストレージを構築する方法をこのビデオでご確認ください。

ビデオ : HPE Cloud Volumesによるクラウドへのデータの集約 - チュートリアル

ビデオ | 4:12

HPE Cloud Volumesを使用してデータを集約および複製する方法をご覧ください。このデモでは、HPE Nimble Storageのフラッシュアレイを簡単にセットアップし、Amazon Web Services (AWS) やMicrosoft Azureなどのクラウドコンピューティングサービスを使用してパブリッククラウドにデータを複製する方法を説明します。

ブログ記事 : HPE Cloud Volumesでクラウドにデータを集約

ブログ記事

すべてのデータをオンプレミスに置いたまま、使いやすく柔軟性の高いクラウドサービスを活用する方法。データをクラウドに配置して活用できます。

:

成功事例 | application/pdf | 401 KB

このお客様事例では、Stupp Bros.社がHPE Nimble StorageアダプティブフラッシュアレイおよびHPE Cloud Volumesを導入することで、同社の仮想化された本番環境ワークロードにおけるストレージパフォーマンスの向上、Infosight予測分析を活用した多層防御によるデータ保護をどのように実現したかを紹介します。