HPE Cloud Volumes

Amazon Web Services (AWS) およびMicrosoft Azure向けのエンタープライズグレードのマルチクラウドストレージサービスです。

※HPE Cloud Volumesは、現在米国のみでの提供です。

eBookを読む(英語)

エンタープライズグレードの機能で クラウドを簡素化して

企業の信頼性を向上させ、ネイティブのElastic Cloud Storageのシンプルさをもたらします。

信頼性を保証

優れた信頼性

ストレージの可用性を確実に向上させ、ネイティブクラウドのElastic Block Storageの数百万倍の耐久性を実現します。

バックアップを高速化

インスタントスナップショットバックアップおよびクローンにより、短時間でコピーを作成し、データ保護の実行回数を増やすことができます。

セキュリティを強化

256ビットのきめ細かい暗号化により、クラウド内のすべてのデータボリュームを保護します。

データを必要な場所に保存可能

データモビリティを実現してクラウドのロックインを排除することが可能です。マルチクラウドストレージを活用すれば、パブリッククラウドとデータセンター間でデータを簡単に移行できます。

クラウドへの入口

迅速なデータの集約によってクラウドへの移行が容易になり、時間のかかる手動での移行を回避できます。

ベンダーロックインを排除

データを移行することなく複数のパブリッククラウドを使用できるため、ロックインや大規模データの移行に伴うコストを回避することが可能です。

クラウド対応

データセンターをクラウドに対応させ、パブリッククラウドであってもデータセンターであっても、必要な場所にデータを簡単に移行できます。

想定外のコストを生じさせることなく、クラウド内の状況を把握することが可能

クラウドとデータセンターのデータをグローバルに把握できます。HPE InfoSight予測分析がスタック全体の問題を予測して回避するため、お客様は想定外のコストを回避するとともに、どのような削減が可能なのかを明らかにしてデータの配置とリソースの使用量を最適化することが可能です。

  • Amazon Web Servicesのサポート
  • Microsoft Azureのサポート
  • マルチクラウドのサポート
  • インスタントスナップショット
  • インスタントクローン
  • 256ビットボリューム暗号化
  • クラウドの可視化とレポート作成
  • データセンターからクラウドへの複製

関連情報

パンフレット : マルチクラウドストレージのデータモビリティ

Pub_12483_Storage_MultiCloud_CloudVolumes_ResourceLandscape_1_2x.md
パンフレット

マルチクラウドストレージのデータモビリティ

ファミリガイド : クラウドストレージについて最も多く寄せられる5つの質問

クラウドストレージについて最も多く寄せられる5つの質問
ファミリガイド

このクラウドストレージに関するインタラクティブなQ&Aで、エンタープライズグレードの信頼性とセキュリティを犠牲にすることなく、エンタープライズアプリケーションをマルチクラウドモデルに移行する方法をご確認ください。

インフォグラフィック : マルチクラウドストレージの定義

マルチクラウドストレージの定義
インフォグラフィック

マルチクラウドストレージの定義

アナリストレポート : IDCベンダープロファイル: 新しいクラスのクラウドストレージソリューション(英語)

HPE Cloud Volumesストレージソリューションに関するIDCレポート
アナリストレポート

HPE Cloud Volumesでパブリッククラウドの汎用性を活かすとともに、エンタープライズグレードの可用性と耐久性によってセキュリティを確保する方法をご確認ください。

Data Sheet : AWSとAzureでアプリケーションを実行するためのエンタープライズグレードのストレージ

AWSとAzureでアプリケーションを実行するためのエンタープライズグレードのストレージ
Data Sheet

AWSとAzureでアプリケーションを実行するためのエンタープライズグレードのストレージ