データインフラストラクチャのパラダイムシフト

カテゴリを定義するクラウドネイティブデータインフラストラクチャにより、従来のハイブリッドクラウド環境に固有の複雑さやサイロを排除し、データの保存場所を問わず、クラウドの運用と利用のエクスペリエンスを提供します。インフラストラクチャの管理が不要になり、必要に応じて、サービスとしてインフラストラクチャを利用できるようになります。

+ もっと見る
あらゆる場所でクラウドの俊敏性を提供

分散した複雑なサイロでオンプレミス、エッジ、クラウドのストレージをメンテナンス、アップグレード、チューニングする必要はもうありません。HPE Alletraでは、クラウド全体に共通するエクスペリエンスが (あらゆる規模で、サービスとして) 提供され、単一のSaaSベースのコンソールによる環境全体のクラウドネイティブ管理が可能になります。

妥協することなく、あらゆるアプリケーションを実行

コアとなるミッションクリティカルなアプリケーションやビジネスクリティカルなアプリケーションから、リモートエッジのニーズ、クラウドでのテスト/開発や分析に至るまで、あらゆるSLAに対応できます。HPE Alletraは、ワークロードに最適化された柔軟かつシンプルなシステムを提供します。予測可能な高パフォーマンスと中断のない拡張を実現するとともに、ミッションクリティカルなワークロードで100%の可用性を保証します。

ハイブリッドクラウド全体で自由にデータを移動

一貫性のあるデータサービス、一元管理、シームレスなデータ移動を実現する、エッジからクラウドまでの統合データプラットフォームが、ハイブリッドクラウドの可能性を最大限に引き出します。すべてのアプリケーションで、イノベーションとパフォーマンス、柔軟性、拡張性を最大限に向上させるとともに、データの保存場所を問わず、最適なクラウドへの移動をサポートします。

透過的なインフラストラクチャ

自動的に管理と改善を行うインフラストラクチャを導入すれば、お客様はイノベーションに注力できます。

+ もっと見る
AI主導のインフラストラクチャ

IT環境全体の予測インテリジェンスを提供する、自律型インフラストラクチャを構築できます。HPE InfoSight搭載のHPE Alletraが、複雑さを軽減してリソースの管理方法を変革し、サポートエクスペリエンスを再定義することで、問題解決に追われる現状から脱却できます。

クラウド対応のエクスペリエンス

アプリケーションのライフサイクルにわたって、エッジからクラウドまでのすべてのアプリケーションに同等のアジリティとシンプルさをもたらす、完全なクラウド運用のエクスペリエンスを提供します。自動検出機能によってリソースを展開し、構成不要ですぐに使用できます。また、数千台のシステムを、1台のシステムと同じように簡単に管理できます。

あらゆる場所でサービスとして利用可能

あらゆる場所で、アプリケーションとデータにクラウドのエクスペリエンスを提供します。インフラストラクチャを所有して維持するのではなく、必要に応じてサービスとして利用できます。HPE Alletraのシンプルで柔軟なクラウドネイティブインフラストラクチャでは、アプリケーションやデータの保存場所を問わず、必要なときに必要なリソースだけを利用することが可能です。

HPE Alletra ポートフォリオ

極めて負荷の高いワークロードにも対応可能

HPE Alletra 9000は、極めて低いレイテンシと高い可用性が求められるワークロードに適しており、俊敏性を犠牲にすることなく、ミッションクリティカルな信頼性を提供します。従来型および最新のミッションクリティカルなアプリケーションにオールNVMeのパフォーマンスと超低レイテンシ (および100%の可用性保証) を組み合わせ、オンプレミスとクラウドで高度なDRソリューションの包括的なスイートを利用することで事業継続性を確保できます。

画像をタップして拡大する
画像をタップして拡大する

アプリケーションの効率を最大限に向上

可用性とパフォーマンスに関する厳しいSLAに対応しなければならないビジネスクリティカルなワークロードには、極めて効率的なアーキテクチャーによって高速で安定したパフォーマンスと業界をリードするデータ効率を実現する、HPE Alletra 6000が最適です。99.9999%の可用性保証によって耐障害性を確保し、必要に応じて拡張するとともに、一貫性のあるデータサービスを通じてクラウドにも簡単に展開できます。

クラウド運用のエクスペリエンスを提供

異なる場所にある、あらゆる規模のシステム全体を簡単に管理できます。まず、HPE Alletraを展開すると、Data Services Cloud Consoleに接続され、インフラストラクチャの管理方法を変革できます。次に、クラウドベースのフリート管理と統合APIにより、クラウドのスピードと規模で自動化を推進できます。