他に類を見ないHPE InfoSight
他に類を見ないHPE InfoSight
HPE InfoSightが、HPE ProLiantサーバー、HPE Synergyコンピュートモジュール、およびHPE Apolloシステムでもご利用いただけるようになりました。初回リリースには、システム、パフォーマンス、容量使用率に関する詳細情報をグローバルに可視化する機能、データの予測分析機能、および部品とパフォーマンスの最適化に関する推奨機能などが含まれます。
ブログを読む

ハイブリッドクラウドのAI

人工知能 (AI) を利用してインフラストラクチャ管理とデジタルトランスフォーメーションを行い、最も困難な課題を解決します。HPE InfoSightによって、インフラストラクチャ管理の課題が解消されます。

+ 表示件数を増やす

よい週末を

ハイブリッド環境の奥深くにある根本原因を探すために何日もかける必要はありません。HPE InfoSightは、全世界の100,000台以上のシステムからデータを絶えず収集して分析します。そのインテリジェンスを活用することで、すべてのシステムはよりスマートで自己完結したものになります。成果 HPE InfoSightは、お客様の問題の86%を予測して自動的に解決します。

  • 86
    パーセント

    自動的に予測および解決される問題の割合 1

  • 85
    パーセント

    問題への対処にかかる時間が短縮される割合 2

  • 54
    パーセント

    解決された問題のうち、ストレージ以外で発生した割合 3

インテリジェントアドバイザーとともに (仮想) チームを成長させる

ストレージから仮想マシンまで、IT管理を改良するためにインテリジェントかつ実用的な推奨事項を活用します。

+ 表示件数を増やす
インフラストラクチャ - インテリジェント

インフラストラクチャがよりスマートになるにつれて、サポートケースの数が減り、解決に要する時間が短縮されます。HPE InfoSightに接続された100,000台以上のシステムを活用することで、アプリケーションの可用性とパフォーマンスが向上し続けます。

運用 - 省力化

VM中心の分析およびデータ中心の分析、簡素化されたライフサイクル管理、パフォーマンスとワークロードの配置を最適化するための推奨事項の提示により、可視性のレベルを高めて推測を排除します。

エクスペリエンス - 変革

比類のないサポートエクスペリエンスを実感してください。潜在的な問題があることすらわかっていない段階で問題を予測して阻止するため、HPE InfoSightの高度な機械学習を利用することで、あらゆるアプリケーションの保護が可能になります。

テクニカルビデオ

HPE SimpliVityでもHPE InfoSightが利用可能に

HCI製品は、ハードウェア・ソフトウェア・仮想化が綿密に連携をして動作するため、トラブル発生時は問題解決に時間がかかる傾向があります。
AIを活用したHPE InfoSightを利用することにより、トラブルの原因となるシステムのパフォーマンスや容量使用率をリアルタイムに可視化し、過去にHPE SimpliVityで発生した84%のトラブルを、発生前に予知、予防が可能となります。

AI主導型のインフラストラクチャソリューション

各製品の詳細を確認してHPEの幅広いインフラストラクチャソリューションに対する理解を深め、AIの機能を活用することで、複雑なハイブリッドクラウド環境の管理負荷を軽減できます。

注目のお客様導入事例

Basefarm社 実績のある可用性と予測分析

ノルウェーのITサービスプロバイダーであるBasefarm社は、管理する顧客企業のストレージニーズの大幅な増大に対応するためにストレージを拡張する必要がありました。同社が導入した新しいストレージソリューションでは、事業継続性を維持しつつ、ニーズの増大に合わせて拡張することができます。

課題

Basefarm社の顧客が成長するにつれて、ストレージのニーズも急激に増大しています。Basefarm社は、従来のデータセンターストレージの定義を打ち破る新たなストレージを構築する必要がありました。

解決方法

HPE 3PAR StoreServおよびHPE InfoSight、HPE 3PAR Peer Persistence、HPEデータセンターケア。

「InfoSightはハードウェアだけにとどまらず、VMレベルにも対応しています。InfoSightを使用すれば、サーバーの復旧にかかる時間をおよそ80%短縮できます」

Basefarm社ストレージおよびバックアップマネージャー、Morten Nyhuus-Eriksen氏

結果

新たなストレージによってVMの問題解決までの時間が80%短縮され、1秒あたり平均22TBの帯域幅を持続できるようになりました。

関連するお客様事例