分散型HCI (dHCI) の紹介。
より多くの成果を上げるために生まれたハイパーコンバージド。

境界のないアジリティ

ハイパーコンバージド インフラストラクチャにより一般のアプリケーションと小規模な展開が容易になることについて、疑問の余地はありません。しかしHCIに対する期待は、この程度には留まりません。アジリティと使いやすさをすべてのアプリケーション全体で実現することが求められています。加えて、高い耐障害性、優れたパフォーマンス、大規模環境における柔軟性もさらに必要となります。

 

アーキテクチャーがもたらすHCIの限界

すべてに対する理想的なソリューションであるはずのHCIですが、要求の厳しいアプリケーションと混合ワークロードに使用する際には常にアーキテクチャーの限界が立ちはだかります。HCIのエクスペリエンスをすべてのアプリケーションに拡張するために今求められているのは、新しいHCIです。

拓かれた将来への道

新しいハイパーコンバージド アーキテクチャー、分散型HCIの登場です。求められていたアジリティが、必要な耐障害性、パフォーマンス、柔軟性を犠牲にすることなく実現します。すべてのアプリケーションを妥協することなく大規模環境でパワーアップできる設計です。

ブログを読む(英語)

dHCIですべてを最大限に活用

アプリケーションの耐障害性を向上します。大規模環境でより優れたパフォーマンスを実現します。
ウォレットの効率性を向上します。1

Gartner社のハイプサイクルを確認する

HPE Nimble Storage dHCIでハイパーコンバージド インフラストラクチャのパフォーマンスをさらに引き出す

HCIをゼロから作り変えた妥協のないプラットフォームであるHPE Nimble Storage dHCIなら、HCI 2.0のすべてのメリットを利用できます。VMを中心としたAI主導の運用で、HCIよりもさらにシンプルで優れたアジリティを発揮します。エンタープライズグレードの耐障害性とパフォーマンスが実現するため、ビジネスクリティカルなアプリケーションや混合ワークロードに最適です。また、業界をリードするデータ効率性を誇り、依存性を伴わずに拡張できるため、TCOが削減されます。

まさに限界のないHCIです

HPE Nimble Storage dHCIの詳細はこちら

「HPE Nimble Storage dHCIを使用して、運用コストの50%削減、
VDIパフォーマンスの200%強化、アプリケーションプロビジョニングの50%高速化を実現しました」

 

PetSure社、インフラストラクチャおよびサービス管理の責任者、Rob Collins氏

dHCIのメリットについての詳細

各業界全体のアナリストやエンタープライズは、HPE Nimble Storage dHCIの革新的なテクノロジーを絶賛しています。その理由をご確認ください。

+ もっと見る
HCIのユースケースを拡張する

ハイパーコンバージド インフラストラクチャに伴うパフォーマンス、耐障害性、拡張性の制限を考慮して、この業界ではより要求の厳しいエンタープライズワークロードに利用するためHPE Nimble Storage dHCIの使用を検討しています。

新しいカテゴリを定義するHPE

組織は、HCIの欠点を克服するよう進化した新しいハイパーコンバージドのエクスペリエンスを待望していました。dHCIがもたらしたメリットについて、2つの企業の例でご確認ください。

機能紹介の動画はこちら(英語)
効率性の向上、コストの大幅削減

コンピューティングとストレージを個別に拡張できる柔軟性を備えるdHCIは、これまでにない効率性をハイパーコンバージドリソース稼働率で実現することで飛躍的にコストを削減します。