ディープラーニングソリューション

システム設計、パートナーエコシステム、HPE Pointnextサービスのイノベーションを利用して、ディープラーニングに求められるリアルタイムインサイト/インテリジェンスを迅速に取得できます。

ディープラーニングとAIガイドをダウンロード(英語)

ニューラルネットワークのためのインフラストラクチャ

人工知能 (AI) の一部であるディープラーニングは、人間と同じように、コンピューターがrawデータから新しい概念を習得できるようにするものです。ディープラーニングシステムでは、たとえば、花と木のイメージをそれぞれ数千通り確認すると、その違いを特定できます。ディープラーニングには、卓越したコンピュート能力、I/O、ネットワークに加えて、指数関数的な拡張性が必要となり、従来型のITインフラストラクチャでは対応できません。ディープラーニングの推進には、最適なプラットフォームと専門知識が不可欠です。

高速AIコンピューティングが可能なエンタープライズプラットフォーム

AIモデルをトレーニングする反復的なプロセスには、高レベルのコンピュートパフォーマンスが必要です。トレーニング時間を短縮するには、超並列でハイパフォーマンスなアクセラレータ (GPU) を活用することが必要な場合があります。HPE Apollo 6500 Gen10システムは、8個の高性能GPUをサポートしており、アプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させることでAIのトレーニング時間を削減します。

AIコンピューティングを表す抽象的な画像

75%

の開発者は、2018年までに1つ以上のアプリケーションにAI機能を実装する予定です1

40%

のデジタルトランスフォーメーションイニシアチブが、2019年までにAIによって利用できるようになります1

100%

の実効的なIoTへの取り組みが、2019年までにAI機能によってサポートされるようになります1

ディープラーニングに特化したポートフォリオ 

HPEは、あらゆる組織でディープラーニングを推進するための広範なイノベーションを提供します。イノベーションは、システム設計、パートナーエコシステムの連携、専門知識など多岐にわたっており、HPE Pointnextサービスの柔軟な消費モデルも含まれます。これらのイノベーションが既存のHPE Apolloポートフォリオを補完するとともに、コアデータセンターからインテリジェントエッジまでをカバーするHPEの総合的な機能を強化します。

最も処理能力に優れたGPUのパフォーマンス

HPEのディープラーニングソリューションでは、高性能GPUからCPUまでの構成に最も処理能力に優れたGPUが含まれており、各ノードに高いI/O帯域幅が確保されます。

ペタフロップス環境まで対応できる拡張性

HPEの新しいディープラーニングシステムなら、数千台のノードまで拡張可能です。このため、さまざまな規模の環境や、柔軟なコストパフォーマンス特性を実現できます。

エネルギー効率と生産性

電力効率と生産性を重視した設計となっており、ラックおよびノードレベルの電力の上限を設定し、強力なシステムツールを使用してソリューションを迅速に提供することが可能です。

ペタフロップス規模の拡張性をもたらすGPUへの投資

HPEは、エントリーレベルのGPU PCIe対応サーバーから、最新のSXM2 NVLink GPU搭載プラットフォームまで、さまざまなディープラーニングプラットフォームに投資してきました。

インフラストラクチャ容量を無制限に拡張可能

数か月ではなく、数分で容量を追加できます。担当のアカウントチームと共同で容量を管理することにより、長期にわたる調達サイクルやオーバープロビジョニングのコストを排除できます。

従量制の支払い

高度な計測システムを通じて、使用量に応じて月ごとに料金を支払うことができ、初期コストが不要になります。このアプローチは、2020年までに、購入されるITインフラストラクチャのハードウェアおよびソフトウェアの80%が従量制課金になるとのアナリストの予測に合致しています。

ハードウェア、ソフトウェア、サービスのコストを統合

ハードウェア、ソフトウェア、サービスの料金をまとめて支払うことができます。サーバー、ソフトウェア・デファインド・ストレージ、従来型のストレージ、ネットワーク、コンバージド、ソフトウェアに加えて、HPEとマルチベンダーのサポートにも適用可能です。

  • 「SGI、さらにはHPEとの連携により、東京工業大学は世界トップレベルのHPCおよびディープラーニング統合プラットフォームの実現に成功しました。これは、本学だけでなく、国家の要件にも対応できる能力を備えています。NVIDIA Tesla P100 SXM2ノードソリューションにより、TSUBAME 3.0システム全体の規模にまで拡張できる、GPUベースのディープラーニング機能を実現できます」

    TSUBAMEプロジェクトリーダー、東京工業大学教授、松岡聡氏

リアルタイムの洞察を、すべてのユーザーへ

「お客様にとって、ディープラーニング分野におけるHPEとNVIDIAとの協調体制の強化は、自動化リされたインテリジェンスを使ったよりリアルタイムな洞察の取得が可能になることを意味します。」

スティーブ・コンウェイ氏、Hyperion Research

ディープラーニングに対応するHPEパートナーエコシステム

HPEでは、お客様のディープラーニングのニーズに対応する、革新的なソリューションとサービスを開発するためのエコシステムを構築しています。

ソリューションの開発 

ディープラーニングを利用してビジネス上の課題を解決します。Kinetica社と開発したHPE Fraud Detection Solutionなどはそのよい例です。

テクノロジーの革新

次の世代のシステムに関するロードマップの共有や各種検証作業、インターオペラビリティーの確認など、エンジアリング面でのお客様との協調を幅広く目指します。

テクノロジー採用での貢献

ディープラーニングに関するお客様の初期計画からシステムデプロイ、さらにはコード・モダニゼーションにあたって、HPEのCenters of Excellenceがお役に立てます。

HPEディープラーニングサービス

重要な意思決定者による戦略的AIプランニング

重要な意思決定者による戦略的AIプランニング

1日間のHPE人工知能トランスフォーメーションワークショップで、AIのコンセプトについて明確な情報を得ることができます。自身のビジネスにとって優先事項となるユースケースを特定し、今後のステップを規定する概括的な計画を作成できます。

詳細はこちら

HPE Pointnextでディープラーニングを推進

HPE Pointnextでディープラーニングを推進

HPEのAI、データ、分析、CoEの専門知識と、新たに強化されたHPE Pointnextのアドバイザリサービスやプロフェッショナルサービスを、プランニング、設計、実装のために活用しましょう。

詳細はこちら

お客様が求めているサービスエクスペリエンスを提供

お客様が求めているサービスエクスペリエンスを提供

HPEオペレーショナルサービスで問題を未然に防止したり、解決したり、アドバイスを得たりして、優先事項と希望するサービスのエクスペリエンスを整合させることにより、期待どおりの成果を実現できます。

詳細はこちら

オンプレミス従量制のモデル

オンプレミス従量制のモデル

従量制を利用できます。インフラストラクチャ、リアルタイム分析、ビッグデータ、バックアップ、アプリケーションやデータの保護のいずれにおいても、多くのビジネスリーダーは期待どおりの結果を得ることを望むものです。

詳細はこちら

お問い合わせ

製品の詳細については、弊社問い合わせ窓口にお問い合わせください。

関連情報

ベストプラクティスガイド : オブジェクトストレージによるペタバイト規模のデータの管理

オブジェクトストレージでペタバイト規模のデータを管理する方法
ベストプラクティスガイド | PDF | 5.98MB

シンプルでコスト効果と拡張性に優れた、短時間で配備できる新しい画期的な機能を活用してオブジェクトストレージソリューションを管理する方法をご確認ください。

カタログ : HPEハイパフォーマンスコンピューティングソリューションカタログ

Resource_HPC
カタログ


ホワイトペーパー : ITサービスにおけるデジタルトランスフォーメーションの動向

デジタルトランスフォーメーションの動向に関するIDC Technology Spotlight
ホワイトペーパー

ITサービスにおけるデジタルトランスフォーメーションの動向

記事 : HPE Server Now:国内事例やキャンペーン等日本のお客様向けの情報を発信するポータルサイトです。

tm200-Resource3200_05
記事

HPE Server Now:国内事例やキャンペーン等日本のお客様向けの情報を発信するポータルサイトです。

ビデオ : AIを全面的に支持

ビデオを再生
Liv Boreeが語るスーパーコンピューター主導のAIによって人類の最重要課題を解決する方法
ビデオ | 3:40

AIを全面的に支持

ベストプラクティスガイド : ANSYSとハイパフォーマンスコンピューティングによりイノベーションを促進

PUB-Ready_PUB-9129_DeepLearning_resourceLandscape-2_2x.md
ベストプラクティスガイド | PDF | 4.57MB

CAEのシミュレーション結果が数日や数週間ではなく数時間以内に必要となるエンジニアチームは、ハイパフォーマンスコンピューティングとANSYSソフトウェアを使用すれば、これまでにない製品設計を迅速に行えるようになります。同時に複数の複雑なプロトタイピングシミュレーションに対応することで、設計サイクルを40パーセント*短縮できる方法をご覧いただけます。CAEハイパフォーマンスコンピューティングベストプラクティスガイドにご登録ください。競合製品よりも高い密度とスケーラビリティを提供するHPE Apollo 2000システムでは、ネットワークモジュールを個別に保守管理できるため、エンジニアの生産性が向上し、ビジネスの競争力が高まります。また、ハイパフォーマンスコンピューティングとANSYSソフトウェアを組み合わせて使用するなどのデータセンターソリューションにより、コンピューター支援シミュレーションを迅速化し、市場投入に要する期間を短縮するとともに、TCOを削減することができます。

1 McKinsey AI Report、2017年