お客様にお勧め
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
現代ではかつてない膨大なデータを利用できますが、多くの組織はこれらのデータから価値を十分に引き出せずにいます。ビッグデータを活用してビジネス成果を向上させるためには何が必要でしょうか。
ベストプラクティスガイドを見る(英語)
AIとデータ分析のワークロードに取り組む
AIとデータ分析のワークロードに取り組む
HPEフェローのMike Woodacreによるこのポッドキャストで、AIとデータ分析のワークロードに向けたHPE Superdome Flexの活用方法をお確かめください。AI市場の概況を把握し、HPE Superdome Flexアーキテクチャーが特定のAIとデータ分析のワークロードに取り組むために最適である理由をご確認ください。
ポッドキャストを聴く
お客様にお勧め
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
現代ではかつてない膨大なデータを利用できますが、多くの組織はこれらのデータから価値を十分に引き出せずにいます。ビッグデータを活用してビジネス成果を向上させるためには何が必要でしょうか。
ベストプラクティスガイドを見る(英語)
お客様にお勧め
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
ビッグデータをビジネスに有益な情報に変換
現代ではかつてない膨大なデータを利用できますが、多くの組織はこれらのデータから価値を十分に引き出せずにいます。ビッグデータを活用してビジネス成果を向上させるためには何が必要でしょうか。
ベストプラクティスガイドを見る(英語)

データ主導型の世界に対応するには

データソースの爆発的増加により、データは急激に増加しています。しかし、そのデータを処理するために使える時間は短くなっています。ビジネスの成果を素早く達成するためのデータ戦略を打ち立ててください。HPEの専門家、パートナー、およびテクノロジーが、データ主導型の世界での成功をお手伝いします。

+ もっと見る

データ主導型になる

分析とAIを活用すれば、データパイプラインによって最大の課題の一部を完全に解決することができます。データの処理が速ければ速いほど、有益な情報を素早く得ることができます。必要なサービス、高度なテクノロジーソリューション、消費モデルを手に入れて、データを活用しましょう。

ビッグデータでビジネスを向上

ルールとモデルを使ってデータを再構築、分析、変換して、データをビジネスに役立つよう具体化しましょう。

データセンターでの分析

適切なデータ分析インフラストラクチャを実装して、ビジネスのためにテクノロジーを最大限に活用しましょう。

市場をリードするビッグデータプラットフォーム

HPEのサーバー、ストレージ、コンバージドシステムは、ビッグデータの強力な発信源となるように構築および最適化されています。

成長に向けたロードマップ

HPEのブループリントとサービスは、マシン、人間、アプリケーションなど、すべての重要なデータから最大の効果を引き出します。

成長に向けたロードマップ

HPEのブループリントとサービスは、マシン、人間、アプリケーションなど、すべての重要なデータから最大の効果を引き出します。

デジタル時代を促進するデータ分析ソリューション

データやデータ収集デバイスの急増に伴って多大な機会がもたらされていますが、それらを最大限に活かすには、データセンターおよびインテリジェントエッジのテクノロジーにさらに迅速なコンピューティングを実装する必要があります。

AIおよび分析の導入を加速

機械学習に向けた新しい全社規模のソリューションでAIイノベーションを加速

HPE Machine Learning (ML) Opsを使用することで、AIプロジェクトの価値実現にかかる時間を数か月から数日に短縮し、MLモデルのライフサイクルにDevOpsの俊敏性をもたらすことができます。ML Opsによって機械学習のライフサイクル全体に対応することで、AIイニシアチブをパイロットプロジェクトから全社規模の運用へと拡大できます。

AIおよび分析の導入を加速

機械学習に向けた新しい全社規模のソリューションでAIイノベーションを加速

HPE Machine Learning (ML) Opsを使用することで、AIプロジェクトの価値実現にかかる時間を数か月から数日に短縮し、MLモデルのライフサイクルにDevOpsの俊敏性をもたらすことができます。ML Opsによって機械学習のライフサイクル全体に対応することで、AIイニシアチブをパイロットプロジェクトから全社規模の運用へと拡大できます。
成功事例
DZNEのロゴ

メモリ主導型のコンピューティングでアルツハイマーと闘う

ドイツの研究機関のDZNEは、メモリ主導型のコンピューティングを活用して、神経変性疾患という世界的な喫緊の課題に取り組んでいます。

課題

ドイツ神経変性疾患センター (DZNE) による、アルツハイマーとの闘いのためのペタバイト単位の研究データの分析を加速しています。

解決方法

HPE Superdome Flexサーバープラットフォームを活用したメモリ主導型のコンピューティング。

4:08

「ゲノミクス、脳撮像、長年使用している患者監視装置といった、多様なレベルでこのような複雑な病気を把握するためのコンピューティング性能が必要です。先進的な医療にはコンピューティングが欠かせなくなるでしょう」

Ph.D.、ディレクター、Joachim L. Schultze博士

結果

DZNEは主要なコンピューティング分析のデータ処理速度を100倍にすることに成功し、かつてないほど早く診断と治療ができるようになりました。

関連するお客様事例