ハイブリッドクラウド バイデザイン

ハイブリッドクラウドを完成

ハイブリッドバイデザインを選択すれば、ビジネスの隅々までシームレスかつセキュアにハイブリッドクラウドで連携させることができます。アプリケーションとデータの場所にかかわらずクラウドエクスペリエンスとクラウド運用モデルを適用することで、データを確実に管理しつつ、インテリジェンスや行動につなげ、ひいてはビジネスチャンスを切り開くことができます。

複数世代にわたるITの管理のコストと複雑さを軽減して、必要なときに必要な場所にサービスを提供しましょう。

可視化、制御、AIによる自動化を活用すれば、ハイブリッドクラウド運用を簡素化し変革できます。複数世代にわたるITをモダナイズし、ワークロードをどこで実行する場合でも柔軟性とアジリティを確保できます。  ハイブリッドクラウド環境全体でデータインサイトを最大限に活用することで、イノベーションの促進、コストの削減、ビジネスの拡大を実現できます。

ハイブリッドクラウドを完成

ハイブリッドクラウド運用を簡素化し変革するには

運用エクスペリエンスを統一すれば、ハイブリッドクラウド環境全体を可視化、制御、自動化でき、プライベートクラウドとパブリッククラウド両方のランディングゾーンにまたがりワークロードを簡単に管理およびオーケストレーションできます。

VMやインフラストラクチャをグローバルに展開、管理、アップグレード、最適化することで、IT業務がシンプルになります。IT環境全体を1つの統合エクスペリエンスとして一元化することで、ITOpsの負担が減り、イノベーションと戦略的な収益創出に取り組む余裕がチームに生まれます。

ソリューション概要ビデオを視聴したり、eBookを読んだり、クラウドのニーズを解決するための製品を深く堀り下げたりして、解決策をご確認ください。

マルチベンダー、マルチクラウドのハイブリッド運用を簡素化

インフラストラクチャとワークロードを監視、自動化、管理します。

ハイブリッドVM環境管理を簡素化

場所を問わずクラウド運用エクスペリエンスを適用し、オンプレミスとクラウド両方の環境にまたがり仮想マシン、コンテナ、ベアメタルをオンデマンドで調達および管理できるようにします。


複数世代にわたるIT全体をモダナイズするには

複数世代にわたるITをモダナイズするには、自動化されたセキュアでスケーラブルなインフラストラクチャを、データセンター、コロケーション、クラウド、エッジにまたがって実装する必要があります。レガシーシステムを効率的な最新ITに変換することで、統一されたクラウドエクスペリエンスを確立できます。

エッジからクラウドまでのハイブリッド環境をモダナイズすれば、シームレスな監視とインサイトの取得が可能になります。また、コラボレーションと分析結果の共有が促進され、どこにいても一貫したチームエクスペリエンスを確保できます。技術的負債を削減し、高い回復力、適応力、将来性を持つITインフラストラクチャを実現できます。

ソリューション概要ビデオを視聴したり、eBookを読んだり、クラウドのニーズを解決するための製品を深く堀り下げたりして、解決策をご確認ください。

アジリティと価値創出を追求するクラウド運用モデルを構築

迅速な意思決定、連携を通じたリスク管理、業績向上の足掛かり構築によって、ハイブリッドクラウド戦略を推進し実現できます。

複数世代にわたるIT環境の効率化とモダナイゼーション

拡張性と柔軟性に優れた包括的なマネージドプライベートクラウドエクスペリエンスをベアメタル、コンテナ、VMでも実現します。

リモートで監視、管理し、有益な情報を取得

いつでもどこでもサーバーシステムを管理しインサイトを得られるインテリジェントなコンピュート管理ソフトウェアです。

所有するIT資産を活用して資金を増やすことが可能

HPE GreenLakeを利用すれば、ハイブリッドクラウドモデルへの移行を進めながら所有する既存のIT資産を活用して資金を増やすことができます。


データを最大限に活用するには

エッジからクラウドまで、複数のハイブリッドIT環境にまたがる包括的なデータ管理とセキュリティを実現できます。さまざまな環境にあるアプリケーションにシームレスにアクセスして運用でき、ランサムウェアや自然災害などの危機からも素早く回復できます。

また、HPE GreenLakeプラットフォームを通じて、不変性、暗号化、卓越したストレージ効率、堅牢なバックアップソリューションなどの高度なセキュリティ機能にアクセスし、ハイブリッドクラウド全体のデータを確実に保護して運用を効率化することが可能です。

ソリューション概要ビデオを視聴したり、eBookを読んだり、クラウドのニーズを解決するための製品を深く堀り下げたりして、解決策をご確認ください。

ハイブリッドデータへのアクセス、分析、管理をグローバルに実行

レガシーシステムやパブリック/プライベートクラウド、エッジにまでまたがるデータパイプラインを高速化できます。

ハイブリッドクラウド全体のデータ保護を簡素化

オンプレミスワークロードとクラウドネイティブワークロードのすべてのバックアップのSLAに対応できます。

場所を問わずデータを安全に保護

クラウドネイティブのディザスタリカバリを展開することにより、データ損失とダウンタイムのリスクを低減できます。


ワークロードを最適な場所に配置するには

データ主導のインサイトを活用してワークロードを最適に配置し、ビジネス目標との調整と運用効率向上を目指します。自動化を組み込み、使い勝手の良いセルフサービスアクセスを取り入れることで、クラウドとワークロードの管理を簡素化し、ニーズの変化に俊敏に適応できるようになります。 

マネージドサービスとしてワークロード配置を選択するうえで、インフラストラクチャ管理からパフォーマンス最適化およびイノベーション促進へと重点がシフトしており、大きなビジネスインパクトと成長につながるようワークロードが効率的に配置されるようになっています。

ソリューション概要ビデオを視聴したり、eBookを読んだり、クラウドのニーズを解決するための製品を深く堀り下げたりして、解決策をご確認ください。

あらゆるアプリケーションやミッションクリティカルワークロードに真のクラウドエクスペリエンスを提供

プライベートクラウドとパブリッククラウド両方のランディングゾーンにまたがりワークロードを簡単に管理およびオーケストレーションできます。

コンピュートプラットフォームのパフォーマンス、コスト、持続可能性を最適化

インテルベースのプラットフォームにより、データセンターからエッジまでのあらゆるワークロードを加速させるのに必要なパフォーマンスを得ることができます。

パフォーマンス、コスト、持続可能性を最適化したプラットフォームでビジネスを最新化

AMDベースのプラットフォームにより、データセンターからエッジまでのあらゆるワークロードを加速させるのに必要なパフォーマンスを得ることができます。

すべてのワークロードに対応するハイブリッドITプラットフォームの最適な組み合わせを定義

ビジネスニーズに基づいた最適なワークロードの展開の選択について、データ主導で意思決定を下すことができます。


HPE GreenLake - セキュアなオープン型Edge-to-Cloudプラットフォーム

ハイブリッドクラウド運用モデルによって、あらゆるワークロードとデータにわたってソリューションを強化します。HPE GreenLakeは、お客様が求めるセキュリティ、可視性、管理の容易さを備えた、柔軟性と拡張性に優れたクラウド運用エクスペリエンスを提供します。

製品およびサービスの詳細はこちら

ストレージ

as a serviceで提供される効率的でコスト最適化されたストレージにより、オンプレミスおよびクラウドでランサムウェア攻撃からデータを保護できます。

コンピューティング

ゼロトラストアーキテクチャーにより、統合されたコンピュート運用を保護できます。インフラストラクチャ、OS、プラットフォーム、ワークロードの継続的で自動的な保護を実現します。

ソフトウェア

分散型機械学習のための内蔵型セキュリティと信頼性の高いブロックチェーンテクノロジーにより、データの整合性とプライバシーを保護できます。

サービス

適切なツールとスキルによってお客様のビジネスを進化する脅威から保護します。定期的な脅威評価とサイバーセキュリティ トレーニングにより、クラウドセキュリティを強化できます。