ビッグデータソリューション

ビッグデータのあらゆる可能性を活用すれば、アイデアエコノミーの時代において組織の未来を切り開くことができます。

データを有効活用

データは、新たなアイデアを他社に先駆けて市場に広めた企業が成功するアイデアエコノミーにおいて、最も価値のある資産です。データ駆動型組織は、継続的な改善と先見性のある計画を通じて、顧客満足度を向上させ、情報に基づく重要な意思決定を迅速に行い、無駄をなくし、リスクを軽減することによって、大きな利益を上げています。

ビッグデータの活用によるビジネスの向上

HPEは、お客様がデータをより有効に活用できるよう、革新的なソフトウェア、サービス、およびビッグデータ向けインフラストラクチャソリューションを提供しています。HPEとの連携により、従来のデータと新しいデータを統合してニーズの変化に柔軟に対応し、関連するデータプールから得た情報をパーソナライゼーション、予測、収益化などに活用する、包括的なデータ戦略を確立できます。

87%

データを十分に活用できていない企業の割合

85%

データを迅速に分析できていない企業の割合

92%

クリックストリームデータを有効活用できていない企業の割合

ビッグデータによるビジネス上の問題の解決事例

想像力を解き放つDreamWorks Animation社

最先端のテクノロジーを活用してアイデアをスムーズに実現させたいと考えていたDreamWorks社では、新しい動的なインフラストラクチャを導入したことにより、アーティストが何の障害もなく、思い通りに作業を進めることが可能になりました。

先進のビッグデータプラットフォームとイノベーション

価値を創出するインフラストラクチャに対応

緊密に統合されたワークロード特化型のサーバーであるHPE Moonshotは、非常に小規模で優れた処理性能を発揮し、瞬時のアクセスと処理の高効率化を実現します。

ビッグデータ、分析、およびオブジェクトストレージ専用に開発されたHPE Apollo 4000は、Hadoopベースのデータマイニングと非SQLベース分析のデータに特化したサーバーで、ペタバイト規模のデータボリュームを含むオブジェクトストレージを実装できます。

HPE ConvergedSystem for SAP HANAはワークロードに最適化されており、卓越したアジリティと信頼性を備えています。リアルタイムのビジネス分析とスケーラブルでミッションクリティカルなSAP HANAを実現できます。

HPE 3PAR StoreServ 20000は、分析済みデータを格納して、既存のワークロードのニーズと将来の拡張に対応します。詳細については、ストレージを統合し、テラバイトあたりのコストを削減する、HPE 3PARコンバージドSANソリューションの情報をご覧ください

HPE ProLiantサーバーは、高密度の効率的なシャーシに搭載可能なバランスの取れた統合アーキテクチャーで、データを直線的かつ無制限にスケーリングするとともに、スペース、エネルギー、および時間に関するデータセンターの課題をHPE Apolloビッグデータソリューションで解決します。

成長に向けたロードマップに対応

HPEとパートナーシップを締結すれば、リスクが軽減され、価値を創出するまでの時間も短縮されます。また、マシンデータ、ヒューマンデータ、およびアプリケーションデータの効果を最大化するための包括的な「ビッグデータのバランスシート」とブループリントにより、データから最大限の価値を得られます。

HPEは、ビジネス、人員、および環境から得られる成果を大きく向上させる、データと情報の格納、検索、管理、保護、提供に力を注いでおり、お客様に最適なハードウェアソリューションを世界中のあらゆる場所に展開しています。

また、HPE Big Data Serviceが、世界中のあらゆる場所でデータシステムの管理をサポートしています。お客様はHPEと連携することで、インフラストラクチャではなく、ビジネスの拡大に集中できます。

データを有効活用するHPEの製品とサービス

データを有効活用する組織の実現

アイデアエコノミーの時代においては、他社に先駆けてデータを有効活用できる企業が、大きな変革をもたらします。また、データを迅速に処理できれば、新たなアイデアを素早く得ることができます。