ハイブリッドクラウドを簡素化

クラウドとデジタル経済の戦略的なビジネスメリットを実現できます。単一のクライアントポータルからすべてのクラウドサービスを利用、管理、制御できるため、ITスタッフは、より多くのお客様を獲得し収益を拡大するために、新しいアプリケーションやサービスを迅速に開発するといった、求められるビジネス成果の実現に注力することが可能です。 

HPE GreenLake Hybrid Cloudは、運用を簡素化してリスクの軽減、複雑性の解消、および迅速なクラウドの導入に貢献する、パブリッククラウドとプライベートクラウド向けの環境に依存しないマルチクラウド/マルチスタックマネージドサービスです。

+ もっと見る

クラウドの運用を簡素化

テクノロジーを活用してビジネスの問題を解決するという任務を遂行するとともに、IT運用における手間のかかる作業を削減することができます。また、HPEの先進的なクラウドネイティブの自動化アプローチを活用し、マルチクラウド環境全体で等しく質の高いエクスペリエンスを実現できます。

 

スキルギャップの解消

適切なスキルを持つ (コストのかかる) 人材を探すことなく、最新のテクノロジーを迅速に導入して競争力を強化できます。

コストの管理

クラウドとオンプレミスの使用量とコストを把握できます。有益な情報を得たり、使用量とコストを監視したり、エキスパートのアドバイスを受けたりすることが可能です。

リスクの管理

データ、IP、およびリソースに関する具体的なセキュリティポリシーやコンプライアンスポリシーを実装できます。リスクを監視するとともに警告とアドバイスを受け取り、正確な記録やログを維持することが可能です。

ハイブリッドクラウド

エッジ、クラウド、データセンターなど、あらゆる場所のアプリケーションとデータでクラウドエクスペリエンスが得られます。 

お客様事例

クラウドとIoTを未来の食料供給に活用するLand O’Lakes社

今日では、1人の農業従事者が155人分の食料を供給していますが、2050年には250人分の食料を供給しなければならなくなると見られています。精密農業の分野で世界をリードするLand O’Lakes社は、クラウドテクノロジーを活用してこのような需要の急増に対応しています。

課題

遺伝子が作物生産にもたらす可能性と実際の成果のギャップを解消する農業テクノロジーを見つけ出す。

解決方法

ハイブリッドクラウドサービスを活用して、Google™ Cloud Platformを基盤とするIoTベースの作物データ収集アプリケーションを開発する。

「当社では、データの取得と知識の移転をリアルタイムで効率的に行うアプリケーションを開発しています」"

Land O’ Lakes社IT担当VP、Teddy Bekele氏

結果

Land O’Lakes社のおかげで、農業従事者はこれまでより13%少ない面積でトウモロコシの生産量を650%増やせるようになった。