HPE GreenLakeフレックスキャパシティ

HPE GreenLakeフレックスキャパシティは、パブリッククラウドのアジリティと経済性に加えて、オンプレミスITのセキュリティとパフォーマンスを実現する、オンデマンドキャパシティによるインフラストラクチャサービスです。

オンプレミスITインフラストラクチャにおけるクラウドのメリット

HPE GreenLakeフレックスキャパシティなら、パブリッククラウドの経済性と、オンプレミスITの安全性 および制御性のどちらを選択するのかを悩むことなく、両者のメリットを得ることができます。HPE GreenLakeフレックスキャパシティは、オンプレミスIT環境に従量制による経済性と柔軟性をもたらすサービスです。両者のメリットを最大限に活用して拡張や準備を行うことで、ビジネスニーズの変化に迅速に対応できます。詳細については、IDC Technology Spotlightをご覧ください。

フレキシブルキャパシティ

両方のメリットを得る—スケールおよび
制御性—最大38%削減

451 Research社のレポートでは、 HPE GreenLake Flex Capacityを導入した場合、コンピューティングインフラストラクチャ容量の総コストを、業界平均と比較して最大38%削減できると述べられています。企業や500人のIT意思決定者が柔軟性の高い容量プランニング/プロビジョニングをどのように活用して、収益性の向上をプロアクティブに計画、実現しているのかをご確認ください。

ITキャパシティの使用量に応じた支払い1

HPE GreenLakeフレックスキャパシティは、キャッシュフローと実際のキャパシティ使用量を合致させる、従量制のIT支払いモデルを提供しています。HPE データセンターケアのサポートチームがお客様のチームの一員として、ニーズを想定し、ハイブリッドITの運用を支援します。

オンプレミスIT

お客様が選択したオンプレミスの機器をHPEが所有、維持

従量制の支払いモデル

計量された使用量に基づく従量制の支払い方式と、将来の需要を予測するためのセルフサービスのレポートへのアクセス

スケーラブルなITインフラストラクチャ

オンサイトのバッファーによって必要に応じて迅速に容量を拡張でき、未使用の容量に対する支払いが不要

ITの未来:HPE GreenLake

ITの未来:HPE GreenLake
柔軟なオンデマンドのITによる迅速なアクションで新たなビジネス機会を獲得:HPE Green一最も重要なオンプレミスのワークロードに向けて、インフラストラクチャと完全なソリューションを思いのままに使用できます。

HPE GreenLake フレックスキャパシティのメリットを見る 

まず、HPEがお客様とともに現在と将来の容量を予測し、最小コミットメントを設定してから、現在必要な量を超えるITリソースのローカルバッファーを作成します。必要に応じてバッファーを利用でき、Azureのパブリッククラウドへの拡張も容易に行えます。HPEがどのようにお客様と連携し、将来の需要に備えて予備の容量を確保していくのかを説明します。

ビデオを再生
3:33

Accenture社が顧客の条件に合ったクラウドを提供

"「フレキシブルキャパシティにより、顧客はパブリッククラウド環境と同じように、まさにクレジットカードを通すような感覚でオンプレミスのハードウェアとソフトウェアを保有できます」"
– Accenture社HPE担当ソリューション&/Go To Market戦略責任者、Chip McCullough氏

0 / 0

HPE GreenLake フレックスキャパシティサポートがお客様のITチーム内で支援

HPE GreenLake Flex Capacityなら、消費/使用量に基づく1件の契約と毎月1回の請求にまとめられ、事前の支払いは不要です。HPEのエンタープライズレベルのサポートチームが、お客様のITサポートチームの一員として支援します。次のようなプロアクティブサポートをご利用いただけます。

  • コール対応の強化により、お客様が選択したオンプレミスのサーバー、ストレージ、ネットワークを維持およびサポートします。
  • チームがプロアクティブにビジネス管理をサポートし、お客様が求める容量の増加および削減に対処します。
  • お客様独自のニーズに合わせてサポート環境をカスタマイズすることで、ビジネスのイノベーションやチャンスにリソースを集中できるようにします。

導入の前に

弊社窓口または代理店にお問い合わせのうえ、ネットワーキング、ソフトウェア、サーバー、およびストレージオプションをはじめとする、HPE GreenLake Flex Capacityのメリットをご確認ください。

関連情報

ビデオ : 柔軟なIT消費モデルの優位性

ビデオを再生
PUB-13460_Resources-01_2x-md
ビデオ | 2:05

柔軟なIT消費モデルの優位性

アナリストレポート : エグゼクティブブリーフ: Frost & Sullivan社レポート: 柔軟性、イノベーション、クラウドと同等の優れたコスト効率

PUB-13460_Resources-02-Frost_2x-md
アナリストレポート

エグゼクティブブリーフ: Frost & Sullivan社レポート: 柔軟性、イノベーション、クラウドと同等の優れたコスト効率

ブログ記事 : エキスパートの意見

PUB-13460_Resources-03-BlogPost_2x-md
ブログ記事

テクニカルサポートサービスのブログでエキスパートの声をご覧ください。

Analyst White Paper : 2つの環境の長所を融合: クラウド環境において拡張性と制御性の両立は可能か

451 Research社: プライベートクラウド環境に適した柔軟性の高いITインフラストラクチャ
Analyst White Paper | PDF | 929.60KB

企業が実際に、プライベートクラウド環境をどのように効率的に管理しているのかについては、ほとんど知られていません。効率的な管理が行えているのか、それともパフォーマンス、TCO、容量などに関して課題を抱えているのかは不明です。お客様への情報提供にあたり、ヒューレット・パッカード エンタープライズは451 Research社に委託し、500人のIT意思決定者を対象とした調査結果とCloud Price Indexのデータをもとに、これらの問題を検討しました。拡張性と制御性の両立という企業が直面する課題、またオンプレミスでの高柔軟性ITモデル装備の高拡張性インフラストラクチャによって自己管理型プライベートクラウドよりもコスト抑制できる方法をご紹介します。

ビデオ : Sogeti BeLux社がHPEソリューションを活用し、アジャイルなIT環境を実現

ビデオを再生
PUB-13460_Resources-05_2x-md
ビデオ | 3:39

Sogeti BeLux社がHPEソリューションを活用し、アジャイルなIT環境を実現

お客様事例 : 導入事例: Capgemini社がHPE GreenLake Flex Capacityでコスト効率良く拡張

PUB-13460_Resources-04-Capgemini_2x-md
お客様事例

Capgemini社がHPEフレキシブルキャパシティでコスト効率良く拡張

  • 1

    Above the minimum capacity commitment.