あらゆるものがつながり合う世界のデータを有効活用

人工知能、データ、および高度な分析を活用すれば、革新的、倫理的、かつセキュアな方法で有益な情報を取得したり、信頼性の高いトランザクションを実現したり、インテリジェンスを取り入ることが可能になり、人とマシンがエッジからクラウドに至るまでの環境で連携する方法に革新と変革をもたらすことができます。HPEは、お客様がデータ、ビジネス、およびITチームと緊密に連携し、AI主導の自動化された方法でビジネス成果を実現できるようサポートします。


人工知能の運用

ビジネスでは今後、実際に人工知能が活用されるようになると思われます。そのため、人工知能を開発して運用するための適切な専門知識、データ、AIツール、テクノロジー、パートナーエコシステム、および優れた経済性が必要です。

検討

分析やデータのニーズを評価し、ビジネス目標に則ってAIユースケースの優先順位付けを実施し、データ戦略、課題の特定、AI導入に着手します。

検証

AIユースケースやデータサイエンス環境を試行し、データ、ビジネス、技術戦略と本番環境に向けた計画を検証します。

展開

アジャイルな設計と実装により、AIユースケースやデータプラットフォームのパイロット版をエッジやクラウドの本番環境に展開し、変更を管理し、チームのトレーニングを実施できます。

利用

AIユースケース、サービスとしてのAIインフラストラクチャ、データプラットフォームを利用、提供し、継続的なサポートとトレーニングで変化に対応します。

利用

AIユースケース、サービスとしてのAIインフラストラクチャ、データプラットフォームを利用、提供し、継続的なサポートとトレーニングで変化に対応します。

AIのユースケースの紹介

HPEのお客様はAIを幅広く活用しています。HPEのエキスパートがビジネスでの活用をサポートできるソリューションには、以下のようなものがあります。


エッジからクラウドまでのAIユースケースの開発と利用

組織は、AIやMLへの取り組みにクラウドベースのリソースを選択するようになりました。しかし、クラウドへのワークロードの移動は容易ではありません。AI/MLのパイロット運用でさらなる成功を実現し、自信を持って変革を次の段階に進められるようにする、HPE Edge-to-Cloud Transformation Frameworkの仕組みをご覧ください。

AI/MLのユースケースにクラウドエクスペリエンスをもたらすための8つの重要な留意事項

クラウドでAIユースケースを開発するには、さまざまな要因への考慮が必要です。組織が変革で成功を収めるために進展させる必要がある具体的な8つの機能領域をHPEが明らかにします。

未来の工場を今すぐ実現

製造業は、AIと分析を導入して生産における課題に対応しています。HPEとNVIDIAは、未来の工場を今すぐ実現するために強力なデータ主導型ソリューションを開発しました。

Artificial intelligence for IT operations (AIOps)

AIOpsのユースケース、テクノロジー、アプローチ、およびHPE Pointnext Servicesを利用したAIOpsの実装について詳細をご確認ください。また、最高クラスのエクサスケールシステムなど、HPCシステムにおけるAIOps実装のケーススタディについてもご覧ください。

倫理的活用でAIと未来を築くHPE

HPEは、人々のライフスタイルとワークスタイルを向上させるための手段として、責任ある立場で倫理的なAIの開発と展開に取り組んでいます。

HPEのAIおよびデータ主導サービス

さまざまなユースケースの検証、AIテクノロジーやデータテクノロジーの実験、エンタープライズ対応のソリューションの構築に役立つ専門知識、エッジツーコアテクノロジー、およびパートナーエコシステムを有する企業は、HPEをおいて他にありません。 

AI: eスポーツ界を牽引する新たなプレーヤー

Evil Geniusesは、データを活用することにより、チームスキルを向上させ、新たな勝利戦略を構築し、世界中の有望な選手を発掘しています。