高度な自動化によるビジネスイニシアチブの推進

HPEのサーバーに組み込まれたインテリジェンスが、応答時間を短縮して価値とサービス品質を向上させるように設計されたエッジからクラウドまでの自動化によってIT環境に変革をもたらします。

HPE GreenLake for Compute Ops Management

まったく新しいサーバー管理

エッジからクラウドまでのシームレスなas a serviceのサーバーライフサイクル管理により、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。最新のサーバー管理では、プロビジョニングを簡素化して主要なライフサイクルタスクを自動化できるため、複雑さが軽減されて変革を推進できます。

HPE GreenLake for Compute Ops Managementがもたらすメリット:

  • サーバー管理の一元化
    エッジからクラウドまでのシームレスなas a serviceの単一コンソールとセルフサービス、およびサーバーへのリアルタイムアクセスにより、サーバーの管理と運用を効率化できます。
  • クラウド運用のセキュリティ強化
    クラウドネイティブアーキテクチャーですべてのサーバーをシームレスに管理および監視することで、分散しているサーバーのライフサイクルタスクを安全に管理できます。
  • 簡素化と自動化
    サーバーのライフサイクル管理を簡素化してアジリティを向上させることで、TCOも削減できます。
1:52
as a serviceとしてのサーバー管理

HPE GreenLake for Compute Ops Managementは、サーバー環境全体でシンプルさ、アジリティ、スピードをグローバルに向上させるas a serviceのエクスペリエンスでサーバー管理を変革します。

HPE OneView

ITインフラストラクチャ管理の自動化

HPE OneViewは、最新のデータセンターの基盤である自動化を活用しながら、インフラストラクチャを正確かつ瞬時に構成する単一のインターフェイスを通じて、アプリケーションとサービスのデリバリを迅速化します。また、ソフトウェア デファインドの自動化によってオンプレミスデータセンター インフラストラクチャの導入と管理をサポートするとともに、テンプレートベースのアプローチによってサーバー、ストレージ、およびネットワークインフラストラクチャの展開、プロビジョニング、アップデート、統合をサポートします。

  • ソフトウェア デファインドによる自動化への移行
    ソフトウェア デファインド インテリジェンスにより、高可用性、整合性、および制御性を確保する繰り返し使用可能なテンプレートでプロビジョニングを自動化できるため、運用コストが削減されます。
  • あらゆるワークロードをサポートする構成
    IT管理者は、オンプレミスの物理インフラストラクチャを簡単に構成できます。ソフトウェアで定義したデータセンターの物理インフラストラクチャはプログラム可能になり、単一のユニファイドAPIでコードとして管理できるようになります。
  • コアからクラウドまでを接続
    HPE OneViewにより、IT管理者はさまざまなパートナーエコシステムを活用してターンキー方式のプライベートクラウドインフラストラクチャをプロビジョニングし、コアからクラウドへのソフトウェア デファインド インフラストラクチャの接続を確立できます。
HPE OneViewの詳細はこちら
無償試用版はこちら
HPE OneViewがもたらす価値

今日のソフトウェアデファインドインフラストラクチャの基盤となるHPE OneViewは、IT部門がより迅速にインフラストラクチャを展開してライフサイクルの運用を簡素化し、生産性を向上させることができるようサポートします。このソフトウェアを使用すれば、IT部門はコードのようにワークロードを構成してアジリティを向上させるとともに、予見性を高めてコンプライアンスを確保できます。ガイド付きおよび対話型のさまざまなデモを使用して、さまざまなシナリオを試用してください。

HPE Integrated Lights-Out (iLO)

場所を問わず、セキュアなサーバー管理を実現

サーバーの稼働状態と運用状況を継続的に把握できるとしたら、どのようなメリットがあるでしょうか。HPE Integrated Lights-Out (iLO) を使用すれば、時間や場所を問わず、シームレスかつ安全にHPEサーバーを構成、監視、更新できます。また、サーバーを効率的に管理し、問題を迅速に解決してビジネス継続性を確保できます。

HPE iLOの詳細はこちら
HPE iLO Advancedの無償試用版はこちら
モバイルデバイスからの場所を問わないリモートアクセスを実現

iLOとサポート対象のモバイルデバイスを使用すれば、HPE ProLiantサーバーに接続し、重要な管理タスクを実行することが可能です。iLOモバイルアプリを通じて、あらゆる場所からサーバーにアクセスできます。

サーバー管理ソリューション

管理タスクを簡素化すると同時にアジリティを高めることに重点を置いたHPEのサーバー管理ソリューションを活用すれば、これまでより迅速にリソースを展開してライフサイクルの運用を簡素化し、生産性を向上させることができます。

HPE GreenLake for Compute Ops Management

エッジからクラウドまでのシームレスなas a serviceのサーバーライフサイクル管理により、デジタルトランスフォーメーションを加速させます。

HPE OneView

オンプレミスのデータセンターインフラストラクチャを導入、管理し、サーバー、ストレージ、およびネットワークインフラストラクチャの導入、プロビジョニング、更新、統合にテンプレートベースのアプローチを可能にするソフトウェア デファインドによる自動化です。

HPE Integrated Lights-Out iLO による一元的なサーバー管理

HPE iLOは、世界中のあらゆる場所からサーバーを効率的に管理して問題を迅速に解決し、事業継続性を維持できるツールをお客様に提供します。 

HPE InfoSight for Servers

クラウドベースの機械学習とパフォーマンス監視を組み合わせたAI主導の運用を追加することで、情報の一元化とトラブル対応工数の削減を実現し、今後更なる機能拡張を提供します。

製品カタログ

サーバー管理ツール

HPE OneViewHPE iLO管理ソリューションに次のような基本的かつ強力なサーバー管理ツールを組み合わせることにより、管理者の生産性が向上します。

展開する

迅速かつ簡単に小規模環境を構築できます。

Intelligent Provisioning

HPE ProLiantサーバーの初期構成とOS展開をすばやく実行できます。

Unified Extensible Firmware Interface (UEFI)

HPE ProLiantサーバーGen9およびGen10向けの新しいBIOSモードでサーバーを簡単に構成できます。

管理と監視

ファームウェアのアップデートおよび構成が迅速に行えるツールにより、管理ソリューションを強化できます。

iLO Amplifier Pack

HPEのGen8、Gen9、Gen10サーバーの検出、インベントリ作成、およびアップデートを迅速かつ大規模に行うことができます。

Smart Updateソリューション

HPE ProLiant用サービスパック (SPP) またはSmart Update Managerを使用することで、サーバーのアップデートを体系的かつ計画的に実行できます。

ユーティリティツールセット

PowerShellスクリプティングツールを使用して、PowerShellの構文およびスクリプティングモデルをベースとするHPEサーバーで構成タスクを実行できます。このWindowsとLinuxのスクリプティングユーティリティのツールキットにより、大規模なHPE ProLiantサーバーを構成することが可能です。

APIツール

Redfishに準拠したHPEのAPIツールを利用すれば、構成が簡単に行えます。

iLO RESTful API

Redfish 1.0に準拠した新しいHPE ProLiant Gen9およびGen10のAPIにより、プログラムの演算を簡単に行ってサーバーのインタラクションを標準化できます。

RESTfulインターフェイスツール

iLO RESTful APIを活用し、安全なリモートサーバー構成を大規模に実行するスクリプティングツールです。

サポート

次のようなサーバー稼動状態監視ツールを補助的に利用することで、迅速に問題を解決できます。

Active Health System Viewer

アクティブなヘルスシステムのログを簡単に読み取ってサーバーの稼働状況に関する実用的な情報を取得し、迅速に問題を解決できます。


注目のお客様事例
HudsonAlphaのロゴ

ゲノム分析のワークロードの処理に必要な時間を数秒にまで短縮

HudsonAlpha Institute for Biotechnologyは、科学の躍進で中心的な役割を果たす、集中的なコラボレーションと分析をサポートするうえで非常に重要なインフラストラクチャの厳しい要件に対応しながら、データを多用するゲノム研究を行っています。

課題

HudsonAlpha Institute for Biotechnologyの構内では数百人の研究者、教育者、および企業家が活動しており、ITリソースが限界に達していました。

解決方法

HudsonAlpha Institute for Biotechnologyは、HPE OneViewで使用可能なデータを入手するまでの時間を短縮してセルフサービス機能を強化し、開発者が運用を自動化するとともに、新しいクラウド環境を迅速にプロビジョニングできるようにしています。

「効果はすぐ速度に表れました。34の関連企業と200名の研究者のニーズをすべてとりまとめ、できるだけ効率的な形でリソースを使用できるようになりました。」

ハドソンアルファ・バイオテクノロジー研究所、共同設立者兼会長、Jim Hudson氏

結果

HPE Synergyの導入により、コストとパフォーマンスの要件のバランスを調整し、動的で柔軟性とコスト効果の高いインフラストラクチャを構築することに成功したHudsonAlphaでは、スタッフの生産性とIT運用の効率が向上し、5年間のROIが247%に達しました。