プレスリリース
HPEが通信エッジで動作する新しいプラットフォームを発売
HPEが通信エッジで動作する新しいプラットフォームを発売
通信サービスプロバイダー (CSP) は、メディア配信、コネクテッドモビリティ、およびスマートシティ通信サービス向けのデータを多用する低レイテンシのサービスを活用できるようになりました。
プレスリリースを読む
プレスリリース
HPEが通信エッジで動作する新しいプラットフォームを発売
HPEが通信エッジで動作する新しいプラットフォームを発売
通信サービスプロバイダー (CSP) は、メディア配信、コネクテッドモビリティ、およびスマートシティ通信サービス向けのデータを多用する低レイテンシのサービスを活用できるようになりました。
プレスリリースを読む

テクニカルドキュメント

HPE Edgeline Converged Edge Systemの管理機能

HPE Edgeline OT Linkテクニカルホワイトペーパー

通信およびメディアエッジ向けのHPE Edgeline EL8000 (英語) (抄訳)

HPEインフラストラクチャによるVRAN 2.0 (英語) (抄訳)

+ もっと見る

エッジシステムはあらゆる場所、ビジネスで活用

エッジシステムは、工場の生産現場、石油リグ、空港といったあらゆる場所で活用されており、自動車、ドリル、カメラ、個人用デバイスなど、エッジにあるさまざまなモノが、急増するビッグデータの発生源となっています。こうしたデータを分析して処理する機能により、運用を最適化したり、従業員のエクスペリエンスを再定義したり、顧客満足度を向上させたり、ビジネスモデルを差別化したりすることが可能になります。

+ もっと見る

HPE Edgeline Converged Edge Systems

HPE Edgeline Converged Edge Systems は、厳しいエッジ環境に適した耐久性の高いシステムでデータ収集、制御システム、産業用ネットワークなどの運用テクノロジー (OT) とエンタープライズクラスのITを統合し、エッジで革新的な新しい機能を実現します。

エッジコンピューティングの最新情報

グローバル通信機器ベンダーと協調し、HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemが、エッジにおけるNFV、MEC、ローカル 5Gを実現

通信事業者や製造業における超大容量データのリアルタイム処理のために開発したHPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemを販売開始します。HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemは、エッジにおける5G、MECのNFV基盤に最適で、マルチメディア配信、コネクテッドモビリティ、スマートシティを実現するための、IoT、AI、動画解析など、大容量データをエッジにて低遅延で処理するニーズにも適しています。

エッジコンピューティングの最新情報

グローバル通信機器ベンダーと協調し、HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemが、エッジにおけるNFV、MEC、ローカル 5Gを実現

通信事業者や製造業における超大容量データのリアルタイム処理のために開発したHPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemを販売開始します。HPE Edgeline EL8000 Converged Edge Systemは、エッジにおける5G、MECのNFV基盤に最適で、マルチメディア配信、コネクテッドモビリティ、スマートシティを実現するための、IoT、AI、動画解析など、大容量データをエッジにて低遅延で処理するニーズにも適しています。

統合されたOTとエッジコンピューティングが価値を高める仕組み

HPE Edgeline Converged Edge Systemsのポートフォリオ

エッジでエンタープライズクラスのコンピュート、ストレージ、および管理機能を活用できます。HPE Edgelineは、エッジの厳しい動作環境を念頭に置いて設計された耐久性の高いシステムでエンタープライズクラスのIT機能を提供します。

お客様導入事例

射出成形機生産品質管理システム「I-CONNECT」のエッジコンピューティング基盤にHPE EDGELINEを採用

「HPE Edgeline Converged Edge System」を採用し、過酷な環境下においても、大量のデータを迅速・確実に処理できる環境を実現しています。

課題

射出成形機及び射出成形機に接続された周辺装置、各種センサーの情報を統合的に収集・蓄積し、成形セル、全体の監視・管理や品質管理の効率化を支援するIoTソリューションを提供すること。

解決方法

「HPE Edgeline Converged Edge System」によるエッジコンピューティング基盤を構築し、過酷な環境下においても大量のデータを高速に処理できる環境を実現する。

“熟練技術者がだんだん減っていく中で、生産の最適化や品質向上を目指すには、i-Connectのような仕組みが欠かせません。当社では、お客様向けの講習会なども計画していますので、ぜひご利用頂きたいですね。”

住友重機械工業株式会社 プラスチック機械事業部 営業室 営業技術部 テクノロジーセンター 成形G 鈴木 啓介 氏

結果

  • 今後の成長を支える新たなIoTソリューションの創出に成功
  • データ活用支援を通して顧客企業とのリレーションを強化
  • ハードウェアをHPEに任せることでアプリケーション開発への注力が可能に
  • HPE Edgeline OT Link Platform Softwareとの連携など将来的な発展性も確保
関連するお客様事例