HPE Edgelineコンバージドエッジシステム

安全な制御を実現し、業界のモノのインターネットからのインサイトの時間を短縮するエッジコンピューティング

Edgeline IoTゲートウェイ Edgeline IoTゲートウェイ

ビジネスにおけるエッジの潜在能力を活用

従来のネットワーク「エッジ」のモノのインターネット (IoT) デバイスは、間もなく200億台を超えると予想されています1。これらのデバイスが莫大な量のデータを生成し、迅速なインサイトの抽出からまたとないビジネスチャンスが提供されます。

IoTが威力を発揮するエッジコンピューティング

エネルギー業界のエッジにおけるコンピューティング

IoTデータはリモートで生成され、エネルギー、製造、公共事業などの業界のアナログデータを出力するエッジの機器でよく発生します。従来型のデータセンターまたはクラウドのほかに、現場、工場の作業場、石油掘削施設、または銅山にもエッジは存在し、ビジネス、エンジニアリング、および科学的なインサイトが生成されます。 

現在、IoTデータは、将来の処理や分析のためにデータセンターまたはクラウドに送信されます。リモートサイトでこのデータを処理できると仮定します。そうすると、即座に措置を講じることができ、「モノ」の即時制御に影響を及ぼします。

HPEは、このデータセンターからエッジへの移動をリードし、エッジでの機械学習、詐欺の防止、自動メンテナンスサポート、拡張現実 (AR) テクノロジーなどの、以前は不可能だったテクノロジーの新たな波を実現しています。

HPE Edgelineポートフォリオ

HPEの産業用ネットワークエッジデバイスは、ほぼすべての環境で運用でき、安全性に優れた常時接続を可能にするため、エッジで得られる情報が増加し、管理性が向上します。また、アップグレードオプションやI/Oオプションにより、将来のエッジコンピューティング計画の強力な基盤を構築できます。

IoT業界の眠れる巨人

IoT市場では知られていないものの、ヒューレット・パッカード エンタープライズは主要なIoTユーザーにかなりの数のソリューションを提供しています。業界のアナリストがHPEをIoT業界の眠れる巨人と称する理由をご確認ください。

拡大するパートナーエコシステム

拡大するパートナーエコシステム

HPEは、業界屈指のパートナーと連携して、あらゆるIoTニーズを満たす革新的な統合プラットフォームを提供しています。また、HPE Edgelineシステムや関連するIoTテクノロジーの有効性と影響力を高めるため、世界各国のテクノロジーパートナーと協力しています。HPE Edgeline Innovation Networkでは、サードパーティによるEdgeline製品の開発を促進しています。

IoTイノベーションラボ: 今すぐスタート

HPE Edgelineシステムを入手し、4つあるIoTイノベーションラボの1つで、実行中のIoT環境を確認してください。HPEの没入型のラボでは、安全な機密環境で、アプリケーションを体験したり、テストやベンチマークを実行できます。

ラボ体験フロアの検索

IoTの詳細

平凡なデバイス、データ、および接続がどのように非凡なものになるのかをご覧ください。接続されたデバイスからのデータの急増をビジネスチャンスに変えます。

関連情報

パンフレット : IoT(モノのインターネット)の概要

EdgelinesIoTSystems_resource_1-2x-md
パンフレット

ごく普通のものを驚きのビジネス成果へとつなげるIoT

ビデオ : インテリジェントエッジでIoTの有益情報を迅速に収集

EdgelinesIoTSystems_resource_2-2x-md
ビデオ

マドリードで開催されるDiscover 2017にぜひご参加ください。ヒューレット・パッカード エンタープライズ (HPE) が主催するこのテクノロジー展示イベントは、ビジネス担当者やITプロフェッショナルの情報収集、連携、スキル強化に役立ちます。

アナリストレポート : Moor Insights社の調査レポート『エッジにおけるIoTの分析』

Moor Insights社の調査レポート『エッジにおけるIoTの分析』
アナリストレポート

HPEがエッジにおけるIoTデータの活用をサポートすることで、ビジネスに有益な情報を迅速に収集し、的確な意思決定を行い、競争力を強化することが可能になります。

ブログ記事 : IoTの7原則

IoTの7原則
ブログ記事

『IoTの主要原則』、Tom Bradicich博士著

ブログ記事 : インダストリアルIoTの5つの課題を解決するエッジコンピューティング

インダストリアルIoTの5つの課題を解決するエッジコンピューティング
ブログ記事

インダストリアルIoTの5つの課題に関するブログを読む

Analyst White Paper : エッジでの IoT データ処理を検討すべき理由 ~HPEの委託による ESG レポート~

ESG『HPEとIoTのエッジコンピューティング』
Analyst White Paper

IoTがもたらす価値をビジネスに活用する方法について、Enterprise Strategy Groupが提供するホワイトペーパーをご覧ください

ビデオ : HPE Discover Las Vegas 2016で行われたTom Bradicich博士へのIoTに関するインタビュー

ビデオを再生
HPE Discover Las Vegas 2016で行われたTom Bradicich博士へのIoTに関するインタビュー
ビデオ | 22:01

HPE Discover Las Vegas 2016でCubeが行ったTom Bradicich博士へのインタビューをご覧ください

ビデオ : National Instruments社とHPE、IoTエッジでOTとITを統合

ビデオを再生
National Instruments社とHPE、IoTエッジでOTとITを統合
ビデオ | 3:21

National Instruments社が、HPEとどのように連携し、HPE Edgelineを活用して、IoTエッジで運用テクノロジー (OT) と情報テクノロジー (IT) を統合できたかを説明します。

ビデオ : HPEとFlowserve社が連携し、インダストリアルIoTとエッジコンピューティングを有効に活用

ビデオを再生
HPEとFlowserve社が連携し、インダストリアルIoTとエッジコンピューティングを有効に活用
ビデオ | 2:49

HPEがサポートするFlowserve社が、エッジコンピューティングによって製造業の業務効率を改善し、予定外のダウンタイムを削減した事例を話します。

1.  Gartner社は、2020年までにIoTデバイスの数が260億台に達すると見積もっています。