IDC FutureScape: 全世界のSMBに関する2019年の予測

  • アナリストホワイトペーパー (英語版のみ)
  • PDF 552KB
  • 16ページ

概要

この調査レポートには、IDC社による2019年以降の中小企業 (SMB) に関する10大予測が示されています。この予測は、実行に移すべきクリティカルなテクノロジーに関する投資計画を上級管理者とIT意思決定者に示すことを目的としています。

新しいテクノロジーはビジネスのいくつかの側面に変革をもたらしていますが、今もなおSMBが競争力を維持するために意識すべきイノベーション、機会、および取り組みを妨げる障害は数多く存在します。 

このレポートに目を通せば、2019年にSMBに影響を与えることが予想される基本的な推進要因とともに、事実に基づいてテクノロジーの購入やビジネス戦略に関する意思決定を効果的に行う方法を知ることができます。

IDC社による2019年の中小企業 (SMB) に関する10大予測、および事実に基づいて将来のテクノロジーの購入やビジネス戦略に関する意思決定を効果的に行う方法をご確認ください。

IDC FutureScapeの予測 3~10

予測1: 全世界のSMBのIT支出は2019年に4.6%増加し、合計約6,300億ドルになる – 3

 __ 

予測2: 2021年までに、先進国と発展途上国両方の半数のSMBで

オンプレミスとクラウドのリソースの統合がIT支出の

最優先事項になる – 4

 __ 

予測3: 2021年までに、全世界のSMBの60%がテクノロジーの調達に関して、

さまざまなサービスプロバイダーやセルフサービスのソースをはじめとする

別のチャネルを使用するようになる – 5

 __ 

予測4: 製造業のロボットやいくつかの業界のAIといったイノベーションを

促進する要因が、2022年までに主要な業種の半数のSMBのビジネスと

生産プロセスに変革をもたらす – 6

 __ 

予測5: 2023年までに半数のSMBが業務の本質的な変化に対応し、

新たな人材およびソーシングモデルを活用するようになる – 6

 __ 

予測6: 先進国の半数の中規模企業が2019年末までにビジネス分析を

導入すると見られており、その導入数はすべての地域で

増加する – 7

 __ 

予測7: リアルタイムの外部データと内部データを収集して評価することを目的として、

2021年までに主要な業界の3分の1のSMBでモノのインターネットが

使用されるようになる – 8

 __ 

予測8: 2023年末までに、3分の2のSMBが自社のIT戦略の重要な要素として

デジタルトランスフォーメーションを取り入れるようになる – 9

 

予測9: 2019年末までに、先進国の大多数の中規模企業が

コグニティブ/AIソフトウェアを実装する – 9

 

予測10: 2021年末までに、全世界のSMBの60%が正式であるか否かにかかわらず

モバイルワーカーをサポートするようになる – 10

 

テクノロジーバイヤーのためのアドバイス - 11~12

 

外部的な推進要因の詳細 12~15