IDC : ハイブリッドクラウド管理の5段階の成熟度を調査

  • アナリストレポート
  • PDF 694KB
  • 19ページ

概要

かつては、ITチームはサーバーの常時稼働を維持し、必要に応じてソフトウェアにパッチを適用すれば「十分」とされていました。今ではITスタッフは、さまざまなサービス、プラットフォーム、ワークフローを監視して、ビジネスユーザーが求めるものを提供するとともに、企業のコンプライアンス、セキュリティ、およびデータ保護基準が厳守されるよう徹底する必要があります。ITマネージャーであれば、複雑なオペレーション全体を正確に把握しておく必要があります。ギャップを特定するとともに、現在のニーズと将来のビジネス目標が十分に整合され、矛盾なく対応付けられた動的なプランを策定するため、定期的に環境の状態を監査する責任もあります。そのために、ハイブリッドクラウドを検討する時期に入っているかもしれません。

...

かつては、ITチームはサーバーの常時稼働を維持し、必要に応じてソフトウェアにパッチを適用すれば「十分」とされていました。今ではITスタッフは、さまざまなサービス、プラットフォーム、ワークフローを監視して、ビジネスユーザーが求めるものを提供するとともに、企業のコンプライアンス、セキュリティ、およびデータ保護基準が厳守されるよう徹底する必要があります。ITマネージャーであれば、複雑なオペレーション全体を正確に把握しておく必要があります。ギャップを特定するとともに、現在のニーズと将来のビジネス目標が十分に整合され、矛盾なく対応付けられた動的なプランを策定するため、定期的に環境の状態を監査する責任もあります。そのために、ハイブリッドクラウドを検討する時期に入っているかもしれません。

この新しいホワイトペーパーでは、従業員、プロセス、およびテクノロジーの成果の組み合わせによって測定される、ハイブリッドクラウド管理原則の5段階の成熟度を識別する方法を説明します。また本書では、上級IT意思決定者と、組織がクラウドベースのイノベーションを効率的に活用してビジネス目標を達成できるようにする任務を負う事業部門関係者が連携する領域についても定義しています。

かつては、ITチームはサーバーの常時稼働を維持し、必要に応じてソフトウェアにパッチを適用すれば「十分」とされていました。今ではITスタッフは、さまざまなサービス、プラットフォーム、ワークフローを監視して、ビジネスユーザーが求めるものを提供するとともに、企業のコンプライアンス、セキュリティ、およびデータ保護基準が厳守されるよう徹底する必要があります。ITマネージャーであれば、複雑なオペレーション全体を正確に把握しておく必要があります。ギャップを特定するとともに、現在のニーズと将来のビジネス目標が十分に整合され、矛盾なく対応付けられた動的なプランを策定するため、定期的に環境の状態を監査する責任もあります。そのために、ハイブリッドクラウドを検討する時期に入っているかもしれません。この新しいホワイトペーパーでは、従業員、プロセス、およびテクノロジーの成果の組み合わせによって測定される、ハイブリッドクラウド管理原則の5段階の成熟度を識別する方法を説明します。また本書では、上級IT意思決定者と、組織がクラウドベースのイノベーションを効率的に活用してビジネス目標を達成できるようにする任務を負う事業部門関係者が連携する領域についても定義しています。
かつては、ITチームはサーバーの常時稼働を維持し、必要に応じてソフトウェアにパッチを適用すれば「十分」とされていました。今ではITスタッフは、さまざまなサービス、プラットフォーム、ワークフローを監視して、ビジネスユーザーが求めるものを提供するとともに、企業のコンプライアンス、セキュリティ、およびデータ保護基準が厳守されるよう徹底する必要があります。ITマネージャーであれば、複雑なオペレーション全体を正確に把握しておく必要があります。ギャップを特定するとともに、現在のニーズと将来のビジネス目標が十分に整合され、矛盾なく対応付けられた動的なプランを策定するため、定期的に環境の状態を監査する責任もあります。そのために、ハイブリッドクラウドを検討する時期に入っているかもしれません。この新しいホワイトペーパーでは、従業員、プロセス、およびテクノロジーの成果の組み合わせによって測定される、ハイブリッドクラウド管理原則の5段階の成熟度を識別する方法を説明します。また本書では、上級IT意思決定者と、組織がクラウドベースのイノベーションを効率的に活用してビジネス目標を達成できるようにする任務を負う事業部門関係者が連携する領域についても定義しています。

かつては、ITチームはサーバーの常時稼働を維持し、必要に応じてソフトウェアにパッチを適用すれば「十分」とされていました。今ではITスタッフは、さまざまなサービス、プラットフォーム、ワークフローを監視して、ビジネスユーザーが求めるものを提供するとともに、企業のコンプライアンス、セキュリティ、およびデータ保護基準が厳守されるよう徹底する必要があります。ITマネージャーであれば、複雑なオペレーション全体を正確に把握しておく必要があります。ギャップを特定するとともに、現在のニーズと将来のビジネス目標が十分に整合され、矛盾なく対応付けられた動的なプランを策定するため、定期的に環境の状態を監査する責任もあります。そのために、ハイブリッドクラウドを検討する時期に入っているかもしれません。この新しいホワイトペーパーでは、従業員、プロセス、およびテクノロジーの成果の組み合わせによって測定される、ハイブリッドクラウド管理原則の5段階の成熟度を識別する方法を説明します。また本書では、上級IT意思決定者と、組織がクラウドベースのイノベーションを効率的に活用してビジネス目標を達成できるようにする任務を負う事業部門関係者が連携する領域についても定義しています。

レポート: ハイブリッドクラウドの管理フェーズ
Loading information, please wait