リモートサーバー管理をお探しですか。HPE iLO AdvancedおよびHPE iLO Advanced for BladeSystemライセンスは、HPE ProLiantサーバーに対して、妥協のないスマートなリモート機能を提供します。このライセンスには、セキュリティを強化し、効率性を向上し、サーバー管理を容易にするHPE iLOサーバー管理のすべての機能が含まれます。このライセンスによって利用できる内蔵リモートコンソール機能により、いつでもどこからでもサーバーを操作でき、生産性を向上できます。また、基本的なサーバー製品の一部であるセキュリティ機能を補完するディレクトリ統合やTwo-Factor認証などの機能も利用できるようになります。このライセンスにより、iLO連携機能によって提供される包括的なグループ管理機能を利用できるようになります。HPE iLO Advancedは、HPE ProLiant、HPE Apollo、およびHPE Edgelineサーバーで利用できます。HPE Synergyコンピュートモジュールには、iLO Advancedの機能が標準で実装されており、ライセンスは不要です。

最新情報

  • ファームウェアの定期アップデートをサポートします。
  • ILOのUIでIntelligent System Tuning (ワークロード自働設定) 機能をサポートします。
  • セキュアなメールなどのアラートメール機能を強化し、外部のSMTPメールサーバーを使用できるようにしたことで、ユーザーは自社でSMTPサーバーを保有する必要がなくなります。
  • HTML5リモートコンソールは、ビデオキーボードとマウスリダイレクションをサポートしています。仮想メディアによるローカルファイルのマウントをサポートします。

機能

洗練されたサーバーのリモート管理

仮想キーボードと仮想マウスを使用できるHPE iLO Advancedの内蔵リモートコンソールにより、移動や計画外のダウンタイムに関連するITコストが大幅に削減されます。

最大6個のコンソールでのグローバルなチームコラボレーションをサポートします。

コンソールでサーバー管理アクティビティを記録/再生できます。

サーバーのセットアップを簡素化する仮想メディアおよびフォルダー。

ヘルスモニタリング、電力制御、および温度制御に関する24時間の履歴の作成と動的な上限設定に対応した電力管理機能。

強化されたセキュリティ機能

HPE iLO Advancedは、各サーバーでユーザーパスワード設定を更新することなくディレクトリからユーザーパスワードのポリシーを受け継ぐことのできる、ディレクトリサービス認証を提供します。

共通アクセスカード (CAC) / 個人識別認証 (PIV) カードを利用するTwo-Factor認証 (HPE Gen10以降のサーバーポートフォリオで利用可能)

Kerberos認証のデュアル認証より、ユーザーは1回のログインでサーバー間を移動できます。

iLO連携によるセキュリティ強化により、iLOで同一グループ内の別のiLOに送信するメッセージの暗号化と署名を行うことができます。

最適化されたパフォーマンス

HPE iLO Advancedを利用すると、HPEのJitter SmoothingおよびCore Boostingテクノロジー (特許取得済み) を活用し、パフォーマンスの大幅な向上、実質的なコスト削減、よりインテリジェントなサーバー環境を実現できます。

Jitter Smoothing (CPU安定化機能) を活用すれば、プロセッサーの周波数変動を抑えてレイテンシを削減し、パフォーマンスを格段に向上させることができます。また、ターボ・ブーストモード[1]単独の場合と比較して全体的なワークロードスループットが向上する場合があります。

Core Boostingにより、より多くのプロセッサーコアに対してオーバークロックなしでパフォーマンスを向上できるため、コアおよびプロセッサーベースのライセンスコストを削減できます。インテル® プロセッサーを搭載する、特定のHPE Gen10サーバー構成で利用できます。

ILO連携による大規模なサーバー管理および組み込みのグループ管理の簡素化

HPE iLO Advancedは、iLO連携グループ内での同一のスクリプトメディアの複製を可能にするグループ仮想メディアを提供します。

グループ電力制御により、1回のクリックで複数のサーバーの電源を投入/切断できます。

グループ消費電力上限設定により、サーバーグループ間でサーバーの電力消費を共有できます。

グループライセンスアクティベーションにより、iLOのライセンスを迅速に実装できます。

  • 1.
    Turbo Boostモード単独の場合と比較して全体的なワークロードスループットが向上。2017年4月にPerformance Engineering Benchmarkingチームが実施したHPEの社内テストの結果に基づきます。
  • Intel®は、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。