柔軟性に優れたHPC as a serviceにより、有益な情報を得るまでの時間を短縮

HPE GreenLake for HPCを使用すると、あらゆる規模の企業が展開の課題に直面することなくHPCのメリットを取り入れることができます。HPE Apolloハードウェアを基盤に、ソフトウェア、ストレージ、ネットワーキング、サービスを組み合わせた、世界最高レベルの実績を誇る最先端のHPCシステムを装備しており、いずれもモデリングやシミュレーションのワークロード専用に構成されています。小、中、大規模の構成から選択すると迅速に提供されて、HPEのフルマネージドサービスを活用できます。

+ もっと見る

HPCでHPCの管理を効率化

HPE GreenLake Centralは管理者に優れた可視化と制御をもたらします。Slurmベースのスケジューラによるスケジューリングキューの構成と監視、ユーザーのアクセス権とクォータの管理、ジョブ監視データの履歴へのアクセス、ライセンスの管理などを、すべて単一のインターフェイスから実施できます。

専用HPCシステムのメリット

HPE Apolloシステムは、スーパーコンピューターを必要とすることなくHPCワークロードをサポートする目的で設計されています。こうしたハイパフォーマンスシステムは、製造業、自動車産業、生命科学などのHPCワークロード向けに最適化されています。

HPCを活用して監視と管理のタスクを任せる

フルマネージドでフル運用のHPCプラットフォームを、HPC、AI、およびアプリケーションサービスに関するHPEの専門家がサポートします。インフラストラクチャ管理作業からHPCチームを解放して、解決する必要があるビジネス上の課題にチームが集中できるようにします。

最新のテクノロジーで競争力を維持

HPE GreenLakeエンゲージメントにはテクノロジーリフレッシュ機能が組み込まれており、市場で最新のテクノロジーが利用可能になればそのメリットを享受できます。HPEでは既存の古いインフラストラクチャを廃棄したり、価値を回復したりすることも支援できます。

画像をタップして拡大する

HPE GreenLake for HPC

HPE GreenLake for HPCは、エッジ、コロケーション 、またはデータセンターのオンプレミスで稼働するため、オンプレミスのインフラストラクチャに備わっているセキュリティと制御というメリットを得ることができます。HPC向けに最適化されたエンタープライズグレードのハードウェア/ソフトウェア階層上に構築された、小、中、大規模の構成から選択します。このサービスでは、従量課金制により、次のことが提供されます。

  • オンプレミスサービスを運用コストとして提供する、透明性の高い従量課金制モデル
  • ワークロードのデマンドに基づいてスケールアップ/ダウンする柔軟性
  • 予約容量と使用量ベースの消費モデルにより、データボリュームが拡大して変化するデマンドに対応しながらコストの予見性を実現

詳細はこちら

小構成

中構成

大構成

対象ユーザー

  • ラック数: 1
  • 合計物理コア数: 1,280
  • コンピューティング: HPE Apollo 2000 XL225n (2 CPU、64コア、512GB) x 20
  • スクラッチストレージ: ローカルNVMe
  • 共有ストレージ: 232TBのraw容量を搭載したHPE DL325ストレージノード x 8
  • ネットワーク: ハイパフォーマンス100GbE Aruba
  • ラック数: 3
  • 合計物理コア数: 4,352
  • コンピューティング: HPE Apollo 2000 XL225n (2 CPU、64コア、512GB) x 68
  • スクラッチストレージ: ローカルNVMe
  • 共有ストレージ: 464TBのraw容量を搭載したHPE DL325ストレージノード x 16
  • ネットワーク: ハイパフォーマンス100GbE Aruba
  • ラック数: 6
  • 合計物理コア数: 8,960
  • コンピューティング: HPE Apollo 2000 XL225n (2 CPU、64コア、512GB) x 140
  • スクラッチストレージ: ローカルNVMe
  • 共有ストレージ: 812TBのraw容量を搭載したHPE DL325ストレージノード x 28
  • ネットワーク: ハイパフォーマンス100GbE Aruba

ソフトウェア階層

  • Singularityオープンソース (コンテナランタイム)
  • Singularity PRO (オプション)
  • Slurm
  • SLES 15 SP2 (HPC対応ゴールドイメージ)
  • HPE Ezmeral Data Fabric (共有NFS)
  • HPE Performance Cluster Manager
  • Singularityオープンソース (コンテナランタイム)
  • Singularity PRO (オプション)
  • Slurm
  • SLES 15 SP2 (HPC対応ゴールドイメージ)
  • HPE Ezmeral Data Fabric (共有NFS)
  • HPE Performance Cluster Manager
  • Singularityオープンソース (コンテナランタイム)
  • Singularity PRO (オプション)
  • Slurm
  • SLES 15 SP2 (HPC対応ゴールドイメージ)
  • HPE Ezmeral Data Fabric (共有NFS)
  • HPE Performance Cluster Manager

展開オプション

  • お客様のデータセンター
  • コロケーションファシリティ
  • お客様のデータセンター
  • コロケーションファシリティ
  • お客様のデータセンター
  • コロケーションファシリティ

コントロールプレーン

HPE GreenLake CentralとHPC固有モジュールのオーケストレーションにより、HPC環境およびジョブを監視および管理

HPE GreenLake CentralとHPC固有モジュールのオーケストレーションにより、HPC環境およびジョブを監視および管理

HPE GreenLake CentralとHPC固有モジュールのオーケストレーションにより、HPC環境およびジョブを監視および管理

測定対象

使用量は、クラスター内のノードで使用されるコンピューティング (時間あたり) とストレージ (GBあたり) に基づいて測定されます。

次の2つの測定値を使用して、予約容量を超過した使用量が算出されます。

  • コンピュートノードのオン/オフ
  • 共有ストレージ上で使用されたraw容量

使用量は、クラスター内のノードで使用されるコンピューティング (時間あたり) とストレージ (GBあたり) に基づいて測定されます。

次の2つの測定値を使用して、予約容量を超過した使用量が算出されます。

  • コンピュートノードのオン/オフ
  • 共有ストレージ上で使用されたraw容量

使用量は、クラスター内のノードで使用されるコンピューティング (時間あたり) とストレージ (GBあたり) に基づいて測定されます。

次の2つの測定値を使用して、予約容量を超過した使用量が算出されます。

  • コンピュートノードのオン/オフ
  • 共有ストレージ上で使用されたraw容量

含まれるサービス

HPE GreenLake管理サービス

  • ITサービス管理
  • システムの操作と管理
  • サポートサービス
  • HPC固有のサポートサービス

HPE GreenLake管理サービス

  • ITサービス管理
  • システムの操作と管理
  • サポートサービス
  • HPC固有のサポートサービス

HPE GreenLake管理サービス

  • ITサービス管理
  • システムの操作と管理
  • サポートサービス
  • HPC固有のサポートサービス

オプションのアドオンサービス

アドバイザリとプロフェッショナルサービス

  • コンテナ導入サービス (コンテナファクトリ)
  • 仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
  • お客様向けポータルの統合
  • ストレージとデータ管理

アドバイザリとプロフェッショナルサービス

  • コンテナ導入サービス (コンテナファクトリ)
  • 仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
  • お客様向けポータルの統合
  • ストレージとデータ管理

アドバイザリとプロフェッショナルサービス

  • コンテナ導入サービス (コンテナファクトリ)
  • 仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI)
  • お客様向けポータルの統合
  • ストレージとデータ管理