HPE GreenLakeでパフォーマンスを大幅に向上

コンピュートはITインフラストラクチャの中核ですが、今日のITチームはリソースの構築や展開をより迅速に行うことを求められています。ITチームは共通のセキュアな運用モデルを使用して、個々のアプリケーションやユーザーの要件に対応しつつ、コスト、セキュリティ、ガバナンスなどの可視性と制御性を維持しなければなりません。その結果、コンピュートの構成やリソース管理が複雑化して時間を要するようになっており、また設備投資も増大する一方で、とりわけ万一に備えたオーバープロビジョニングを行う場合はコストがさらに上昇します。

+ もっと見る
HPE GreenLakeによる卓越したエクスペリエンス

HPE GreenLakeは、ビジネスニーズに対応した高速かつフレキシブルなコンピューティングインフラストラクチャを使用量ベースで提供します。お客様はHPEにより提供および運用されるさまざまなベアメタル構成を従量制課金方式でご利用いただけます。そのため消費したリソース分の料金しか発生せず、また組み込みのバッファー容量により、需要の漸進的な増加と予期しない急増の両方に即座に対応できます。さらに業界をリードするHPEのテクノロジーによるモジュール方式のビルディングブロックをベースとする、幅広い事前構成オプションが用意されているため、お客様のオンプレミス環境、コロケーション型データセンター、エッジロケーションなどへのソリューションの配備に日数を要しません。

IT運用の簡素化

通常、コンピュートリソースの構成、インストール、および運用には、多くの手間とコストがかかります。HPE GreenLakeのクラウドサービスアプローチでは、事前構成されたモジュールがお客様のデータセンターやエッジロケーションに直接配備され、お客様に代わってHPEが管理を行うため、クラウドのようなシンプルさと効率性がエンドツーエンドで提供されます。そのためITスタッフの負担が軽減されて、より価値の高い業務に専念できるようになり、また信頼できるHPEのエキスパートによるプロアクティブおよびリアクティブなサポートも提供されます。

オンデマンドでのスケールアップ/ダウン

新たな機会や予想外の課題への対応には多くのコンピュートリソースが必要です。すべてのHPE GreenLake構成にはバッファー容量が組み込まれているため、こうしたニーズにも即座に対応できます。また需要に先んじて追加リソースを準備できるよう、HPEがお客様とともに容量の管理を行います。

コストの透明性

従量制モデルでは、予約した容量ではなく、実際のコンピュート使用量に基づいて請求処理が行われます。またHPE GreenLake Central管理プラットフォームでは、ダッシュボードスタイルで消費量とコストをほぼリアルタイムで確認できるため、透明性と制御性が大幅に向上します。

ワークロードに応じた構成

HPE GreenLakeはお客様のニーズに合わせて、非常にフレキシブルな汎用目的のコンポーザブルコンピュートインフラストラクチャ、モジュール方式のコンピュート最適化インフラストラクチャ、あるいはビッグデータ分析やソフトウェア デファインド ストレージ向けのストレージ最適化ソリューションなど、さまざまな階層と規模にわたる事前構成ソリューションとして提供されます。またオンラインでの価格提示により、さまざまな構成やコストの確認および比較が容易で、選択したソリューションは短期間でお客様のデータセンターに配備されます。

製品/サービス

HPE GreenLakeは、モジュール方式のビルディングブロックをベースとする、コンピュートインフラストラクチャ向けの複数の構成を提供しており、コスト重視型、バランス型、またはパフォーマンス重視型のオプションの中から最適なものをお選びいただけます。リソースの注文から受け取り、実装まで非常にスピーディで、需要に先んじて容量を増加できます。また使用した容量分の料金しか発生せず、HPE GreenLake Central管理プラットフォームにより、消費量とコストがほぼリアルタイムで可視化されます。

+ もっと見る
コンポーザブルコンピュート

効率性と制御性に優れたソフトウェア デファインド ソリューションは、ITリソースの迅速な展開を可能にします。HPE SynergyによるコンポーザブルITプラットフォームと、HPE GreenLakeの従量制モデルを組み合わせることで、あらゆるワークロードの運用とニーズに合わせた調整が容易になります。

汎用コンピュート

コンパクトかつ拡張性に優れたラックマウント型サーバーにより、処理負荷の高いワークロードにも対応可能です。世界最高水準のセキュアな業界標準サーバー 1であるHPE ProLiant、およびHPE Apolloサーバーが、サーバーレベルから始まるインテリジェンスを基盤とするフレキシブルなソフトウェア デファインド アプローチを通じて、必要なコンピュート容量を提供します。 

ストレージ最適化コンピュート

データストレージを多用するワークロードに適した、バランスのとれたパフォーマンス、拡張性、および管理性により、オンプレミスの非常にクリティカルなアプリケーションやデータにも対応可能です。HPE ProLiantサーバーとHPE Apolloサーバーにより、ビッグデータ分析、ソフトウェア デファインド ストレージ、バックアップ/アーカイブ、およびその他のデータストレージを多用するワークロード向けに最適化されたアーキテクチャーが提供されます。 

「コストが削減され、シンプルな変更要求によりストレージとコンピュートリソースを簡単に拡張できるようになりました」

WKO - オーストリア連邦産業院

注目のリソース

ご興味をお持ちいただけましたら、以下の関連情報もぜひご覧ください。

クラウドのパワーをコンピュート環境に導入
このナレッジブリーフでは、IT成果とコンピュート性能を向上させる従量制モデルを多くの大手企業が導入している理由をご確認いただけます。
1+1=1に: Porsche Informatik社がデータセンターを土台から構築
Porsche Holding社のITサービスプロバイダーは、ソフトウェア デファインド データセンターへの移行に向け、HPE SynergyとHPE GreenLakeを利用して2つの未来志向のITアプローチを1つの総合的なソリューションに統合しました。
アジャイルかつフレキシブルな革新的ITインフラストラクチャを構築するための5つのステップ
あらゆるIT環境にクラウドのパワーを導入するための主要なステップをご紹介します。ITの生産性を向上させつつ、コストと複雑性を軽減する方法をご確認ください。