アルゴンヌ国立研究所

米国エネルギー省とHPEは、アルゴンヌ国立研究所に米国初のエクサスケールスーパーコンピューターとなるAuroraを提供。

Aurora

2021年に登場するAuroraは、インテルが提供するコンピューティングおよびアクセラレータインフラストラクチャを追加搭載したCray® Shasta™スーパーコンピューターで、その仕様をはるかに上回る成果をもたらします。これまでで最強のスーパーコンピューターとなるAuroraは、かつては想像できなかったあらゆる分野において、科学および技術の発展を後押しします。 

+ もっと見る

最新情報

ALCFとHPEはエクサスケールシステムの導入に向けてHPCストレージ容量を拡張

Argonne Leadership Computing Facilityは、Auroraエクサスケールシステムの導入に先駆けて機能を拡張します。

最新情報

ALCFとHPEはエクサスケールシステムの導入に向けてHPCストレージ容量を拡張

Argonne Leadership Computing Facilityは、Auroraエクサスケールシステムの導入に先駆けて機能を拡張します。
壮大な目標に向けて

アルゴンヌ国立研究所 (ANL) のRick Stevens教授は、ディープラーニングを活用して、科学ががん治療に貢献できるよう研究を進めています。

動画を見る(英語)
エクサスケールの実現が称賛される無数の理由

エクサスケール時代を特徴付けるコンバージドワークロードとシステムの多様化

アルゴンヌ国立研究所のエクサスケールスーパーコンピューター、Auroraは、今後何年にもわたって科学の進歩に貢献することとなります。Cray社のCEO、Pete Ungaroは、テクノロジーの発展が現在にもたらす恩恵、エクサスケールのパフォーマンスを可能にしている要因、私たちがエクサスケールを必要とする理由について語っています。