データ運用の再構築

Data Services Cloud Consoleは、データの保存場所を問わずクラウドのエクスペリエンスを提供し、ハイブリッドクラウド環境全体のデータ管理を効率化します。エッジ、コア、クラウドをカバーするクラウドサービススイートにより、データ管理者からデータイノベーターまでのあらゆるユーザーのデータ活用、俊敏性の向上、イノベーションの推進をサポートします。

+ もっと見る

クラウドオペレーションを実現

クラウドのアジリティを利用して、インフラストラクチャ管理の大規模な自動化を実現できます。また、シンプルな展開、インテントベースのプロビジョニング、透過的なアップグレードが可能になります。こうした機能はすべて、場所やデバイスを問わずアクセス可能なクラウドコンソールを通じて包括的に管理されます。

データ管理の一元化

エッジからクラウドまでのデータのアクセス、保護、移動を効率化する単一のコンソールとして設計されたData Services Cloud Consoleにより、組織のデータ主導のイノベーションを加速させ、あらゆる場所にあるデータを保護しつつ、クラウド間のデータ移動をインテリジェントに行うことができます。

イノベーションを促進

アプリケーションの開発と展開に必要な時間を短縮するとともに、エッジからクラウドまでのインフラストラクチャに共通する統合APIによって実現された新しいデータサービス基盤を通じて、開発者、データサイエンティスト、分析担当者がデータを最大限に活用できるようにサポートします。

詳細はこちら(英語)

データの保存場所を問わず、クラウドのエクスペリエンスを提供

展開の簡素化と迅速化

必要に応じて、新しいデータインフラストラクチャを展開できます。新しいシステムの検出と有効化は自動的に行われ、簡単に構成できます。Data Services Cloud Consoleを使用して、数分でデバイスを追加できます。

インテントベースのプロビジョニングの活用

システム全体のアプリケーションワークロードでデータインフラストラクチャの展開を自動化および最適化することで、大規模なインフラストラクチャのプロビジョニングを効率化します。プロビジョニングに必要な時間を数日から数分にまで短縮し、不確実性を排除するとともに、サービスレベル目標を最適化します。LUNを中心とする手動のプロセスから、インテントベースでAI主導のアプローチへと移行すれば、システム全体でデータの保管に最適な場所を自動的に特定できます。

どこからでも管理可能

場所やデバイスを問わずアクセス可能な、直感的に操作できるSaaSベースの単一のユーザーエクスペリエンスを通じてインフラストラクチャを包括的に管理することで、サイロや複雑さが解消されます。数百台のシステムを、1台のシステムを管理するように簡単に管理できます。

大規模な自動化とオーケストレーション

完全にプログラム可能な統合APIを利用して、クラウドのスピードと規模でインフラストラクチャを管理できます。Data Services Cloud Consoleは、拡張性に優れたAPIファーストのコントロールプレーンを備えており、任意のオーケストレーションツールを使用して運用を自動化できます。

チョークトークを見る(英語)

革新的なクラウドサービススイート

従来の複雑なデータ運用をクラウド全体にわたって大幅に効率化されたエクスペリエンスへと変える、包括的なクラウドサービスを通じてデータとインフラストラクチャの管理を変革できます。

+ もっと見る

クラウドデータサービスでデータを最大限に活用

Data Services Cloud Consoleは、データ管理者やデータ利用者がエッジからクラウドまでのデータを利用、保護、検索、移動するための、シームレスで効率的なエクスペリエンスの基盤となります。データインフラストラクチャ全体にわたってデータのライフサイクル管理とオーケストレーションを一元化することで、組織の運用コストを削減し、データ主導のイノベーションを加速させるとともに、ビジネス上およびコンプライアンス上のリスクを最小限に抑えることができます。

クラウドインフラストラクチャサービスでITを簡素化

一貫性のあるクラウド運用および利用のエクスペリエンスを通じてデータインフラストラクチャの管理を抽象化し、エッジからクラウドまでの管理面のサイロを解消するとともに、単一のコンソールによるサービスとしての管理を実現することができます。必要に応じて新しいデータインフラストラクチャを展開できるほか、新しい機能を即座に利用したり、システム全体を包括的に可視化したりできます。クラウド上の完全にプログラム可能な単一のAPIエンドポイントを利用してインフラストラクチャを自動化することで、クラウドの規模とスピードでの運用が可能になります。Data Services Cloud Consoleでは、インフラストラクチャの運用が簡素化され、透過的になります。

クラウドプラットフォームサービスでイノベーションを加速

Data Services Cloud Consoleは、世界で展開されているクラスターを通じて90,000のお客様と1,000万のエンドポイントデバイスにサービスを提供する、Aruba Centralをサポートするセキュアで実績のあるテクノロジーが基盤となっており、暗号化接続、多要素認証、ロールベースのアクセス制御など、高度なマルチレベルのセキュリティ機能を備えています。また、Data Services Cloud Consoleのマイクロサービスアーキテクチャーにより、新しいクラウドデータおよびインフラストラクチャサービスを簡単かつ迅速に開発、展開、拡張できます。


HPE Data Ops Manager 使用権

HPEデータサービスでは、組織を強力にサポートし、統合データ運用 as a serviceで変革を加速できます。これはクラウドネイティブデータコンソールで、データの存在場所に関係なく、クラウドエクスペリエンスをもたらし、データライフサイクルにまたがってデータ管理を統合し、データ主導のアプリケーションと有益な情報に対するイノベーションを加速するものです。

妥協することなく、あらゆるアプリケーションを実行

革新的なクラウドネイティブデータインフラストラクチャにより、あらゆる場所にあるデータを活用できます。Data Services Cloud Consoleによって管理されるHPE Alletraは、必要に応じてサービスとして提供される、ワークロードに最適化されたシステムのポートフォリオを通じて、エッジ、コア、クラウドでクラウドのエクスペリエンスを提供します。