オフィス向けパッケージ

オフィス向けパッケージとは

オフィス向けパッケージとは、プロフェッショナルグレードのエクスペリエンスを維持しながら従業員がリモートで仕事をできるようにするコンピューター、プリンター、マルウェア保護、さまざまなリソースなどの、テクノロジーおよびマテリアルが入っている既製のパッケージのことです。

小規模オフィス展開に含まれるもの

小規模オフィス展開の機能面での主な目的として、高レベルの仕事を促進するには多くの製品やテクノロジーが必要とされます。

· 小規模オフィス展開で最も重要な要素はサーバーバンドルです。サーバーがなければ、小規模企業のワークロードサポートは非常に制限されます。企業に小規模オフィス向けサーバーが装備されていれば、ブランチオフィスやリモートオフィスにそれを展開し、強力なPOSプラットフォームと見なすことができます。データ環境に対するサポートと根本的な信頼性を考えると、サーバーは小規模オフィス展開のシナリオに不可欠です。

· 小規模オフィス展開でもう1つの本質的側面はセキュアなネットワークです。ビジネス環境にとってどちらの方がメリットが大きいかに応じて、有線ネットワークまたはワイヤレスネットワークのいずれかがあれば十分です。

関連するHPEのソリューション、製品、サービス

· 小規模オフィス展開ではリモートデスクトップサービス (RDS) も重要な役割を担います。必要な管理要件やアップデートにITがリモートで介入でき、より適切な接続によって共同作業が強化され、IT部門にとってシンプルな管理によって制御が強化されることが保証されるからです。

· 最後に、小規模オフィス展開で成功を収めるにはバックアップとストレージが不可欠です。データ環境をリストアする能力を備えるにはバックアップが極めて重要であり、中断が最小限に抑えられます。

オフィス向けパッケージの内容

オフィス向けパッケージは従業員のエクスペリエンスと生産性が向上するように設計されています。以下のコンポーネントを含めることができます。

· 従業員用のパーソナルコンピューター。これはリモートワークをサポートするには不可欠です。従業員はライフスタイルや仕事環境のニーズに柔軟に対応できるワークステーションを必要としているからです。

· 多くの場合プリンターが含まれます。多くの業務では印刷、ファクス、コピー、メールの機能が必要とされます。生産性と効率を向上させるには、簡単にワイヤレスアクセスが可能なプリンターが最適です。

· ファイアウォールとウイルス対策セキュリティは、ワークステーションと機密データのセキュリティ確保のために必要です。従業員は世界中のどこからでもネットワークにアクセスするので、IT部門は従業員を保護する必要があります。

· 勤務時間 (少なくとも) の間に利用可能なサポート。このようなタイプの仕事環境内で効率を最大限に高めるためには、ヘルプデスクおよびITチームが極めて重要です。

· リモートモニタリングは、従業員が成功を収めるために不可欠なもう一つの要素です。ITがワークステーションにリモートアクセスできなければ、多くの問題が未解決のままになるか、問題およびワークステーションやデータ環境のセキュリティへの脅威が悪化することになります。

HPEとオフィス向けパッケージ

HPE Solutions for Small Office Deploymentは、購入、展開、管理が容易なIT基盤です。オンプレミスのリソースへのリモートアクセスを可能にするサーバーを実装することで、従業員の生産性を向上させることができます。特に、自宅から仕事をする必要がある場合に顕著です。

お客様が必要とするものを提供するには、HPE ProLiant MicroServer Gen10 Plusオフィス向けパッケージから始めます。この新しいMicroServerは競合製品よりも高性能であり、エンタープライズグレードの能力を提供するHPE Solutions for Small Office Deploymentを実証しています。お客様はリモートでのデジタルエクスペリエンスを求めているため、企業組織は高品質でセキュアな接続を確保する必要があります。HPE Solutions for Small Office Deploymentを利用すれば、ハイブリッドクラウドへの進展は容易です。Aruba Instant OnワイヤレスネットワーキングおよびHPE RDX Removable Disk Systemと組み合わせることで、機会は無限に広がります。